我慢と根性でお金は貯まる節約術

“節約”という言葉を聞いた時に、私は今まで主婦の豆知識のような小技を実践しないといけないものだと思っていました。

家事における消耗品などを、無料で手に入るレジ袋やゴミになってしまいがちなペットボトルで代用する、といった感じです。

しかし、一人暮らしを始めてお金だけではなく時間すらもないのだと実感した時に究極の節約術を私は見出したのです。

夫が生活費を稼いできてくれる主婦ならともかく、自分にしか頼れない一人身は暇な時間さえあれば働くか寝るかしかありません。

それですら生きていくためにはお金がかかる。

家賃、水道光熱費、通信料、保険料、税金、奨学金の返済で一ヶ月のお給料などすぐに消費してしまうのです。

その上で貯蓄を目指そうというのであれば、節約を試みるしかありません。

私が紹介するのはとても簡単で、我慢と根性さえあれば誰にでもできる節約術です。

大事なのは”買わないこと”と”しないこと”。

ペットボトルをリサイクルしてまた○○に大変身!なんていうのはペットボトルの飲み物を買わないと実現できません。

ペットボトルさえも買わずに浄水器にかけた水道水で我慢する。

暖房は使わずに毛布にくるまって我慢する。

楽をするために、所要時間を短縮するために人々はお金を使う傾向にあると思います。

急がば回れ、地道に努力さえすればお金は自然とたまってくるものです。

節約は地道に…「こつこつ」と!!

私が初めて、ひとり暮らしをしたのは、20歳の頃でした。少しでも、電気代やガス代、水道代など、出費を抑えたくて。私の節約生活が始まりました。

夏と冬では、使用する光熱費が変わってくるかと思います。冬場は、お湯を沸かすことに夏よりガス代がかかりますし、夏場はエアコンにたよりがちになります。ですので、少しでも光熱費を抑える為にしていた節約方法を、ご紹介いたします。

まず、冬場は、出来るだけガス代を使わないようにします。食事の後に、食器等を洗う際に、お湯を使いません。毎日の事ですので、塵も積もれば山となる。ささいな事が節約の道です。ただ、素手で洗うには、非常に冷たいですのでゴム手袋を使用します。そうする事で、手荒れ防止にもなりますし、ゴム手袋をはめる事で、冷たい水温をあまり感じません。

夜、就寝する時に、エアコンはつけません。湯たんぽを沸かして、布団の中に入れておけば、体の芯からあたたまりますので、エアコンを付けなくても、寒さに震えることはございません。朝になっても、やんわり温かいです。

夏場に、エアコンに頼ることは、最低限は必要だと思います。室内の熱中症もございますし。ただ少しでも、エアコン代を節約する為に、アイスノンを首に巻いて、体の熱を下げたり、過度に設定温度を下げないようにします。

まだまだ、節約術はございます。自炊をする。飲み会を控える。掃除機を使わず、ほうきとちりとりで、掃除する。ウェットティッシュ等は使わず、雑巾を使い、洗って使い回す。職場の昼食は、お弁当を持参する。仕事でもプライベートでも、飲み物を買わないように、水筒を持ち歩く等、日々の生活の中、地道にこつこつ「節約生活」慣れてしまえば、苦になりませんし、塵も積もれば山となる!と思います。

二人で食費15000円以内で節約!

共働きの夫婦ですが、毎月なにかと出費が多く貯金がなかなかできていない現状でした。

家賃や光熱費、生命保険に携帯代はこれ以上削ることができず唯一削れるところといえば食費!と思い、

最初は一か月二人合わせて2万円でやっていましたが、思いのほかやれることに気づき今では15000円以内でやりくりできています。

まず二人の状態としまして、朝昼晩二人とも3食で旦那、私共にはお昼お弁当持参です。

まず大前提として食材を安い日に買うということ。当たり前のことですが、ちりも積もれば山となるように、

安い曜日にしか買っていません。ですが買いだめしすぎることもしません!

賞味期限が切れて使えなくなるのが一番もったいないですからね。

基本的に食材は夕方4時以降に買いに行くことが多く、3割引き以上されているものを買っています。

魚やお肉の賞味期限が近く値引きされているものは、冷凍して使用しています。

あとは使いまわしのきく食材をよく買っています。

ナスやピーマン、じゃがいも玉ねぎ、基本的にここらへんは常に常備してあります。

あとはその日によって値引きされているものを買うだけです。

アレンジの仕方によってこれらの食材は和食にも洋食にも使えるので非常に便利です。

まとめますと、安い曜日にしか買い物をしないということと、賞味期限間近のものは冷凍して使用する。

アレンジのきく食材を積極的に使う。

これだけでだいぶ節約できますよ。

資金の預け先として年金保険選びました

有利な資産運用を目的に、定額個人年金保険に加入しました。これは、生命保険が目的ではなく、お金を預けて保険会社に運用してもらい、銀行より有利な利息を得ようとする目的で加入しました。

現在、定期預金に預けても0.01%しか利息は付きません。一方で、私が加入した定額個人年金保険は、0.9%の金利が期待できます。

運用に当たってのリスクが小さいことも魅力でした。定額個人年金保険であれば、株式投資をするほどの大きな収益は期待できないものの、保険会社によって堅実な運用が行われますので、安心して長期に渡って資金を預け入れることができるでしょう。

しかしデメリットと注意点もありました。デメリット1点目は、契約後5年以内に解約すると税金がかなり差し引かれることです。私は長期に渡り契約を続けるつもりでいましたので、5年以内の解約は考えていません。これは問題とならないと認識しました。

デメリットの2点目は、契約に当たっての費用が高額であることです。契約後おおむね3~4年以内に解約してしまうと、資金が元本割れをする恐れがあるのです。私は数年以内には解約しないつもりでしたので、長い目でみれば有利とくらいに思っていましたが、案外契約費用は高額すぎたかもしれません。

定額個人年金保険に加入する前に投資に関する知識があれば、自ら運用先を指定する投資信託も選択肢として考えるべきだったかもしれないと思っています。

ポイントデーを管理してコツコツ節約

大手のスーパーやドラッグストアは、大抵の場合ポイントカードがありますよね。お店によって、毎週水曜日はポイント5倍・毎月1日はポイント10倍などお得な日が決まっています。私は、それぞれの店舗のポイントデーと買う物リストを常に把握して、ポイントを最大限に貯める工夫をしています。

まず買う物リストですが、トイレットペーパーや缶詰商品のように日持ちのする物を上の方に、生鮮食品を下の方にという順番で携帯にメモをしておきます。日持ちする物は、すぐ必要になるものだけでなく、買いだめしてもいい物も書いておくのがポイントです。

メモ帳の1番上には、よく行くスーパーとドラッグストアをそれぞれ2店ずつ並べ、ポイントデーを書いておきます。

あとは、毎日の買い物の時にそのメモを見て、その日お得なお店に行くだけ。メモを見ながら、必要な物をどんどんカゴに入れていきます。2倍デーの時はリストの下の方の生鮮食品だけ、10倍デーの時にはまだあるシャンプーの買い置きなど、リストの上の方の物まで買い込むことで、いざ必要になった時に通常ポイントで買うという残念な買い物がなくなります。

地味な節約ですが、我が家ではこの方法で1ヶ月に2000円近くポイントを貯めています。1年で2万円の節約は、なかなか馬鹿になりませんよね。

こっそりお小遣い稼ぎをしませんか?

貯金を増やしたいと思ったら、収入を増やすか、支出を減らすか、そのどちらかですよね。今日はその、収入を増やすほうの小技を1つ紹介します。

ご自宅にインターネットを使える環境はありますか?または、スマートフォンを使っていませんか?どちらかに当てはまったら、ネットを通してちょっとお小遣いを稼げるかもしれません。最近少しずつ有名になってきましたが、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などの仕事アプリです。

ちょっとした隙間時間にできるブログ記事作成などの簡単な業務や、まとまった時間に行う、デザインやテープ起こしなど業務を請け負って報酬を受け取ることができます。記事作成のような業務でも1日数円のポイントサイトより単価が大きいので、コツコツ貯めていくのにちょうど良いです。今は育児などで仕事についていないけど近い将来事務職で復職を考えている方はタイピングやExcel計算などの仕事に慣れるために始めてみるのも良いかもしれません。本当にいろいろな仕事があるので、自分の意外な才能を発掘できるかも。

隙間時間でコツコツ稼ぎたい人も仕事の合間でこっそり副業したい人も、検索するだけならタダですから、一度検索してみてください。

確実に貯金をするのならば「先取り貯金」がおすすめです

「生活費の残りを貯金しよう」と決意しても月末になると、いろいろな出費が重なり「貯金は来月から始めればいいか」と諦めている人は多いでしょう。

計画性のない人には貯金はハードルの高いものになりがちです。

そんな人にお勧めなのが「先取り貯金」です。

先取り貯金とは給料が振り込まれたらすぐに一定額を貯金してしまう方法です。

真っ先にお金を確保し、乗ったお金で生活することで確実にお金を貯めることができます。

先取り貯金はそのまま自分の持っている預貯金の口座に預けておくこともできるのですが、その方法だと意志の弱い人だと、お金が足りなくなった時についつい下ろしてしまう可能性もあります。

そうならないために財形貯蓄や社内預金制度を利用するとよいでしょう。

財形貯蓄は会社が従業員の給料から一部を天引きして提携している銀行に送金することで自動的に貯金ができるシステムです。

財形貯蓄には「住宅財形」「一般財形」「年金財形」の三つがあり、一般財形以外の二つの財形貯蓄には通常かかる利子への税金が免除となるのでお得です。

一方、社内預金制度は給与の一部を天引きして会社に預金する制度ですが何よりも金利が高いのが魅力です。

所属する会社によっても利率は違うのですが、法令により最低でも0.5%以上となっています。

どちらの制度も会社によっては扱っていない場合もあるので一度確認してみるとよいでしょう。

私が節約のために心がけていることを書こうと思います。

私が最近節約のために心がけていることを書こうと思います。

1,買い物は一番安いスーパーで、必要なものをメモしたもの以外は買わない。

これは私が学生の時からずっとしていることです。私の家には広告が入ってこないので、安いものがわかりません。ですので、「シュフモ」というスマホのサイトで確認をして、買うもの、安いものをあらかじめ把握しておきます。そして、いらない紙に買いたいものリストを箇条書きします。それを毎回買い物の時には持ち歩いて、それ以外のものは一切買わないようにしています。目で見て買いたいものって絶対ありますよね。お店に入ったら誘惑に負けて買ってしまった、という事が多かった以前よりも、これを徹底したことで大分節約できました。なので、カゴにポンポン入れるという事をやめて、メモを持参することが一番の節約の近道だと考えています。

2,レシートはとっておく。

買い物で買ったレシートはすぐに捨てずに、必ず家で再確認をしています。そのためにレシート用のマグネットを買って、買ったらすぐ冷蔵庫わきのレシート置き場に張り付けています。これをすることで、いつ何を買ったかという事もすぐわかるし、だいたい一日にどのくらい使っているのか、という事が把握できます。そして、一か月たったら全て確認できたので捨てている、という繰り返しをしています。

3、冬の暖房費を削減するために、なるべく休日も外に行く。

休日はどうしても家で休みがちになりますが、私は出来るだけ外に出るようにしています。自分の健康のためにもなるし、家の暖房を使わずに済むので一石二鳥だと思うからです。

まとめ

当たり前のことかもしれませんが、意識して節約をするのとしないのとではまったう違ってくると思います。なので私はこれからも今回の3つを心がけ続けて、貯金をたくさんしていこうと思っています。

寒い冬に欠かせないこたつの節約術

昔から冬の寒さ対策のといえば、こたつが定番ですね。

近年では、こたつ用の机も進化をとげているし、カバーなどもデザインが豊富になってきています。

可愛いこたつを見てテンションアップしますが、家計を預かる主婦は高額の電気代の請求書を見てテンションダウンしてしまいます。

しかし、少しでも電気代を節約するためにできることがあります。

まずは、こたつの下に敷く敷きカバーです。

格安でペラペラのカバーが販売されています。

しかし、敷きカバーが薄いと、冷えた床からの冷気で、こたつ内はなかなか温まりません。

厚手のカーペットを購入したほうが、床の冷気をシャットダウンしてくれます。

次に、掛布団になります。

中掛布団というものをご存じですか?

掛布団の中に、もう一枚中掛布団を重ねて使用することで、外へ暖かい空気を逃しにくくなります。

掛布団のように厚手じゃないので、重ねてもスッキリ見えます。

今は、肌触りの良いニューマイヤーなども販売されており、洗濯機で簡単に洗えるものもあるので、お手入れもかんたんです。

これから更に寒くなる冬本番を向かえる前に、準備しておくことをおススメします。

節約もしながら、心も体もぽかぽかの冬を過ごしましょう!

冬の暖房代を節約する方法を実験

今年我が家は引っ越しをしました。以前住んでいたところは灯油のストーブだったのですが、引っ越し先は古いエアコンが付いているだけでした。

よく古いエアコンは電気料金が高いと聞きます。どんなに掛かるものなのか実験してみようと思いました。

比べるものは電気ヒーター、こたつです。

ますば1ヶ月間、エアコンだけで過ごすことにしました。

エアコンだけだと確かに部屋は暖かくなるのですが、暑くなると消したり、寒くなると付けたりするのでかなり電気代が掛かっててしまいました。

エアコンだけの場合は約15000円との高額になってしまいました。

次にこたつと電気ヒーターです。

こたつだけでは部屋が暖かくならないので、小さい電気ヒーターも一緒に使ってみました。

小さい電気ヒーターは風向の向きも変えることの出来るものだったので、思っていた以上に部屋全体が暖かくなりました。

電気ヒーターとこたつ同時使いで電気代約9000円でした。

6000円の差はかなり大きいなと身をもって感じました。

今のエアコンはそんなに電気代はかからないといいますが、やはりこたつや電気ヒーターからすると結構な金額がかかります。

特に冬場はエアコンを使うことが多いので、たまに使うのはいいのかもしれませんが、私はこの冬こたつと電気ヒーターで6000円の節約をしていきます。