主婦の年金保険の考え方 わたし編

我が家は夫と私の二人家族です。夫は会社員、私は現在専業主婦です。結婚10年になります。今日は我が家の保険について考えました。というか、最近ずっと考えているのですが・・・。主人は積立型の生命保険に加入しており、30年満期で、月に16000円程度支払っています。

一方私は全労済の掛け捨て月1800円のみです。生命保険については思うところがあり、メリットはあると思うのですが、それは主人の加入しているもので十分ということで、我が家は貯金に注力しようということで10年。貯金は、夫の給料から生活費を引いた残りを夫名義の通帳へ入れています。

私の貯金は、パート時代のものが私名義の口座に入っています。現在仕事をしていないので、この口座からは毎月の全労済掛け金が引かれていくばかりです。夫と私の預金額は、当然、差がついていきます。当然のことにふと気づいたのですが、このままでは、家事を担当しているだけでは私の名義の資産というものが増えないのです。

主人の給料からは、主人の小遣いを渡しています。給料の1割以上を渡しています。私は特に小遣いを取らず、何か個人的なものを購入するとしても月に5000円以下です。「わたし年金」として、貯金をしてもいいよね・・・と考えました。月に15000円、年間18万円になり、20年で360万円。

まとまった金額になるごとに定期預金や国債購入に充てて、わずかな利子でもリスク最低限で、使う神経も最小限。よりメリットの期待できる資産運用についての検討はこの「わたし年金」では保留して、まず始めようと思います。