私は最近節約するために部屋のものを断捨離しました。

私は最近家の中がごたごたしているとあまり良いことはないと思って部屋の中のものを断捨離しました。そして来てもいない洋服たちをすべて処分したりメルカリにうったりして家の中をおお掃除しました。そうすることで節約する気持ちも前よりもふえたりしています。

ある本で読んだことがあるのですが、節約をするときにはまずは家の中のごたごたをしっかりと整頓しなければならないという事です。その理由は家の中のものというのはあまり使わない物があふれているとそれだけで意欲がかき消されてしまったりと色々と大変になるからです。

家の中が大変だという事はその分気を取られてしまって必要がないものまで買ってしまうという事があげられると思います。なのでこれから先節約していくためにも家の中にあるものは徹底的に処分していくことが大事だと思っています。その分メルカリなどで売れればお金が入ってきますので良いことだと思います。

私の実家がそうなのですがあまりものが捨てられないと家の中がゴミ屋敷になってしまってよいことはありません。なのでどんどん処分してしまう事ってとても大事なことだと思います。これから先節約をするためにもどんどん捨てていくというのも一つの節約方法だと思います。

食事や些細な事でも出来る節約術

節約したい節約しないといけないと思う方はこの現代では多いと思います。

ですが意識してするのは結構難しい事ですよね、ですので私が個人的に思う日常で出来る簡単な節約法(食事系)を簡単にまとめさせて頂こうと思います。

1,時には外食のほうが安い場合もある 節約というと自炊で食事を賄うというイメージがありますが基本はそうとも言えますが食べたいものによっては外食のほうが安い場合もあります

どういうことかといいますとお店の特色によるということです体に良いというコンセプトのお店では基本高く値段がされていますが逆を考えれば食べる量の多い方やとにかく今日は沢山食べたいという方を対象としたお店も勿論あります。

ご飯食べ放題や一部の卓上菜が無料など定量以上を食べたい場合はそういったお店を利用すれば満足感も節約も得られるということです。(肉類や惣菜類は食材によっては自炊のほうが高くつきます あくまで一人で食べる前提ですが)

2,買い出しするお店の特色を知ろう 自炊で賄う場合切っても切れないのがスーパーです近所に一件しか無いなどを除けば他店同士必ず意識した戦略を打ち出します。

ですのでこの店は必ずこれが安いと大まかに把握しておくと凄く献立が楽になりますのでなるべくなら肉ならこの店、野菜はここと決めてまとめて周るようにすると食材費が抑えられます

(ですが野菜は大抵八百屋さんが安いので近くにあれば利用するよう習慣つけると良いと思います)

3,安い食材で多く作る 食材が揃いいざ調理と言っても使う順番を決めておくと良いです

持ちが良い食材(根菜や肉類等)は余程必要でなければ次の日以降に調理する用で考えておきましょう。 足の早い食材は(葉物や魚等)すぐ食べるに限らず多めに調理しておいて余る分を備蓄するようにすると次の日以降のおかずが浮きます(火を通せば1,2日程度濃い目の常備菜なら密閉容器で3,4日は平気だと思います)

つまりは次の次まで見越して献立を作れば自ずと節約に繋がります

4,単純ですが格安の広告品は買う癖を付けましょう 使う自信が無いなら別ですが必ず必要になる物は結果お金が浮くので今はやめようと思うよりこの先の分が浮いてラッキーと思えるようにすると後悔も無く結局のところ得することが多いです。

如何でしたでしょうか?食事の些細な事でも出来る節約術を簡単にまとめてみました

以上の記事がお役に立てれば幸いだと思います

初歩中の初歩 スマホを使った節約方法

節約というとなんだか食費を切り詰めたり、新しい洋服やコスメを買うのを控えたりとちょっとキリキリしてしまうんですよね。

カブや大根の葉っぱは好きなのでよくお浸しやナムルにして食べるんですが、人参や大根の皮(だけ)を利用したメニューには抵抗があるんです。

単なる個人的なこだわりと言ってしまえばそれまでなんですが。

今回は私が実際にやっている(いた)スマホを使った節約方法を紹介します。契約しているのはドコモです。

【契約プランの見直し】

最も節約に貢献する部分です。通話時間とインターネットをどのくらい使うか、wi-fiをどのくらい使うか、などでプランを見直します。

見逃しがちなのが、契約オプションで初月~3ヶ月無料登録のアプリです。

登録すると本体や通信料が安くなる、無料期間経過後に解約しても割引は継続する、というものなんですが、

ろくに使わないアプリを契約して、使わないからこそ解約を忘れてしまうんですよね。

私、これでひと月あたり1000円近く損をしていました。

【ポイント】

ドコモのユーザーならご存じでしょうが、ドコモポイントを貯めます。携帯料金の支払いで貯まりますが、他にも方法があります。

docomoの提供するデリバリーサービスやネットショップ等を利用しても貯まりますが、

ポイントのために態々乗り換えたり新規で利用するのは馬鹿げています。

docomoからアンケートが配信されるので、それに解答するとポイントがつきます。大抵3ポイント以下ですが、時に50ポイント程の大盤振る舞いをするときがあります。

dポイントクラブのゲームでも貯まります。無料でエントリー出来る双六やルーレットです。ゲームの種類によっては「期間限定」ポイントが付与され、消費用途が限られます。

このポイントは残念ながら携帯利用料金には回せません。しかし、dカードがあればこのポイントを使って買い物ができます。

私はコンビニやマクドナルドを利用するときには、このポイントを使って代金を抑えています。お買い物でポイントも付きます。

正確には期間限定ポイントを指定して消費することはできません。期間限定ポイント、dポイントの順で自動的に消費されるので保有しているポイントの内訳を把握していれば問題ありません。

dポイントカードはdocomoユーザーでなくても登録ができます。利用可能店舗を調べて登録を検討してみてはいかがでしょうか。

年末年始はお金のいることばかり

年末にはクリスマス、年始にはお年玉、子供の誕生日と、沢山のお金が出ていく予定はありますが、入ってくる予定はありません。失業保険いただいていますが、足りるでしょうか。

よく自動販売機で、ジュースを買う事が多かったのですが、最近は少しでも節約するために、コンビニやスーパーで買っています。

一番良いのはディスカウントショップでの大量に買うのが安くつくかもしれません。

しかし、最近始めたことなので、冷蔵庫にストックしてあるジュースやお茶を忘れて外出してしまいます。

毎月20本の自動販売機を利用していたとしたら、毎月1000円前後の節約になります。

この節約方法を1年続けたら、年間12000円の節約で、ちょっとしたものが購入できます。

しばらくは、ジュース節約、頑張ってみようと思います。

後は、息子の節約の為にも、毎朝お茶を持たすだけで1日120円の節約で毎月3600円の節約になり、年間約40000円の節約になります。

お出かけの時にはお茶持参を母子で心がけているところです。

私も外出時お茶にすれば、もっと節約になるのですが、ジュースのような甘いものが飲みたくなります。

健康的にも気を付けないといけない年齢なので、少しでも節約して、少しでも稼いで、年末・年始を乗り切っていきたtです。

週末作り置きレシピで毎日ランチ代の節約になります

一人暮らしをしていたころ、食費や交際費がかさむのがいつもの悩みでした。そこで、少し時間のある週末にお弁当のおかずを作り置きすることで、ランチ代の節約や、平日の時短につながることに気が付きました。いつも平日の朝は5時起きで、集合住宅兼アパートに住んでいたので、毎朝ガサゴソと料理音をたてたり、においのするものを作ったりするのは気を遣っていました。しかし、週末に平日5日分の作り置きをすることで、毎朝近所に迷惑をかけなくて済みますし、なにより外食代が浮きます。

その頃は都内での勤務だったので、外にランチをするにしても一食800円前後・・・。いくら同僚との楽しいおしゃべりの時間でも、それが毎日続くと辛いものがありました。でも、週末に作り置いていたおかずをつめたお弁当を持参することで、毎月1万円くらいの節約になりました。同僚は変わらず外でランチをしていますが、仕事が終わった後でもお話できますし、だれもお弁当を持ってくることに文句を言う人はいません。作り置きのレシピをもと早く思いつけばよかったと思いました。職場には電子レンジもあり、自由に使っていいので、寒い冬でも温かいお弁当が食べられます。余ったおかずは、疲れた時の夕食にでも良いですし、週末作り置きは本当におすすめです。

給料日前3日間の節約術~”前払い生活”のすすめ~

ルールは簡単です。まず、普段お使いのプリペイド型マネーカード(アプリ)に生活費ギリギリ3日分の予算をチャージ(入金)します。おすすめはSuicaやPasmoなどの汎用性の高い交通系マネーカードですが、何でも結構です。また、必ずしも1つのカードに予算の全額を入れる必要はなく、いくつかに振り分けても構いません。そしてチャージが終わったら、3日間現金を一切使わず、マネーカード(アプリ)のみで生活する。たったこれだけです。

この方法の最大のポイントは、生活費を”前払いする”という点です。世の中には色々な決済方法がありますが、その種類は”前払い”(プリペイドカードやアプリ)、”その場で決済”(現金やデビットカード)、”後払い”(クレジットカードやキャリア決済など)の3つです。中でも”後払い”は未来の自分への借金であり、それに慣れてしまうと気づかないうちに生活を圧迫していきます。

3日間という達成可能な、短い期間の”前払い生活”を設定することで、払った分=身の丈に合った生活を実感することが出来、また、チャージの残高で節約の成果が確認出来るので、モチベーションも維持しやすく、おすすめです。慣れてきたら給料日前だけでなく、月に何度か”前払い生活”を取り入れるといいと思います。そうして残高が溜まってきたら、その分を貯蓄に回せば、より達成感が得られます。

塵も積もれば山となる

最近はキャッシュレスで荷物が少ない人が多いと思います。私もその一人です。毎日の荷物は、小さめバッグに小さなポーチとハンカチ、小説、これまた小さな財布のみ。荷物が小さくなり身軽になりました。以前は、厚めの長財布を持っていましたが、小さなバッグには入らなかったので小さな財布に変えました。財布が小さくなることで、中身もぐっと減りました。ただ、現金主義の私はどうしても毎日小銭が出てしまいます。端数を調整して支払うにしても、帰宅時には小銭でパンパンになる財布。

お気に入りの小さな財布が、小銭で伸びてかわいそうです。どうしたものかと考えていました。1か月考え続けて結論として、帰宅したら小銭を全部出すことにしました。帰宅したらすぐに財布から小銭を取り出し貯金箱に投入しています。そしてそれを、毎月まとめて小銭用貯金通帳へ入金しています。毎日数百円ずつの貯金ですが、ひと月経つと1~2万円ぐらいにはなっています。少額ではありますが、少しずつでも貯まっていく貯金通帳を眺めるのは至福の時です。使用用途も冠婚葬祭や臨時で出ていく費用としているので、いつ誰かの結婚式があっても参加できます!出ていくお金のことを考えてしまって、素直にお祝いができない、なんてこともありません。どんなに少額でも、塵も積もれば山となります!

ちりもつもれば山となる式節約術

目先の1円や10円も、それを何度も使えば結果的に100円や1,000円と言った金額になります。例えばクーポンで20円引きとなればそれを10回行えば200円も違ってくる計算となり、コーヒーを一杯150円で販売しているお店が130円のクーポンで20円もお得となればそれぞれ8回目には一杯無料でサービスを受ける事が出来ます。こうした計算を行う上で節約する形となれば、例えばエコバックを提示すると一回の買物で3円値引を受ける計算が出来ます。

これも毎日行うと30日で90円となり、結構な金額になっていきます。一回の取引はたいしたことが無くてもそれが続けばそのうち大きな金額に増えていくちりも積もれば式な節約は当然やって損はありません。買物をする人の知恵としても、今後消費税が上がればテイクアウトは8%のままであり中で食べると10%と言った仕組みになるそうです。同じ食事であってもこうなるとイートインを選ばない人が増えていくかも知れません。出来るだけ消費者は安い方向に逃げる傾向があり、そこを踏まえて考えてもやはり節約につながって行きます。まずは細かい事かも知れませんが、毎日行っている消費に関しての見直しも重要です。

お金を貯めたいなら○○をやめろ

みなさん、こんにちは!

最近お金がないな…と途方に暮れている筆者です。

さて、そんなお金のない私ですが、最近、いい話を聞きました。

誰でも「ある方法」を使えば、節約、貯蓄ができるのです!

(貯蓄が有り余っている人は投資に回すといいですね!)

これは実際に私の友人が試している方法で、

金額までは教えてくれませんでしたが、かなり余裕のある生活をしているとのこと。

私、思わず聞きました。「どうやってお金を貯めるの?」って。

そしたら、友人は「え?知らないの?」という顔で驚いていました。

いや知らないから聞いたんですよ!

「じゃ、特別に友人のよしみで教えてやろう」と

友人が言ってくれました。

まず、友人が最初に質問してきました。

「お前、貯蓄用の銀行は持ってるか?」と。

え、貯蓄用に銀行作るの?

友人の見解はこうでした。

「給料が入ってくる口座ひとつだけだったら、

そこに入っている金、全部使っちゃうだろ、

よほど欲しいものがなかったりでもしないと。

だから、まず貯蓄用の銀行に入れる額をあらかじめ決めておくんだ。

んで、給料が入った時に決めた額だけ貯蓄用の銀行に移すんだ。

そうしたら絶対に使わないだろ?」

確かに!お金はあったらついつい使っちゃうもんな・・・

このアイデアは知らなかった…

ちなみに「それでも使っちゃうなら定期預金のサービス使え。」

と友人は付け足してくれました。

そして、もうひとつ。

友人からこんな質問が。

「お前クレジットカード何回も使ってないか?」

ぎくっ。

「あのな、クレジットカードは借金と一緒なんだ。

次の月で入ってきたお金で返済してるんだ。

借金抱えたままお金に余裕が出るか?出ないだろ?」

はい、そうです…

「カードだからな、使いやすいのも分るが、

ほどほどにしとかなきゃいけない。

面倒でもコンビニに現金を払いに行け、

そっちのほうが節約になる。

現金が出ていく感覚が体に染みつくからな。

自然と無駄遣いも減るぞ。」

ありがとう、友人よ…

私、これから決められた額貯蓄して

クレジットカードは使わないよ…

さて、皆さんはどうでしょうか?

もし、思い当たる節があるなら、思い切ってやってみましょう。

私も頑張ります。

100円ショップはいきつけ!

私が行なっている節約方法はメイク道具を100円ショップで購入していることです。

一昔前であればただただ安いという理由だけで何か悪いものが入っているだとかすぐにダメになってしまうものがたくさんあるとかなにかと100円ショップのメイク道具は悪いイメージがありましたが今やそれ自体がもうありません。

むしろ100円ショップのメイク道具は雑誌でメイク方法を取り扱われているくらい注目されています。

もちろん小中学生のような若い女の子がメイクをしたくて買っていることがほとんどかもしれませんが私のような20歳を過ぎている大人でも十分綺麗に仕上げていくことが可能です。

例えば、ベースメイクだけでもコンシーラーやBBクリームやファンデーションなどさまざまですがどれもとても安いのでもし自分のお肌に合わなかったらまたすぐに買い換えることは可能です。

また、とても可愛く仕上げるチークだったりリップもあったりアイシャドーやアイライナーやつけまつげなどより綺麗なるために欠かせないアイテムがどんなに1つの値段が高くても216円ですみます。

さらに、この基礎となるメイク道具を全部買ったとしてもおよそ1000円あるかないかくらいで安く買うことができるのでこれからメイクしたい方にとっては必見です。