カード払いで節約する極意について

近所のスーパーで買い物するぐらいは、現金で買いますが、他で買い物をする時はキャッシュカードで購入しています。

翌月一回払いにして、ポイントを貯める感じです。

以前から、ずっとこの方式でやってきました。

ただ、最近は、支払明細書が来て驚くことがないように、買ってすぐにレシートにお金をクリップで止めておくことにしています。

以前は、明細書がきて、お金を工面していました。給料以上に使ってしまうこともありました。

翌月には払うのだからと、大体把握していたつもりでしたが、実際は把握できていませんでした。

小さい金額も積もり積もると1万や10万を超えてしまいます。

せっかくのボーナスも毎月の補てんのためカード払いに消えてしまいました。

節約はあったものではありませんでした。

自分のカード払いの全容を把握できていないのに節約どころではありません。

節約と思っていたことが結果赤字を招いていました。

最近になって、ようやく、給料の内訳を把握できるようになりました。

もう、だいぶ使ったから、これを買うのは我慢しようという気持ちにもなりました。

これも、カード払いですぐに現金をレシートに添付したおかげです。

若い頃、カード払いのレシートは取っておくものだと友人から言われました。

彼女自身、間違った請求が来たらということで教えてくれたと思いますが、今となれば、深い教えだったと思います。

目標をたてて、日々の食事からの節約。

節約するという事において、ある一つの事をするというのでは、なかなか難しいものがあります。

いろんな方法で、やっていく中で節約した結果が出るというのを実感します。

節約する上で、なんのために節約するのか又は、貯蓄するのか目標がはっきりしていると、さらに頑張れるというのが事実のようです。

私は子どもの学資と旅行の為の二つの目標で、節約および貯蓄をしているのですが、やはり夢を描けるものがあると我慢もできるようです。

一番大切なのは、出かけない事。

買い物も我慢して、出来るなら一週間に一度にするといいと思います。

安い物を買いにいくのはいいのですが、いらない物まで買ってしまいます。

それで私の場合、安売りの日などに一週間の食材を考えて行くのですが、メモ以外は買わないように努力しています。

たまに5日くらいでメインのものがなくなったりします。

その場合は、メインのもの、つまり肉や魚などをわざわざ買いに行くということはしないで、次に買い物を予定している日まで我慢をするのです。

家族全体で、野菜だけで過ごすなど、辛抱してもらっています。

私の知り合いで今はビルをいくつも持っている方がいるのですが、数十年前はご飯と梅干で暮らしたといっていました。

当時でもそんな人はいないでしょうが、やはり食べ物にかけるお金を減らすのが、節約の一歩のようです。

たまには外食もいいですが、ほんとうに、たまにしないとやはりお金がたまらないようです。

値下げ商品での節約と、個人年金での貯蓄

節約については、我が家は値下げ商品に大変助けられています。
最寄り駅構内に八百屋さんがあるのですが、夜になると見切り品ということで大変安い野菜が出回ります。例えば、人参4本入りで50円などです。
品質も値下げされていないものと比べてもそれほど劣化しておらず、十分美味しくいただけます。仕事帰りにチェックして帰るのが日課です。
仕事帰りの時間になると、スーパーではお肉が値引きされます。半額になっているものをまとめて沢山買っておき、冷凍庫に詰めています。1か月や2か月ぐらい経ってから解凍しても、美味しく安全にいただくことができます。

貯蓄については、個人年金を積み立てています。
今私は20代ですが、老後に年金がきちんと支払われる保証はありません。頼れるのは自分だけだと思っています。
毎月1万円、生命保険会社に個人年金積立として支払っています。60歳になった時から、割り増しで毎月還付される仕組みです。1年間で12万円の出費は、少々痛い金額ではありますが、働けない年齢になった時に増えて戻って来るのですから安心です。
子供が生まれたら家計の収支にも変化が出ると思いますので、様子を見てもし貯蓄にまわす余裕があれば、もっと金融商品の情報を収集して、良いものを活用し、賢く貯蓄したいと思っています。”

銀行ローンはカードローンと異なる

銀行で扱っている金融商品には、住宅ローンを始めとして、自動車ローンやカードローンといった様々な種類があります。中でも銀行ローンとして知られる目的ローンやフリーローンとカードローンは、大きな違いがあることを知っておくと良いでしょう。

カードローンは、審査時に利用限度額を設定して、何度でも借入れと返済を自由に繰り返せる特徴がありますが、自由度が高い分だけ金利も高く設定されています。一方、銀行ローンは利用目的が定まっている目的ローンと資金用途自由のフリーローンがありますが、利用希望額に対して審査を行い、証書貸付という方法で一度に融資を行います。

以後は完済まで元利均等返済を行なうので、完済を行なうまで追加借入れは出来ない仕様となっているわけです。追加借入れを行なうためには、別の融資案件として銀行ローンを組み直す必要がありますが、完済前の銀行ローンがある場合には、審査に通過することは難しいでしょう。

有担保ローンとは異なり、無担保ローンとしての銀行ローンは、低金利で融資が受けられる分だけ計画的に返済を行える人に限定して貸付が行われています。後から追加借入れを必要とせずに、低金利融資を受けたいならば、銀行ローンが適しているわけです。