私が節約のために心がけていることを書こうと思います。

私が最近節約のために心がけていることを書こうと思います。

1,買い物は一番安いスーパーで、必要なものをメモしたもの以外は買わない。

これは私が学生の時からずっとしていることです。私の家には広告が入ってこないので、安いものがわかりません。ですので、「シュフモ」というスマホのサイトで確認をして、買うもの、安いものをあらかじめ把握しておきます。そして、いらない紙に買いたいものリストを箇条書きします。それを毎回買い物の時には持ち歩いて、それ以外のものは一切買わないようにしています。目で見て買いたいものって絶対ありますよね。お店に入ったら誘惑に負けて買ってしまった、という事が多かった以前よりも、これを徹底したことで大分節約できました。なので、カゴにポンポン入れるという事をやめて、メモを持参することが一番の節約の近道だと考えています。

2,レシートはとっておく。

買い物で買ったレシートはすぐに捨てずに、必ず家で再確認をしています。そのためにレシート用のマグネットを買って、買ったらすぐ冷蔵庫わきのレシート置き場に張り付けています。これをすることで、いつ何を買ったかという事もすぐわかるし、だいたい一日にどのくらい使っているのか、という事が把握できます。そして、一か月たったら全て確認できたので捨てている、という繰り返しをしています。

3、冬の暖房費を削減するために、なるべく休日も外に行く。

休日はどうしても家で休みがちになりますが、私は出来るだけ外に出るようにしています。自分の健康のためにもなるし、家の暖房を使わずに済むので一石二鳥だと思うからです。

まとめ

当たり前のことかもしれませんが、意識して節約をするのとしないのとではまったう違ってくると思います。なので私はこれからも今回の3つを心がけ続けて、貯金をたくさんしていこうと思っています。

寒い冬に欠かせないこたつの節約術

昔から冬の寒さ対策のといえば、こたつが定番ですね。

近年では、こたつ用の机も進化をとげているし、カバーなどもデザインが豊富になってきています。

可愛いこたつを見てテンションアップしますが、家計を預かる主婦は高額の電気代の請求書を見てテンションダウンしてしまいます。

しかし、少しでも電気代を節約するためにできることがあります。

まずは、こたつの下に敷く敷きカバーです。

格安でペラペラのカバーが販売されています。

しかし、敷きカバーが薄いと、冷えた床からの冷気で、こたつ内はなかなか温まりません。

厚手のカーペットを購入したほうが、床の冷気をシャットダウンしてくれます。

次に、掛布団になります。

中掛布団というものをご存じですか?

掛布団の中に、もう一枚中掛布団を重ねて使用することで、外へ暖かい空気を逃しにくくなります。

掛布団のように厚手じゃないので、重ねてもスッキリ見えます。

今は、肌触りの良いニューマイヤーなども販売されており、洗濯機で簡単に洗えるものもあるので、お手入れもかんたんです。

これから更に寒くなる冬本番を向かえる前に、準備しておくことをおススメします。

節約もしながら、心も体もぽかぽかの冬を過ごしましょう!

冬の暖房代を節約する方法を実験

今年我が家は引っ越しをしました。以前住んでいたところは灯油のストーブだったのですが、引っ越し先は古いエアコンが付いているだけでした。

よく古いエアコンは電気料金が高いと聞きます。どんなに掛かるものなのか実験してみようと思いました。

比べるものは電気ヒーター、こたつです。

ますば1ヶ月間、エアコンだけで過ごすことにしました。

エアコンだけだと確かに部屋は暖かくなるのですが、暑くなると消したり、寒くなると付けたりするのでかなり電気代が掛かっててしまいました。

エアコンだけの場合は約15000円との高額になってしまいました。

次にこたつと電気ヒーターです。

こたつだけでは部屋が暖かくならないので、小さい電気ヒーターも一緒に使ってみました。

小さい電気ヒーターは風向の向きも変えることの出来るものだったので、思っていた以上に部屋全体が暖かくなりました。

電気ヒーターとこたつ同時使いで電気代約9000円でした。

6000円の差はかなり大きいなと身をもって感じました。

今のエアコンはそんなに電気代はかからないといいますが、やはりこたつや電気ヒーターからすると結構な金額がかかります。

特に冬場はエアコンを使うことが多いので、たまに使うのはいいのかもしれませんが、私はこの冬こたつと電気ヒーターで6000円の節約をしていきます。

節約のトレンドは、「ポイント」と「リサイクル」

節約しなければと言っても、日々の出費は極限まで抑えているし…という方もまだまだお金を生み出す方法はあります。

それはカード会社や、販売店の発行するポイントです。今の時代、お金=ポイントと言ってもいいぐらいのポイント戦国時代です。

節約するなら、ポイントを貯めずに買い物するなど論外です。買い物にはなるべくクレジットカードを使い、ポイントをGETするのは必須です。

特に楽天ポイントが還元率の高さで有名ですね。クレジットカードは使いすぎが心配という方は、Edyなどのプリペイド式電子マネーでもポイントがたまります。

また、スーパーやドラッグストアのポイントカードは週に何回かポイント倍増の日があることが多いです。ポイントアップの日をチラシなどでしっかりチェックして、その日にまとめ買いするようにしましょう。

また、ネットオークションやフリマにも注目です。家に眠っているキャラクターグッズやブランド物が思わぬ高額で売れたりします。

自分はゴミだと思っていても、マニアにしたら垂涎の宝物かもしれません。出品手数料が0円のサイトを選べば手間はかかれどコストはかかりません。

今の時代、給料以外にも稼ぐ手立てはいくらでもあります。ぜひポイントやオークションを有効に活用してください。

車を長く大事に乗るために、信頼できる車の整備店を見つけよう

皆さん、車を購入するときはローンを組んだりしていると思います。

大金をだして購入しているので、せっかくなら長く乗りたいですよね!

長く大事に乗るためには、定期的に点検してもらい、メンテナンスをすることが大事だと思います。

しかし、女性の方は車のことには詳しくないので、ついついメンテナンスが疎かになってしまいます。

私自信も、オイル交換って何?

何でしないといけないの?

よく分かっていないので、結果的にしない!

こんな感じでした。

ガソリンスタンドで給油しているときに、店員さんから「ウォッシャー液を無料で補充しているキャンペーンしてます!」「無料で、タイヤの空気圧を点検してます!」と声をかけられることがありますよね。

私は、よく分からないので、無料なら!とお願いしていました。

そのときに、バッテリーが古くなっていて危険です!

オイルが汚れているので交換したほうがいいです!

タイヤにヒビが入っているので、早く交換しないと危険です!

いつ車が故障するかわかりません!!

と言われ、言われるがままに交換していました。

無料だったはずが、結果的にお会計が三万円になったこともあります。

そんなときに、知り合いから紹介してもらった整備店に行くようになりました。

そこは、無料で点検してくれるけど、本当に必要なメンテナンスしかせずに、商品の押し売りをしないお店でした。

メンテナンスをすることで、どんなメリット・デメリットがあるのか、疑問だったことを説明してくれるので、今では最低の知識も身に付いています。

長いお付き合いになりますが、高額を請求されることもないので、金銭的にも安心して点検にだせます。

こまめに点検してもらい、メンテナンスすることで、大きな故障もないので、高額の修理費用がかかったこともありません。

車を維持する為には、信頼できる整備店を見つけ、適正なタイミング・価格でメンテナンスをしてもらうと節約につながります。

サービスを利用する際に使うと便利な方法

美容院や外食をする際にインターネット経由で予約をすると割引サービスを受けることができる場合があります。

店舗によってインターネット予約を受けているところがあり、そういう店舗は事前予約をすることで割引チケットをもらえたりします。

今、自分が利用をしている美容院でそういうシステムがあるのならば、積極的に利用をしたほうがよいです。

以前利用をしていた美容院が電話予約しか受けてもらえず、中々電話をすることができないので困っていました。

そこでインターネット予約を行っている店舗を探して、通いやすいところにないのか調べたところ、自宅近くに新規でできた美容院が該当しました。

インターネット予約を行うことで割引サービスも利用することができるので、これは節約につながると思います。

今はこのようなサービスを行っているところは多いです。

設定された金額の支払いをするよりも割引サービスを受けることができる店舗を利用したほうが便利ですし、得をした気分にもなります。

小さい金額かもしれませんが、割引を受けることが節約になります。

必要になってくる費用だからこそ、割引サービスを受けることができるというのはとても助かることだと思います。

私は最近節約するために部屋のものを断捨離しました。

私は最近家の中がごたごたしているとあまり良いことはないと思って部屋の中のものを断捨離しました。そして来てもいない洋服たちをすべて処分したりメルカリにうったりして家の中をおお掃除しました。そうすることで節約する気持ちも前よりもふえたりしています。

ある本で読んだことがあるのですが、節約をするときにはまずは家の中のごたごたをしっかりと整頓しなければならないという事です。その理由は家の中のものというのはあまり使わない物があふれているとそれだけで意欲がかき消されてしまったりと色々と大変になるからです。

家の中が大変だという事はその分気を取られてしまって必要がないものまで買ってしまうという事があげられると思います。なのでこれから先節約していくためにも家の中にあるものは徹底的に処分していくことが大事だと思っています。その分メルカリなどで売れればお金が入ってきますので良いことだと思います。

私の実家がそうなのですがあまりものが捨てられないと家の中がゴミ屋敷になってしまってよいことはありません。なのでどんどん処分してしまう事ってとても大事なことだと思います。これから先節約をするためにもどんどん捨てていくというのも一つの節約方法だと思います。

セブンネットショッピングのメリット、デメリット

ネットショッピングをしていると、専門店も良いですが、まとめて色んな商品が売っているお店の方が便利ですよね。そのお店がセブンネットショッピングだとご存知ですか?

セブンネットショッピングのメリット、デメリットを紹介します。

セブンネットショッピングのメリットは、品揃えが非常に豊富な事です。「そんなの当たり前じゃないの?」と思うかもしれませんが単純に考えてみてください、品揃えが豊富という事は欲しい商品が無くて残念という事がほぼありません。食品に限らず、衣類や雑誌、なんとライブチケットなどがセブンネットショッピングで揃います。

時々セブンがコンビニである事を忘れてしまうくらい楽すぎて、もう私の生活はセブンで出来ていると言っても過言ではないくらい非常に楽で便利です。

ですがデメリットもあります。それは、色んなサービスがある分、配送料や手数料が異なる事です。基本1500円以上の買い物で送料、手数料が無料になりますが、それはセブンネットの場合です。セブンネットショッピングはセブン系列のお店がまとめてあり、サービスが異なるのでちょっと面倒ですが、サービスを賢く使いこなせば、こんなに楽で便利な事はないです。

最後に、高い安全性と品質を求める人にはセブンネットショッピングはかなりオススメです。

20代女性がしておくと自然に節約になる事

20代はキャリアも始まったばかりで、特に女性はファッションや美容に気を使いたい時期でもあります。でもそんな時に雑誌を買っては新しい化粧品や洋服と買いだしていたら出費が多くなります。ここで30代を越えてからもできる若者の良い習慣を紹介します。

まずファッション雑誌などを沢山買う人は、自分が何を着たら良いのか分からなかったり、常に流行りを気にしいる人が多く、新しい物が出るととりあえず買ってしまいます。なので、何着も洋服を買い、同じような洋服を持っている事を忘れちゃう事もあります。

なので沢山雑誌を買っている人は一つに絞り、洋服を買いに行く前に自分のクローゼットを整理すると良いです。また、ネックレスやピアス、指輪などのアクセサリーは、服に合わせて変えるのも楽しみですが、それよりも少し高いジュエリーを数個だけ持ち、それを身につ付け続ける方が大人になっても使い続けられるので便利でもあります。安いからと言って沢山ジュエリーを買っても、すぐにダメになってしまったり、何度も買い替えてしまうので、気づいたら高い金額を出費してしまいます。

自分の持ち物をしっかりと整理し、何を持っているのか、そして何が必要かを把握しておけば、無駄に頻繁に買い物に行って洋服など買わなくても済みます。可愛い洋服にはすぐに出てしまいがちですが、少しだけ工夫するだけで知らないうちに節約になっているので是非身の回りを管理してみてください。

節約は長く続けなきゃダメ

節約は気力さえあれば意外とできちゃいますよ。何でも一緒だと思うんですが気力さえ続けば大概のことはできます。美容法もダイエットも気力が無くなったら終わりですね・・・。

お金の節約はやろうと思ったときがはじめ時ですから、頭に浮かんだことをはじめれば良いでしょう。食費の節約でも光熱費の節約でも何でもいいですが三日坊主だと効果は無いに等しいです。小さな節約でいいので1年2年と長く続ければ嫌でもお金は貯まりますよ。

「塵も積もれば山となる」と言いますね。1日節約できるお金が100円だっていいんです。100円節約できるようになるとすぐに200円節約できるようになりますよ。お金が貯まっていく楽しみができると300円でも400円でも節約できちゃいます。

光熱費の節約だってばかにしないで続ければ予想外にお金は残ります。意識しないとついつい水道も電気も使ってしまいますよね・・・。夏になればシャワーにエアコン、冬になればヒーターやホットカーペットなど気持ちよく生活するために電気やガスを使います。

ちょっと我慢するだけで意外とお金は貯まるのでコツさえ覚えれば貯まるのは早いはず。節約には我慢がつきものなのでそれを忘れず長く続けるといいでしょう。