寒い冬に欠かせないこたつの節約術

昔から冬の寒さ対策のといえば、こたつが定番ですね。

近年では、こたつ用の机も進化をとげているし、カバーなどもデザインが豊富になってきています。

可愛いこたつを見てテンションアップしますが、家計を預かる主婦は高額の電気代の請求書を見てテンションダウンしてしまいます。

しかし、少しでも電気代を節約するためにできることがあります。

まずは、こたつの下に敷く敷きカバーです。

格安でペラペラのカバーが販売されています。

しかし、敷きカバーが薄いと、冷えた床からの冷気で、こたつ内はなかなか温まりません。

厚手のカーペットを購入したほうが、床の冷気をシャットダウンしてくれます。

次に、掛布団になります。

中掛布団というものをご存じですか?

掛布団の中に、もう一枚中掛布団を重ねて使用することで、外へ暖かい空気を逃しにくくなります。

掛布団のように厚手じゃないので、重ねてもスッキリ見えます。

今は、肌触りの良いニューマイヤーなども販売されており、洗濯機で簡単に洗えるものもあるので、お手入れもかんたんです。

これから更に寒くなる冬本番を向かえる前に、準備しておくことをおススメします。

節約もしながら、心も体もぽかぽかの冬を過ごしましょう!

冬の暖房代を節約する方法を実験

今年我が家は引っ越しをしました。以前住んでいたところは灯油のストーブだったのですが、引っ越し先は古いエアコンが付いているだけでした。

よく古いエアコンは電気料金が高いと聞きます。どんなに掛かるものなのか実験してみようと思いました。

比べるものは電気ヒーター、こたつです。

ますば1ヶ月間、エアコンだけで過ごすことにしました。

エアコンだけだと確かに部屋は暖かくなるのですが、暑くなると消したり、寒くなると付けたりするのでかなり電気代が掛かっててしまいました。

エアコンだけの場合は約15000円との高額になってしまいました。

次にこたつと電気ヒーターです。

こたつだけでは部屋が暖かくならないので、小さい電気ヒーターも一緒に使ってみました。

小さい電気ヒーターは風向の向きも変えることの出来るものだったので、思っていた以上に部屋全体が暖かくなりました。

電気ヒーターとこたつ同時使いで電気代約9000円でした。

6000円の差はかなり大きいなと身をもって感じました。

今のエアコンはそんなに電気代はかからないといいますが、やはりこたつや電気ヒーターからすると結構な金額がかかります。

特に冬場はエアコンを使うことが多いので、たまに使うのはいいのかもしれませんが、私はこの冬こたつと電気ヒーターで6000円の節約をしていきます。