簡単に実践できる節約術

私が実践する節約術を3点紹介します。

1) 雑貨は買わない

食費や家賃、光熱費など、出費不可避な項目はありますが、それ以外に以外とお金がかかっていると思ったのは雑貨です。

特に必要ではない手帳やカレンダー、写真立て、小物入れなど、女性なら特に「かわいい」と思ってついつい買ってしまいがちです。

大抵買っても使わないので、雑貨は買わない、ということで統一しましょう。

2) なるべく自炊をする

外食を一回しただけで1000円以上、お酒を入れるともっとかかります。

自炊だと大体3分1にコストを抑えられるので、毎日とまではいかなくとも、週に3~4回と頻度を決めて自炊することをお勧めします。

最初は大変ですが、節約以外に料理スキルが上がるというメリットもあるので前向きに取り組んでいきましょう!

3) 予算と使った実績を管理する

食費、住居費、光熱費…など、項目別に毎月いくらくらい必要か、そしていくらくらい貯金を貯めたいかということを、Excelファイルで管理し、使った金額を毎日メモしていくようにすると、目標金額を超えないよう意識するようになるので、自然とお金が溜まりやすくなります!毎回毎回正確な金額をメモすることにストレスを感じる方は、大体の金額をメモするでもOKです。

必要だと思われない、また代用できるものを購入する必要はない

生活上で、購入が必要になる商品は意外に多いものです。しかし生活に必要とうたわれている商品が、必ずしも自身の生活に必要というものでもありません。収入が思い通りに入ってこないご時世に、支出ばかりを増やすのは得策ではありません。支出を減らすには、どうしても節約が必要となります。

でも、買い物に行ったときに「あれ?これ本当に必要なの?」とふと思ってしまう場面も多くあるはずです。また欲しい商品と価格が釣り合わず、購入をためらう時もあるものです。気分が乗らないから買うことが億劫になる時もあるでしょう。

でも考えてみれば、本当にこれは必要な商品だと思えば考えることなく購入するものです。例えばトイレットペーパーといった日用消耗品、ソースやしょうゆなどの調味料などがそうでしょう。

中には他のもので代用できる場合もあります。実際に、パソコンでテレビが見れるものもあります。また、炊飯器もレンジでご飯が炊ける商品も販売されています。外に出れば、コインランドリーもあります。家族構成の考慮も必要ですが、大型家電も購入するより安価で手っ取り早い手段があれば、その家電自体が必要なくなります。

それでも、店側は売り上げを上げたいために商品購入を促すものです。でも、それに乗せられて本当に活用できると思えない商品を、購入する必要もないのです。必ず必要だと思われないものや、余計なものは買わないのも節約なのです。

週末作り置きレシピで毎日ランチ代の節約になります

一人暮らしをしていたころ、食費や交際費がかさむのがいつもの悩みでした。そこで、少し時間のある週末にお弁当のおかずを作り置きすることで、ランチ代の節約や、平日の時短につながることに気が付きました。いつも平日の朝は5時起きで、集合住宅兼アパートに住んでいたので、毎朝ガサゴソと料理音をたてたり、においのするものを作ったりするのは気を遣っていました。しかし、週末に平日5日分の作り置きをすることで、毎朝近所に迷惑をかけなくて済みますし、なにより外食代が浮きます。

その頃は都内での勤務だったので、外にランチをするにしても一食800円前後・・・。いくら同僚との楽しいおしゃべりの時間でも、それが毎日続くと辛いものがありました。でも、週末に作り置いていたおかずをつめたお弁当を持参することで、毎月1万円くらいの節約になりました。同僚は変わらず外でランチをしていますが、仕事が終わった後でもお話できますし、だれもお弁当を持ってくることに文句を言う人はいません。作り置きのレシピをもと早く思いつけばよかったと思いました。職場には電子レンジもあり、自由に使っていいので、寒い冬でも温かいお弁当が食べられます。余ったおかずは、疲れた時の夕食にでも良いですし、週末作り置きは本当におすすめです。

給料日前3日間の節約術~”前払い生活”のすすめ~

ルールは簡単です。まず、普段お使いのプリペイド型マネーカード(アプリ)に生活費ギリギリ3日分の予算をチャージ(入金)します。おすすめはSuicaやPasmoなどの汎用性の高い交通系マネーカードですが、何でも結構です。また、必ずしも1つのカードに予算の全額を入れる必要はなく、いくつかに振り分けても構いません。そしてチャージが終わったら、3日間現金を一切使わず、マネーカード(アプリ)のみで生活する。たったこれだけです。

この方法の最大のポイントは、生活費を”前払いする”という点です。世の中には色々な決済方法がありますが、その種類は”前払い”(プリペイドカードやアプリ)、”その場で決済”(現金やデビットカード)、”後払い”(クレジットカードやキャリア決済など)の3つです。中でも”後払い”は未来の自分への借金であり、それに慣れてしまうと気づかないうちに生活を圧迫していきます。

3日間という達成可能な、短い期間の”前払い生活”を設定することで、払った分=身の丈に合った生活を実感することが出来、また、チャージの残高で節約の成果が確認出来るので、モチベーションも維持しやすく、おすすめです。慣れてきたら給料日前だけでなく、月に何度か”前払い生活”を取り入れるといいと思います。そうして残高が溜まってきたら、その分を貯蓄に回せば、より達成感が得られます。

塵も積もれば山となる

最近はキャッシュレスで荷物が少ない人が多いと思います。私もその一人です。毎日の荷物は、小さめバッグに小さなポーチとハンカチ、小説、これまた小さな財布のみ。荷物が小さくなり身軽になりました。以前は、厚めの長財布を持っていましたが、小さなバッグには入らなかったので小さな財布に変えました。財布が小さくなることで、中身もぐっと減りました。ただ、現金主義の私はどうしても毎日小銭が出てしまいます。端数を調整して支払うにしても、帰宅時には小銭でパンパンになる財布。

お気に入りの小さな財布が、小銭で伸びてかわいそうです。どうしたものかと考えていました。1か月考え続けて結論として、帰宅したら小銭を全部出すことにしました。帰宅したらすぐに財布から小銭を取り出し貯金箱に投入しています。そしてそれを、毎月まとめて小銭用貯金通帳へ入金しています。毎日数百円ずつの貯金ですが、ひと月経つと1~2万円ぐらいにはなっています。少額ではありますが、少しずつでも貯まっていく貯金通帳を眺めるのは至福の時です。使用用途も冠婚葬祭や臨時で出ていく費用としているので、いつ誰かの結婚式があっても参加できます!出ていくお金のことを考えてしまって、素直にお祝いができない、なんてこともありません。どんなに少額でも、塵も積もれば山となります!

ちりもつもれば山となる式節約術

目先の1円や10円も、それを何度も使えば結果的に100円や1,000円と言った金額になります。例えばクーポンで20円引きとなればそれを10回行えば200円も違ってくる計算となり、コーヒーを一杯150円で販売しているお店が130円のクーポンで20円もお得となればそれぞれ8回目には一杯無料でサービスを受ける事が出来ます。こうした計算を行う上で節約する形となれば、例えばエコバックを提示すると一回の買物で3円値引を受ける計算が出来ます。

これも毎日行うと30日で90円となり、結構な金額になっていきます。一回の取引はたいしたことが無くてもそれが続けばそのうち大きな金額に増えていくちりも積もれば式な節約は当然やって損はありません。買物をする人の知恵としても、今後消費税が上がればテイクアウトは8%のままであり中で食べると10%と言った仕組みになるそうです。同じ食事であってもこうなるとイートインを選ばない人が増えていくかも知れません。出来るだけ消費者は安い方向に逃げる傾向があり、そこを踏まえて考えてもやはり節約につながって行きます。まずは細かい事かも知れませんが、毎日行っている消費に関しての見直しも重要です。

お金を貯めたいなら○○をやめろ

みなさん、こんにちは!

最近お金がないな…と途方に暮れている筆者です。

さて、そんなお金のない私ですが、最近、いい話を聞きました。

誰でも「ある方法」を使えば、節約、貯蓄ができるのです!

(貯蓄が有り余っている人は投資に回すといいですね!)

これは実際に私の友人が試している方法で、

金額までは教えてくれませんでしたが、かなり余裕のある生活をしているとのこと。

私、思わず聞きました。「どうやってお金を貯めるの?」って。

そしたら、友人は「え?知らないの?」という顔で驚いていました。

いや知らないから聞いたんですよ!

「じゃ、特別に友人のよしみで教えてやろう」と

友人が言ってくれました。

まず、友人が最初に質問してきました。

「お前、貯蓄用の銀行は持ってるか?」と。

え、貯蓄用に銀行作るの?

友人の見解はこうでした。

「給料が入ってくる口座ひとつだけだったら、

そこに入っている金、全部使っちゃうだろ、

よほど欲しいものがなかったりでもしないと。

だから、まず貯蓄用の銀行に入れる額をあらかじめ決めておくんだ。

んで、給料が入った時に決めた額だけ貯蓄用の銀行に移すんだ。

そうしたら絶対に使わないだろ?」

確かに!お金はあったらついつい使っちゃうもんな・・・

このアイデアは知らなかった…

ちなみに「それでも使っちゃうなら定期預金のサービス使え。」

と友人は付け足してくれました。

そして、もうひとつ。

友人からこんな質問が。

「お前クレジットカード何回も使ってないか?」

ぎくっ。

「あのな、クレジットカードは借金と一緒なんだ。

次の月で入ってきたお金で返済してるんだ。

借金抱えたままお金に余裕が出るか?出ないだろ?」

はい、そうです…

「カードだからな、使いやすいのも分るが、

ほどほどにしとかなきゃいけない。

面倒でもコンビニに現金を払いに行け、

そっちのほうが節約になる。

現金が出ていく感覚が体に染みつくからな。

自然と無駄遣いも減るぞ。」

ありがとう、友人よ…

私、これから決められた額貯蓄して

クレジットカードは使わないよ…

さて、皆さんはどうでしょうか?

もし、思い当たる節があるなら、思い切ってやってみましょう。

私も頑張ります。

100円ショップはいきつけ!

私が行なっている節約方法はメイク道具を100円ショップで購入していることです。

一昔前であればただただ安いという理由だけで何か悪いものが入っているだとかすぐにダメになってしまうものがたくさんあるとかなにかと100円ショップのメイク道具は悪いイメージがありましたが今やそれ自体がもうありません。

むしろ100円ショップのメイク道具は雑誌でメイク方法を取り扱われているくらい注目されています。

もちろん小中学生のような若い女の子がメイクをしたくて買っていることがほとんどかもしれませんが私のような20歳を過ぎている大人でも十分綺麗に仕上げていくことが可能です。

例えば、ベースメイクだけでもコンシーラーやBBクリームやファンデーションなどさまざまですがどれもとても安いのでもし自分のお肌に合わなかったらまたすぐに買い換えることは可能です。

また、とても可愛く仕上げるチークだったりリップもあったりアイシャドーやアイライナーやつけまつげなどより綺麗なるために欠かせないアイテムがどんなに1つの値段が高くても216円ですみます。

さらに、この基礎となるメイク道具を全部買ったとしてもおよそ1000円あるかないかくらいで安く買うことができるのでこれからメイクしたい方にとっては必見です。

売れ残りはまとめて一気に販売してしまいましょう。

節約の為にフリマアプリを活用している人は多いと思います。

どんどん増えて困るのは子どものおもちゃや服だと思います。ある程度使って使用感があり、又オモチャに至っては部品が取れたり、パーツが揃っていない事も沢山あります。

その様な物でも一気に売ってしまう方法としては、一つのまとまりを作って数で勝負する事です。

送料等を考えると服等はジモティで売ってしまう事がベストです。間違ってもリサイクルショップに持って行かないでください。お金にならずにショックを受け、時間と手間の無駄になります。

ジモティで販売する場合には季節感関係無く、サイズでくくる方法があります。使用感あり、保育所の洗い替え等と記載する事で単品では売れる事の無かった服に買い手がつきます。ただ、一枚10円程度かそれ以下の価格になる事は覚悟して下さい。

漂白で色がまだらになってしまったり、ゴムが緩んでいる、穴が空いていると言う状態でもきちんと提示し、おまけ程度と言う感覚を相手に伝える事でまとめて販売する事が出来ます。結局汚れてしまうから兎に角数が欲しいと考えている方に購入頂く事が出来ます。

少し状態が良い物はそれを又サイズでまとめて販売します。状態の悪い、少しダサい服よりも価格は高く付くでしょう。

おもちゃの場合はアンパンマンでくくってしまったり、ミニカーでくくってしまう事で販売する事が出来ます。写真に写っている商品だけのお渡しである事を伝える事で購入者にも納得してもらいます。

単品で販売してもみても誰も見向きもしない商品はそれらを一つにまとめて売ってしまう事が得策です。アンパンマンは世代を超えて引く継がれているので、少しパーツが欠けていたりしても子どもはそんなに気にならないでしょう。

貯めるのではない 貯まるのさぁ

主人が早期退職、しかももう働きたくないと言い出し、じゃ年金もらうまでどうすんのよと毎日喧嘩していました。私はパートを2つ掛け持ちしておりこれ以上は無理という状態で、頭を抱えていました。こうなったら節約するしかないとあらゆる無駄を省きましたが、とても続きそうもありません。

何とかつらくない方法はないかと考え、いつの間にか節約するようにしてみました。光熱費を減らすのは努力と忍耐が必要ですが、ちょっとしたことの積み重ねでしんどくないように行っています。風呂に入るときにふろ場以外の電気をすべて消して真っ暗にします。

一日30分くらいですが、ひと月にすると900分15時間にもなります。そんな感じで、移動するときはまず出る部屋で使っている電気をすべて消してからと心がけるだけでかなり節約になります。トイレに行くときでもですよ。お湯を出すときは、温かくなったらすぐにスイッチを切ります。

ガスが消えてもしばらくは温かいので、水になる間のお湯をきちんと貯めておけば結構な水量になるので茶碗洗いや洗顔くらいなら十分できます。おふろの残り湯で洗濯は当たり前ですが、必ず浄水剤を前夜に入れておけばすすぎまですべてできます。浄水剤はぽきっと折って半分づづにしています。

食材の買い物は、散歩がてら、チラシを見て必要なものが安い店に2,3店はしごして買いだめします。冷蔵庫に食材を何種類もいれておいて、作れそうな料理を組み合わせて作るようにします。

この料理を作るからこれを買うという買い方だとどうしても高くついてしますので、あるもので作るということを徹底します。何もかも節約すると息が詰まるので、楽しんで節約すると心の負担が減ると思います。