カード払いで節約する極意について

近所のスーパーで買い物するぐらいは、現金で買いますが、他で買い物をする時はキャッシュカードで購入しています。

翌月一回払いにして、ポイントを貯める感じです。

以前から、ずっとこの方式でやってきました。

ただ、最近は、支払明細書が来て驚くことがないように、買ってすぐにレシートにお金をクリップで止めておくことにしています。

以前は、明細書がきて、お金を工面していました。給料以上に使ってしまうこともありました。

翌月には払うのだからと、大体把握していたつもりでしたが、実際は把握できていませんでした。

小さい金額も積もり積もると1万や10万を超えてしまいます。

せっかくのボーナスも毎月の補てんのためカード払いに消えてしまいました。

節約はあったものではありませんでした。

自分のカード払いの全容を把握できていないのに節約どころではありません。

節約と思っていたことが結果赤字を招いていました。

最近になって、ようやく、給料の内訳を把握できるようになりました。

もう、だいぶ使ったから、これを買うのは我慢しようという気持ちにもなりました。

これも、カード払いですぐに現金をレシートに添付したおかげです。

若い頃、カード払いのレシートは取っておくものだと友人から言われました。

彼女自身、間違った請求が来たらということで教えてくれたと思いますが、今となれば、深い教えだったと思います。

目標をたてて、日々の食事からの節約。

節約するという事において、ある一つの事をするというのでは、なかなか難しいものがあります。

いろんな方法で、やっていく中で節約した結果が出るというのを実感します。

節約する上で、なんのために節約するのか又は、貯蓄するのか目標がはっきりしていると、さらに頑張れるというのが事実のようです。

私は子どもの学資と旅行の為の二つの目標で、節約および貯蓄をしているのですが、やはり夢を描けるものがあると我慢もできるようです。

一番大切なのは、出かけない事。

買い物も我慢して、出来るなら一週間に一度にするといいと思います。

安い物を買いにいくのはいいのですが、いらない物まで買ってしまいます。

それで私の場合、安売りの日などに一週間の食材を考えて行くのですが、メモ以外は買わないように努力しています。

たまに5日くらいでメインのものがなくなったりします。

その場合は、メインのもの、つまり肉や魚などをわざわざ買いに行くということはしないで、次に買い物を予定している日まで我慢をするのです。

家族全体で、野菜だけで過ごすなど、辛抱してもらっています。

私の知り合いで今はビルをいくつも持っている方がいるのですが、数十年前はご飯と梅干で暮らしたといっていました。

当時でもそんな人はいないでしょうが、やはり食べ物にかけるお金を減らすのが、節約の一歩のようです。

たまには外食もいいですが、ほんとうに、たまにしないとやはりお金がたまらないようです。

値下げ商品での節約と、個人年金での貯蓄

節約については、我が家は値下げ商品に大変助けられています。
最寄り駅構内に八百屋さんがあるのですが、夜になると見切り品ということで大変安い野菜が出回ります。例えば、人参4本入りで50円などです。
品質も値下げされていないものと比べてもそれほど劣化しておらず、十分美味しくいただけます。仕事帰りにチェックして帰るのが日課です。
仕事帰りの時間になると、スーパーではお肉が値引きされます。半額になっているものをまとめて沢山買っておき、冷凍庫に詰めています。1か月や2か月ぐらい経ってから解凍しても、美味しく安全にいただくことができます。

貯蓄については、個人年金を積み立てています。
今私は20代ですが、老後に年金がきちんと支払われる保証はありません。頼れるのは自分だけだと思っています。
毎月1万円、生命保険会社に個人年金積立として支払っています。60歳になった時から、割り増しで毎月還付される仕組みです。1年間で12万円の出費は、少々痛い金額ではありますが、働けない年齢になった時に増えて戻って来るのですから安心です。
子供が生まれたら家計の収支にも変化が出ると思いますので、様子を見てもし貯蓄にまわす余裕があれば、もっと金融商品の情報を収集して、良いものを活用し、賢く貯蓄したいと思っています。”

銀行ローンはカードローンと異なる

銀行で扱っている金融商品には、住宅ローンを始めとして、自動車ローンやカードローンといった様々な種類があります。中でも銀行ローンとして知られる目的ローンやフリーローンとカードローンは、大きな違いがあることを知っておくと良いでしょう。

カードローンは、審査時に利用限度額を設定して、何度でも借入れと返済を自由に繰り返せる特徴がありますが、自由度が高い分だけ金利も高く設定されています。一方、銀行ローンは利用目的が定まっている目的ローンと資金用途自由のフリーローンがありますが、利用希望額に対して審査を行い、証書貸付という方法で一度に融資を行います。

以後は完済まで元利均等返済を行なうので、完済を行なうまで追加借入れは出来ない仕様となっているわけです。追加借入れを行なうためには、別の融資案件として銀行ローンを組み直す必要がありますが、完済前の銀行ローンがある場合には、審査に通過することは難しいでしょう。

有担保ローンとは異なり、無担保ローンとしての銀行ローンは、低金利で融資が受けられる分だけ計画的に返済を行える人に限定して貸付が行われています。後から追加借入れを必要とせずに、低金利融資を受けたいならば、銀行ローンが適しているわけです。

野菜は買ってからさらに育てて食べて節約!

最近野菜が高いので、買ったものを育てて、増やせるだけ増やして食べることで節約しています。

私がやっているのは水耕栽培です。その名の通り水だけで野菜を育てます。再生栽培ともいいます。

ガーデニングみたいに土や鉢を用意しなくても手軽にできて便利。お部屋のインテリアにもなります。

やり方は、プラコップや空き瓶などの容器に野菜の再生する部分を入れて、少し水を張って、明るいところに置いておくだけ。

ときどき水を変えたり、根元のぬめりを取ってあげましょう。

これだけで、うまくすれば2倍は食べられます!

再生できる野菜は、ネギ、豆苗、三つ葉やカイワレ大根など。

にんじんや大根も、根元の部分を切ってつけておくと葉っぱが伸びてきます。

ネギや豆苗の根っこ部分はもともと捨ててしまうものですが、ここに残った栄養を余すことなく伸ばしてやるのです。にょきにょき伸びてくれるとなんだかうれしくなりますよ。

種から水耕栽培する場合は、レタスや大葉、ハーブ系などは初心者でも作りやすいです。

水耕栽培のいいところは、なんといってもお手軽なところ。

育てられる野菜があれば始められますし、使い終わって処分するのも簡単です。節約の一環として試して、はまったら趣味にすることもできます。

我が家では、長らくネギが半額です。

ぜひお試しください。

対価があってこそ、得られるものなのです

また、自分は若いと思い込みすぎないほうがいいように思います。
家庭医というか、かかりつけの病院は必要です。
そのほうが苦しみも少ないし、かえって安上がりかもしれません。
トータルに見ると、そっちのほうが安心感もあっていいのです。
気に入ったところを持つというのが一番です。
定期的に行っておかないと、行きづらいということがありますから、行きやすくするためにも、馴染んでおく必要があります。

節約というよりも、生き方という感じですが、苦しみということで考えると、やるやらないは大きいと思います。
いろいろな生活の場面で、相談相手を作っておくことが必要でしょう。
分野に分けておくといいですよね。すると、万能になります。

お金を払うといいですね。お金は払ってこそのギブアンドテイクです。
お金もはらわないで、いいアドバイスはありません。
それに、お金を払わずして、アドバイスをもらっても、それが、信用できないです。
無料はいい加減ですから。対価を支払ってこそ、責任も生まれるのです。

こう考えると、昔の格言で、タダより高いものはないということがわかりますね。
当然だと思います。相手も生活していかないといけませんから。適度の節約です。

食費を効率よく節約することで家計が助かる

節約で一番大事なことは、主婦にとっては、やはり毎日の食事代と電気、ガス、水道などの料金の節約になります。共働きで働いていたころは、やはり、時間が一番必要となったので、なかなか取り組むことは、出来ませんでしたが、現在は、主婦業なので、時間だけは、タップリとありますので、まず、食費についての節約を運動を兼ねて行っています。

 スーパーマーケットでは、肉の値段の値下げや総菜の値下げ、パンなどの値下げの時間が以外と店によって、決まっていますので、まず、その時間をねらって買い物をしております。特に肉などは、50パーセント値下げということも結構ありますので、やはり、半額になるのは、大きいです。もちろん、賞味期限は、後1日ぐらいなのですが、その日につかったり、次の日につかうのならば、問題ありません。それも午後の4時ぐらいに決まって値下げをするスーパーマーケットが近所にあるので、その時間で買い物を行いますと、夕食には丁度良い時間となります。魚は少し時間がづれますので買い物を行う日にちをづらします。もちろん時間があるので出来ることなのですが・・・。

 その他にも決まった日にちでお米の値引きや、日用品の値引きを行う店もあります。もう一つは冷蔵庫の品物の把握です。これは、レシートを冷蔵庫のトビラに磁石で止めておくことによってかなり効率的に出来ます。そばにボールペン1本必要ですが。

 毎日の食費について見直すことはかなりの節約となります。

水道代の節約は元栓を少し締めるだけ

“我が家の水道代は二ヶ月で5000円です。しかし、1年前は8000円でした。
この1年で私がした、水道代の節約術。それは水道の元栓を少しだけ締める、ただそれだけです。
一軒家でもマンションでも、玄関の外に水道の元栓があると思います。
元栓は締めすぎると水の出が悪くなり不便になるので、本当に少しだけ締めるのがコツです。
水道代を節約しようと思い立った時、自分でも水の出し過ぎに注意し、家族にも気をつけるように伝えましたが、
なかなか効果がありませんでした。
習慣というものは恐ろしいもので、洗い物をするとき無意識にレバーは一番上まで上げてしまう。
蛇口をひねる時もいつも同じ位置までひねってしまう。習慣になってしまっているものを意識して変えるのは至難の技です。
まして自分だけではなく家族にもそれを頼むとなると、その日1日は協力してもらえても、ずっとは続きません。
そこで私は大元から変えることにしたのです。
少し元栓を閉めたくらいでは、ほとんど生活に支障はありません。
全開までひねると水が跳ねてビショビショになるくらいだった水量が、全開でちょうどいいくらいの水量になるだけです。
さすがに、お風呂をためながら、家族の誰かがトイレを流し、ちょうどその時洗い物をしていると、水の出が悪くなりますが、
そのくらいなら水を使う家事の時間を調整すれば問題ありません。
家族全員が節約を特に意識しなくても、すぐに効果が現れ、本当にやってよかったと思います。
習慣を変えることも、家族に節約の協力をしてもらうことも、どちらもなかなか大変ですが、この方法なら今までの生活習慣のままで
節約ができるのでオススメです。”

服を整理して、買う枚数を減らしました

私は服を買うことが多く、家計にも響いていましたのでまず服を整理しました。全部収納から出して、着ていないものや、今後着る予定のないものは捨てました。整理していると要らない服がいかにたくさんあったかが分かりました。探していた服もタンスの奥から出てきて良かったです。

服を減らすことで収納にもゆとりができました。今まではその時その時で流行っているものを購入していましたが、整理した後は今あるものをベースに、少し買い足すだけにして被服費を減らしていこうと思いました。量を減らしたらその日着たいものがすぐに分かるようになって、余計なものを買い足さなくなりました。

今は安くても良いものもたくさんあるので少しずつ勉強していこうと思いました。自分に合った色を決めてなるべくその色に合った服をそろえるようにしたり、ボトムは無地で統一することでコーディネートしやすくなりますし、服を買う枚数も減らすことができると思います。主人も私が整理しているのを見て自分のものを整理してくれました。

自分の好きなことにはついつい財布のひもが緩くなってしまって、バーゲンだからいいだろうと買ってしまいがちですがこれからは気を付けようと思いました。

家計の仇・民家貸し出し

私の幼馴染の女性は、結婚して直ちに新居を建てました。それが著しい家屋なのです。オール電化のピカピカの高性能マンションで、3床建ての恐ろしく幅広い家屋でした。一度だけ訪れたとき、夫妻ふたりと赤ん坊だけでは如何にも広すぎるような気がしたのですが、それを読まれたのか「お子様を根こそぎ設ける真意なの」と言われました。

その宣言街、女房は時分を置かずに3人の子どもの女房となり、希望通りの「大きな家で家族話題な暮し」を楽しんでいるそうです。それはいいのですが、ある時疲れた面構えでぽつりと自身に漏らしたことには「強行して建てた・産んですはいいけど、実は融資が凄く一大の。」「長い我が家融資を組んだの?」と尋ねると、「はい、40年代」と言います。女房は旦那さんともども、フルタイムでキビキビ勤めるのですが、どんなに安定した収入であろうと、この先40通年も月我が家融資を払い続けると言うのは一大のだろうなあ…と思いました。

一方、自身は極めてちっちゃな中古の宴会我が家を購入しました。10年代とちっちゃな融資を形づくりましたが、最初の4年間で皆済に成功し、ほっと一息ついていらっしゃる所です。マイホームが狭いというのはそんなに泣きどころではなく、わたくしは非常に幸せし、のんびりとしたやりくりを楽しんでいます。親友は最適家ではありますが、それを維持するためにかなりの疲れをしているようで、会ったり話すたびに「無事故かな」と心配になります。

個々人のモラルといえばそれまでなのですが、それでも我が家融資というものの月々のプレッシャーを考えると、そこからさくっと脱出できたうちはハピネスであった、と思われます。