医療保険の特約を見直してみよう

節約には様々な方法があります。一般的には、食費を減らす、光熱費を切り詰めるなど日々使用している費用を削減する方法が主流です。
しかし、毎日かかる費用を少しずつ節約するよりも、大きな固定費を減らす方が節約には効果的だといわれています。
そこでおすすめなのが、医療保険やガン保険などの「特約」を見直す方法です。

保険の特約には付加価値的な内容のものが多く、よく読むと「本当に必要だろうか?」と思う項目が多々あります。
一つ一つの特約に値段がついているため、数種類契約している場合は特約だけでメインの保険並みの値段になっていることも。
不要な特約を削ることで、今までの半分ほどの値段にまで削減することも可能です。保険内容を確認し、個々の特約の内容をよく読んで、本当に自分に必要がどうかよく検討してみてください。

また、保険の種類や会社にもよりますが、特約のみの解約については電話一本で行える場合が多いです。保険そのものを解約するより手間もかかりませんし、気持ち的にも抵抗が少ないといえます。
ただ、特約の再契約については電話のみで行えないことが多いですので、よく考えて解約してください。
当たり前のように支払っている保険ですが、不要な特約を削ることで毎月の固定費の削減につながります。今一度、内容を見直してみましょう。

楽天ポイントを上手に活用

ネット通販において知られている楽天ですが、楽天においてポイント制度があります。

通常ネットでの購入の時にポイントが有効かと思われますが、街中においても楽天ポイントを有効に使うことができます。

最近では楽天ポイントが使えるお店も右肩上がりになってきており、普段から利用しているコンビニやドラッグストアにおいても利用できるためにネット以外での利用範囲が広まることで、節約にも貢献するようになっています。

楽天ポイントで最近驚いたことで、回転すしチェーンにて使えるようにもなったことから、家族連れの方にとってはお財布にとても優しいと言えます。

そしてコンビニでも何気にジュースやアイスなどの小さなものでも楽天ポイントで購入する事ができるためにお金があまり減らなくて助かると言ったこともできます。

ポイントはなるべく利用する場所が多いことで、家計に大きく影響を与えます。

昔はさまざまなポイントカードがあっても次回利用すると言ってもなかなか使う機会が無く、結局購入時にポイントが貯まってお得と感じても有効に生かされずに失効なってしまうこともしばしばあります。

そんな中楽天ポイントは普段必要としている物に利用できるために節約にとても助かると言えます。

冬の暖房代を節約する方法を実験

今年我が家は引っ越しをしました。以前住んでいたところは灯油のストーブだったのですが、引っ越し先は古いエアコンが付いているだけでした。
よく古いエアコンは電気料金が高いと聞きます。どんなに掛かるものなのか実験してみようと思いました。比べるものは電気ヒーター、こたつです。

ますば1ヶ月間、エアコンだけで過ごすことにしました。
エアコンだけだと確かに部屋は暖かくなるのですが、暑くなると消したり、寒くなると付けたりするのでかなり電気代が掛かっててしまいました。エアコンだけの場合は約15000円との高額になってしまいました。

次にこたつと電気ヒーターです。
こたつだけでは部屋が暖かくならないので、小さい電気ヒーターも一緒に使ってみました。小さい電気ヒーターは風向の向きも変えることの出来るものだったので、思っていた以上に部屋全体が暖かくなりました。
電気ヒーターとこたつ同時使いで電気代約9000円でした。6000円の差はかなり大きいなと身をもって感じました。

今のエアコンはそんなに電気代はかからないといいますが、やはりこたつや電気ヒーターからすると結構な金額がかかります。
特に冬場はエアコンを使うことが多いので、たまに使うのはいいのかもしれませんが、私はこの冬こたつと電気ヒーターで6000円の節約をしていきます。

ネット通販を賢く使ってポイントをためるのがコツです

家計が大変で、毎日頭を抱えている人は多いでしょう。仕事を増やさない限り、入ってくるものはそれほど増えることはないので、支出の面で節約をしていくしか方法はありません。生活していくうえでどうしても必要なものを絞り、計画的に買い物をしましょう。

まず、買うものをリストアップし、優先順位を決めましょう。リストをみながら、家にあるもので代用できるものはないか、リサイクルショップで調達できるものはないかなど、買う前に一度よく考えることが大切です。買うものが決まったら、ネット通販で安く買えるものがないか、検索してみることが大切です。

家電など、具体的な商品が決まっている場合は、安く買えるサイトを調べることもできるので便利です。ネット通販で買う場合は、ポイントがたまるサイトを選び、複数買う場合はなるべく同じサイトに統一して、ポイントを集めやすくするといいでしょう。また、クレジットカード払いにすれば、クレジットカードのポイントもたまるのでお得です。

ネット通販で獲得したポイントは次の買い物の支払いに使えますし、クレジットカードのポイントは商品券に交換できる場合もあるので、貯まっているかどうか、こまめにチェックするといいでしょう。