とうもろこしは実をいただくだけじゃもったいない。余さず使って節約食材にしよう

夏に頻繁に登場して私たちの口とお腹を満たしてくれるとうもろこし。

普段皆さんは実をいただくだけで、皮とひげは捨ててしまってはいませんか?

この行動はとてももったいないことなのです。

ひげは、むくみ解消と血圧低下が期待できるお茶として活用できます。

自宅でも簡単にひげ茶は出来るのも魅力の1つです。

作り方は、ひげをさっと洗ってから熱しておいたフライパンで、香ばしいかおりとともに均等な色眼が付くまで焼き付けます。

煎ったひげは、お茶パックに入れるかキッチンペーパーに包んで15分ほど煮だすとお茶の完成です。

冷やしていただいても美味しいので夏にぴったりです。

芯も香りが豊かなので、スープのだし代わりとして先によく煮だしておき、食材を入れてさらに煮込めばとうもろこし独特の甘みと香りが楽しめる一品が完成します。

とうもろこしの炊込みご飯を作る時にも、炊飯器に一緒に入れてご飯を炊けばいつもより香りが豊かなご飯の完成となるのです。

そして意外と使えないのではと思われる皮も、捨ててしまってはもったいないものです。

皮にもやはりとうもろこしの香りが沢山詰まっているので、ハンバーグのたねに実をたっぷり混ぜ込んだものを皮に包んで焼いて風味を増したり、蒸していつもと違った香りの豊かさを味わっても美味しいでしょう。

念のためですが皮はいただけないので、肉だねを焼いたあと蒸したあとはキレイに取ってお皿に盛り付けて下さいね。

とうもろこしは全てが利用できる節約食材です。

これを機にシンプルにいただくことだけではもったいないので、余すことなく使ってあげて節約へとつなげて下さい。

きっととうもろこしを作ってくださった農家の方も喜んでくれるはずです。

どうしてもお金がない時にどうにかする節約術

節約というと食費など何かを切り詰めるやり方が一般的ですが、どんなに努力しても削れる部分は限界があります。経費削減もやりつくし、それでもどうしてもお金がない時は、無料もしくはローコストでモノを生み出す節約術にも目を向けるべきです。

そんな、どうしてもお金がない時にどうにかする節約術とは、年会費無料のカードを作って入会特典ポイントを貰う方法です。

例を挙げると楽天やヤフーなどです。キャンペーンの状況にもよりますが、最初に5000p程も貰えることがあるのでこれを利用します。ポイントは現金と同価値のものとして利用可能で、楽天やヤフーのカードはショッピングサイトと連携しているので貰ったポイントがすぐに使えて便利です。

どうしてもお金がない時にカードを作り、貰ったポイントでお米など保存のきく食料品を買う。そうすることで日々の食費を抑えることが出来ます。

そしてカード入会後一定期間内にある程度の額を購入したことにより、さらに数百?数千ポイントをプレゼントされることがあります。付与されたポイントを元手に次回購入すれば、またかなり金額を安く抑えることが出来ますね。

入会特典なのでそれぞれの会社で一度きりしか使えないやり方ではありますが、結果的に5000?1万円近く貰えることになるのでとてもお得です。まだカードを持っていない方はぜひ試してみて下さい。