それ、本当に必要!?本当に欲しいもの!?満足感を重視して!

寄り道、無駄遣い、ネットサーフィン…ダメダメな習慣、皆さん結構お持ちじゃないですか?

せっかくお店に来たんだから買わないと損!、あと3000円買ったら送料無料になるから、今いるものはないけど何かもう1つ買わなくちゃ!といって、いるのかいらないのかよくわからないものをついつい買っていました。

本当に自分が欲しいものはこのバッグだけど、これは高いからもうちょっと安い別のものにしよう!と購入したのはいいけれど、いざ使用してみると使いづらい、すぐ壊れるなどの理由で使わなくなり、結局買いなおすこともしばしば。妥協で購入したものっていまいち満足感がないんですよね。

最初からほしいものを買っておけばいいものを、どうしてそこでケチ精神を出してしまうんでしょう。

こんなことをしていたのでは、お金はたまりませんよね。

そこで私は、今自分が本当に必要としていて欲しいものは何なのかをメモ帳にリストアップすることにしました。そうすることで自分が今何を必要としていて、どんなものが欲しいのかが一目でわかるようになり、それを買い物に持って行けば余計なものや、妥協して安いものを買うこともなくなるようになりました。

何より買い物に満足感を覚えて、無駄にネットサーフィンをすることもなくなりましたし、お店の巡回も辞めて余計な出費が減ったように思います。

自分が本当に欲しいものを見極めて、それだけを購入するのが私には1番の節約になったようです。

結婚してから身についた家計見直し

独身時代は欲しい物を欲しい時に買い、行きたい時に行きたい所へ旅行出来ていましたが同棲の為仕事を辞め引っ越しした直後に妊娠が発覚し、結婚、妊娠の為収入がなくなりました。

旦那の一馬力の収入になり生活が苦しくなったのですが、更に旦那にローン、奨学金返済と涙が出るような支払いがあったので一時期落ち込みましたが、何か行動せねばと節約、家計の見直しの徹底を始めました。

いくつか行った節約を紹介したいと思います。

まず私が行動したのは車の断捨離です。2台あったので1台を売り、それだけでも年間20万円の節約が見込めます。やはり車の維持費は大きいです。

あとは二人で格安スマホに変えて、次1万円の節約に成功し今は二人で月数千円で収まっています。今の時代にはとてもありがたかったです。使い心地も全く変わらないので早く変えておけばよかったと思いました。

もう1つは電力会社です。自由化という事もあり、光熱費も節約次第でどうにかなるはずだと思い電力会社を片っ端から調べ安い所に乗り換えました。これで次2.3千円の節約に成功しました。

今の生活になるまで数ヶ月赤字が続き、本当に気持ちが苦しかったのですが、今まで知らなかった知識を得られていい勉強になりました。

住宅ローンの借り換えで年間20万円の節約!

多くの方は、住宅ローンを組む時期が子育て時期と被りますよね。我が家も35年住宅ローンを組み、一軒家を購入しました。その後、子供が1人2人・・・4人まで増え、住宅ローンの支払いが家計を圧迫するようになっていきました。そんな時に、住宅ローンの借り換えを検討しました。

住宅ローンの借り換えというと、手間も時間もかかり、手数料も何十万円とかかると聞いていたので、正直「借り換えのメリットはないだろうな」と考えていました。しかし、実際に3社ほどに無料の見積もりをお願いしてみたところ、どこの銀行でも今より住宅ローンの負担が軽くなることが分かったのです。

そこからは積極的に、住宅ローンの借り換えをお願いし、半年ほど準備が必要でしたが無事に借り換えが終わりました。借り換え前と現在を比べてみると、借り換え手数料を含めても年間20万円の節約に成功しました!我が家にはとても大きな金額で、その分貯蓄に回すことができています。

そのため、子供が1人の時よりも、今の子供4人いるほうが年間貯蓄額は大きくなりました。やはり、「節約」のことを考えると固定費の削減をするべきだと実感しました。それからは、通信費・保険料の見直しも行い、毎月の負担額がグンと減り家計管理が楽になりました。

貯蓄を増やすには、自動引き落としで貯める

私はお金持ちではないのに、ついついあると使ってしまいます…。1万円札が1枚よりも千円札が10枚あると減りが早くなりますよね?特に無駄遣いしているわけではないのになんでこんなにお金がたまらないのかな…

そんなたわいのない話を友達としていると自動引き落としで貯蓄すればいいんじゃない?と言われました。いわゆる定期預金です。

定期預金は自動改札機では下せません。窓口で印鑑が必要になるのです。そうです、手間がかかるのです。私は簡単にカードで引き出せるしそこにお金があると安心してしまって下ろしたり、ネットショッピングしたりしていて全然お金が貯まらないなーと思っていました。

しかし、定期預金にしてからは毎月一定の額が引き落ちて貯まっていきます。そしてその通帳を見るのが楽しいです。笑 定期預金には自動改札機からの入金は出来るためこまめにお金を入れられます。

おかげで、無駄に使わなくてなったしお金が少しずつではありますが貯められるようになりました。不安な気持ちが少し解消されたのです!微々たるものでも金利もつくのでお得ですね。頑張って少しずつでも貯めていけば旅行にも行けるし老後の生活を豊かにすることもできますね。

蛍光灯からLED交換で電気代がお得

引っ越しを期に居間や生活でよく使うところの電機はすべてLEDに変えました。トイレ・風呂・玄関もすべてです。購入時には金額が高いかなと思いましたが、部屋数が増えたにも関わらず電気代が上がっておらず、5年経過しましたが蛍光灯を変えることもないためこれくらいの年数がたつと割安かもと思っています。

トイレは自動点灯にしているので消し忘れはなし、オール電化でさらに割引と家族3人で電気代はエコキュートレンタル代も含めて1万円以内です。(レンタル代2500円くらい)オール電化ですので食事ももちろんIHですが、夏場のエアコンをつけても2000円~3000円UPするくらいで暮らしています。

夜の間つけておく防犯用の外灯もLEDに変えました。わずかのことですが、差がでてきているように思います。購入時はかなり高いなあとか思いますが、球を変えるだけで大丈夫なものはLEDの球だけを変えて本体はそのまま利用しています。一気に全部LEDにはできなかったため、常時使う場所から順番に変えていき今は全部がLEDになっています。

以前は蛍光灯が切れると電気のケースを外してと手間がかかっていましたが、今はそのめんどうもなく少しストレスも少なくなったと思います。

野菜のヘタや根っこを捨てないでリサイクル栽培

健康のために100%自炊しています。だから、野菜のヘタや根っこなどの生ゴミが出ます。大根や人参のヘタはお皿に入れて水を注ぎます。すると葉っぱがまた生えてきます。完全無農薬だし、何より自分で育てるから楽しい。大根の葉っぱごま油で炒め塩やしょう油で味付けすればふりかけになります。

大根の葉っぱのふりかけが大好きなのでご飯が止まらなくなってしまいます。人参の葉っぱは同じセリ科のパセリのように使うことができます。すぐ使わない時は乾燥させてビンにいれて保存すると便利。オムライスやパスタ、シチューなどパセリ代わりにふりかけます。

次に、毎日のように使うネギ。ネギの根っこは3センチほど白いところを残してプランターや庭に埋めます。切った所は土で埋めないように。するとまた青々としたネギが生えてきます。このネギを抜かないでカットしながら使うとずっと再生します。種からネギを育てたこともありますが、最初は糸みたいに細くて中々太いネギになりません。

でも根っこネギは最初から太いネギができるから楽チン。納豆やお味噌汁、うどんやそば、パスタなどネギはどれだけあっても困らない野菜の代表格。植えた後はほとんど放置してますが、雪が降り年を越えてまた生えてきます。

えっ!この節約法って駄目なの?

不景気の現在、巷には様々な節約法が溢れています。ですが、そんな節約法の中には実践してはいけないものがあることをご存知でしょうか。今回は、そんなやってはいけない節約法をご紹介しましょう。

まず第一に、エアコンをこまめに消すことです。勿論、家に長時間いないなどの理由で消すことに問題はありません。しかし、エアコンというものは付け始めに最も電力を消費します。1時間程度であれば、付けては消しての方がより消費電力が大きくなってしまい、電気代が高くなります。しかも熱中症の危険もある為、家にいる間は付けておいた方が良いでしょう。

続いて、トイレのタンクにペットボトルを入れる節約法も危険です。これは確かに水道代の節約にはなります。ですが、汚物を流すための水を減らしてしまうことにより、水道管が詰まりやすくなる、洗浄不足など様々な問題が発生します。従って、これもやめた方が良いでしょう。

最後に、数円単位での節約術全般があります。例えば隣町のスーパーなら近所より5円安い、などといったものです。これらは一見効果があるように見えますが、それらの節約法にかける時間で内職などをした場合ほぼ確実にそちらの方が高収入になります。また、先ほどの例のような場合では移動にかかるコストもあるので、実際には損をしていることも十分考えられます。それでなくとも、時間は数円単位の節約よりは大切なものです。数円単位に気を煩わせるよりもその時間を楽しんで心を癒しましょう。

如何だったでしょうか。皆さん意外とやってしまいがちだと思います。これらの節約を見直して、よりよい節約ライフを送りましょう!

低所得なりの節約術。

私は転職をしてから収入が下がりました。それなりに華やかな生活も出来ていたので

収入が下がったからと言って生活レベルを下げたくありません。となれば知恵を駆使して

節約をしないといけません。また歳も歳なんでそれなりに貯蓄もしたい。

私なりの節約、貯蓄術を書き出していこうと思います。

○食費の節約。

1ヶ月で一番お金が誰しもかかるのが食費です。食べないと仕事の力も入らないし

現実問題、体も壊します。ではどう過ごすと節約して生活できるのか。

私は1ヶ月、週ごとで食料の買い出しをします。週一回の休日はスーパーに買い出しに行きます。

金額は1000円ぐらいに抑えます。主に買うのが昼弁当を職場に持っていくのでその材料が中心になります。またディスカウントストアに行くとカップ麺をまとめ買いします。それも5個ぐらいで

500円にします。普段の食事はだいたいそれで済みます。朝食は昼の弁当に入りきれなかった物で済ませます。夕食は仕事が夕方ぐらいに終わるのでスーパーの惣菜コーナーの割引狙いで済ませます。スーパーの惣菜コーナーの割引は翌日の弁当のおかずに変わるときもあるので余裕あれば

買い足します。

仕事中の飲み物は2リットルのミネラルウォーターを買います。ミネラルウォーター500リットルより2リットルの方が安いんです。

外食は余裕がある時には行くようにします。1000円以上は給料日後以外はNGです。

○クーポン、ポイントは有効活用。

スーパーやコンビニ、レンタルDVDショップなどのクーポンやポイントは有効活用します。

消費税分の端数などポイント利用をよくします。また買い物すればポイントは貯まります。

割引券や無料引換券は無駄にせず活用してます。10円単位でも割引してもらえれば大きいんです。

○特売日は絶対。

セールや特売日は見逃さずにチエックしましょう。会員セールなんかもあるので

ポイントカードは重要です。

今回は食を中心に書き出してみました。

割引券やポイント利用は恥ずかしいとか思う人もいるかもしれませんが

気にせず、ドンドン使いましょう。

節約上手は暮らし上手!生活に彩りを

節約と聞くと、食材の隅々まで使い切り、電化製品の電源はこまめに切り、移動手段は自転車で、買い物は一円でも安いスーパーをはしごして…という生活を切り詰めるイメージがあります。中にはお風呂のお湯は2.3日同じものを炊き直して使う、なんていうイメージの人もいるかもしれません。

私もかつては同じことを思っていましたが、双子を産んで一度に4人家族になり、節約を考えずにはいられない状況になり、見直すことにしました。

もちろん毎日の食費を抑えることも考えました。しかしスーパーのチラシとにらめっこしても、2軒はしごして5円の節約という世界…チリも積もれば山となるとはいいますが、私にはなかなか続かない方法でしたので、別のやり方を考えてみました。

日々の出費を減らすのはある程度努力できるとして、一方でそれは毎日頭を使わないといけないということです。これは仕事や育児をしながらだと、かなりのストレスとなります。そこで目をつけたのが固定費です。自動で引き落とされる固定費については、一度見直すだけで長期に削減されるので、考えるという時間的精神的コストが削減されます。

まずスマホを格安SIMに替え、次に保険を見直しました。年金型に医療がついているプランでしたが、もう出産でかなりの給付金をもらえていたため、一番低い金額にし、年金は解約しました。その分貯金額を増やすことで、遠い将来も近い将来も安心になりました。

スーパーで使うカードはスーパー専用のクレカがいいの?

最近ではスーパーでもクレジットカードを展開しています。そのクレジットカードで支払えば日程によっては5%オフや10%オフの恩恵を受ける事が出来ます。

スーパーを日常的に利用する主婦にとってはありがたいサービスです。

ただ、全てのスーパー系クレジットカードが他のクレジットカードを支払うよりもお得であるとも言えない現実もあります。

例えばイオンカードです。イオンカードはイオンだけではなく、マックスバリューやコーヨーでも同じ様に恩恵を受ける事が出来ます。

イオンのクレジットカードでイオン系列で支払いをすると常にポイントは2倍です。200円で1ポイントの所、200円で2ポイントになります。

それはときめきポイントと言われるポイントで直ぐに使えるポイントではありません。ある程度の数まで貯めてから交換し使用する事が出来ます。商品に変える事も出来るし、ワオンポイントに交換も可能です。

ワオンポイントに交換したらスーパーで使用する事が出来ます。

しかし、実は5%オフの恩恵が無い日には他の還元率1%のクレジットカードとワオンポイントを貯めるカードで事が足りるのです。

その場合だとクレジットカードの支払いで1%のポイントが付き、且ワオンポイントのポイントが0.5%で付きます。楽天カード等で支払えば300円で3ポイント付きます。イオンカードの場合は2ときめきポイントのみになります。

しっかりクレジットカードの還元率を確認しておかないと、勿体ない使い方をしている場合もあるので注意が必要です。