大型家電はリサイクルショップをチェックしましょう

節約と貯金を頑張りたい人が一番悩むところは、新しいものを買う時ではないでしょうか。家計を引き締めることは慣れ、銀行にも月に一度お金を引き出すときだけ、日用品のストックは1つまでと決めて余計なものはセールでも買わず、食料品なども週末に一気に買って下味をつけて保存、それで1週間の献立を考える、というところまで来ていると、必要なものでも高額商品を購入するときにはかなり悩んでしまうものです。

例えば冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機などの大型かつ必要な家電製品です。故障するとその時から困りますからすぐにでも買いに行かねばなりません。その時には電気屋さんにいくことをぐっとこらえ、リサイクルショップに行ってみてください。

リサイクルショップは不要になったものを買い取って定価よりも安く売ってくれる店ですが、家電製品を扱っている店であればかなりの確率で新しい冷蔵庫や洗濯機がみつかります。型落ちのものを引き取った、倒産した会社から引き取ったなど、リサイクルショップは新しいものでも安く買い取ってきますので同じ製造年の未使用の冷蔵庫が電気屋さんよりも安く売られていることが多くあります。

もし2年前の型で、ワンオーナーの便利機能つき冷蔵庫が市場価格の半額で手に入ったらどうでしょうか。使い方一つで長持ちする家電は、そういうものを購入することで長い目でみた家計の節約に貢献出来ます。

ソーシャルレンディング投資による貯蓄とお買い物

最近、注目されているソーシャルレンディング投資を通じて得た配当を元にお買い物をするようにしています。

貯蓄としてまず働いて得た収入を元にいくら貯蓄にまわそうか考えますが、働くのも限界があり、収益のも限界があることからどのように収益を増やすかを考え、調べていくうちにソーシャルレンディング投資が良いことがわかりました。

ソーシャルレンディング投資が良いと思える点として、投資案件を提示するソーシャルレンディング事業者の案件を見て、最低投資額、年利回りが何パーセントを見て、投資するだけで、運用期間が終われば、投資額と収益が入ってきます。

投資した後は運用期間が終わるまでは特に気にすることなく、運用終了時に収益がいただけるために簡単で、株式投資なのどマーケットを気にする必要がありません。

もちろん投資である以上リスクはありますが、比較的安定的に収益が見込めるとの事で銀行の定期預金よりかは高い利回り、業者にもよりますが、年利5%~10%ほど見込むことができます。

これを頻繁に投資する事で収益を得ることから、生活費の当てになるためにとても助かる投資だと感じます。

働いている分をあまり使うことなく生活費を生み出す事ができるためにソーシャルレンディング投資はお勧めと言えます。

節約は幸せも感じながらでないと続かない

貯蓄というほどではなくても、「日々蓄える」という節制の心は大事だ。私自身は、現在「毎日10円以上」を続けている。10円以上だから、11円でも、100円でもいいのだけれど、小さいようだけど、これが1年も積もると大きな金額になる。そして、節約という意味では、とにかく「使わない」精神が必要だと思う。

快適さがどんどん増している世の中だけど、本当に必要なもの、というより、本当に「自分にとって」要るもの、と考えた時、むしろ人生を楽しむための節約の醍醐味を味わうことすらできる。

何かを購入する前に、「そういえばこれを使えないかな」という思考を巡らせる余裕も大事だ。案外、自分でそれを発見して実践するほうが、買うよりもよかった、ということすらあるからだ。欲しい本があったなら、まず図書館にも同じものがないか調べてみたり、野菜の保存方法を予め知っておいてから当日の野菜を購入するなど、工夫次第である。私自身、そうしたことを実践しているのと、携帯は通話とメールだけなので、今でもガラケー。自宅のPCでラインもメールも手軽にできる。

ほとんどの野菜はこまめに冷凍できて買い物の回数も減り、ついでに目についてしまったものを購入する、という過ちもなくなった。朝一番に着込んで走り、お湯を沸かしながら次第に部屋が温まっていく。100均だからといって、購入すれば100円使ったことになる。節約とは、「つい」と口にでる欲求や、思考を怠惰にさせる自分との闘いかもしれない。

金券ショップの商品券でフリマアプリで転売。

フリマアプリを愛用していると自宅の売る物がなくなってきて、何か売りたいなと思う事は応応にしてある事です。

他にも出来れば自分で何か小遣い稼ぎをする事が出来ないかなと考える事があると思います。

せどりや外国産の物の輸入販売等もありますが、素人には情報の入手の仕方も分からず、手を出しにくい物と言う感じがします。

そんな時にお勧めなのは、地元では簡単に買い、手に入るけど他の地域ではなかなか売っていない物を販売してみたらどうでしょうか。

私がしていたのはガトーフェスタ原田のラスクの販売です。

勿論手数料、送料をとっても少しだけ儲けが出る様にしています。

あまりにも高い値段で販売すると他の方にお客さんを取られてしまいます。

取れて10%から良くて20%くらいかなと思います。

予め、アプリで販売を開始します。その後有る程度購入してくれるお客さんが貯まれば、商品を買いにいきます。わざわざお金を払って買いに行っては本末転倒になるので徒歩圏内の店で販売している物や用事で行った時に合わせて買う方がいいです。

その時にはポイントで狙いでクレジットカードで支払いたくなりますが、実は金券ショップで商品券を購入し、それで支払いをする方が還元率はいいです。完全なるブローカーの様な形です。

しかも利益は10%程度ですので、そこらへんからケチっていかないと十分に儲けはでません。

因みに梱包や発送が手間で嫌いな人には勧めません。手間の割にお金にならないからです。1500円分のお菓子が売れても儲けは150円程度なので他の事をした方が効率はいいです。

買いたいと思ったら、老後はない

若いとき、お給料が入ると、食べたいもの、揃えたいもの、楽しみたいものと、色々あるかもしれませんが、それが定年後に響いてきます。年金がもらえない。厳しい老後が待っていると常に言い聞かせることが第一です。「そんな節約して何が楽しいのか」と思うかもしれませんが、若い人の貧困もさることながら、老後の貧困は死と隣り合わせです。

これは、気持ちも滅入るし、それにつれて体力も落ちていくのです。「終わりよければすべてよし」ということわざがあるように、「アリときりぎりす」というイソップ物語が語るように、人生の終末に向かって、貧困の度合いが増していくのは地獄です。

その意識が固まったところで、具体策は、「買わなくて済むものを決める」ことです。例えば、本です。図書館で借りて読めばよいのです。新聞も同様です。東京にいる人は、ただでさえ物価が高いのですからクルマは要りません。どうしてもというのなら、カーシェアリング。レンタカーです。

そして、なによりも最大の大きな買い物は家です。家の場合、「購入しなくても借りることができる」ということを言いたいのではありません。最小限のスペースの物件を買う。必需品以外のものを置けないスペースの家を購入することです。そうすれば安く済みます。そして、ギャンブル、お酒の遊びは止める。「そんなことできるはずないだろう」と思ったら、「買いたいと思ったら、老後はない」の言葉を思い出しましょう。