貯めるのではない 貯まるのさぁ

主人が早期退職、しかももう働きたくないと言い出し、じゃ年金もらうまでどうすんのよと毎日喧嘩していました。私はパートを2つ掛け持ちしておりこれ以上は無理という状態で、頭を抱えていました。こうなったら節約するしかないとあらゆる無駄を省きましたが、とても続きそうもありません。

何とかつらくない方法はないかと考え、いつの間にか節約するようにしてみました。光熱費を減らすのは努力と忍耐が必要ですが、ちょっとしたことの積み重ねでしんどくないように行っています。風呂に入るときにふろ場以外の電気をすべて消して真っ暗にします。

一日30分くらいですが、ひと月にすると900分15時間にもなります。そんな感じで、移動するときはまず出る部屋で使っている電気をすべて消してからと心がけるだけでかなり節約になります。トイレに行くときでもですよ。お湯を出すときは、温かくなったらすぐにスイッチを切ります。

ガスが消えてもしばらくは温かいので、水になる間のお湯をきちんと貯めておけば結構な水量になるので茶碗洗いや洗顔くらいなら十分できます。おふろの残り湯で洗濯は当たり前ですが、必ず浄水剤を前夜に入れておけばすすぎまですべてできます。浄水剤はぽきっと折って半分づづにしています。

食材の買い物は、散歩がてら、チラシを見て必要なものが安い店に2,3店はしごして買いだめします。冷蔵庫に食材を何種類もいれておいて、作れそうな料理を組み合わせて作るようにします。

この料理を作るからこれを買うという買い方だとどうしても高くついてしますので、あるもので作るということを徹底します。何もかも節約すると息が詰まるので、楽しんで節約すると心の負担が減ると思います。