書き損じた年賀ハガキはどうしていますか!?

年始の挨拶といえば年賀状ですね!

しかし、メールやLINEで、年始の挨拶をする方も増えてきています。

メールやLINEだと、無料で挨拶ができるので、とてもお得なんですが・・・

やはり年賀状のほうが、より気持ちが伝わるんじゃないかと思います。

年賀状は1枚52円。

しかし、書き間違えや、プリントミスなどで、1枚を無駄にしてしまうことも少なくありません。

パソコンから印刷できるようになり、簡単に可愛い年賀状を作成できますが、パソコンやプリンターを使い慣れていないと、プリントミスをしやすいです。

私も、慣れない頃は何度もミスし、その度に1枚52円もする年賀ハガキが無駄にしていました。

皆さん、書き損じた年賀ハガキがゴミになって、52円も無駄になってしまった!

と、そのままにしていませんか?

実は、書き損じた年賀状ハガキ(ハガキも可)は、郵便局へ持って行くと、1枚5円の手数料を支払うことで、新しいハガキや切手と交換してくれるんです。

52円の年賀ハガキを2枚持って行くとします。

年賀ハガキ2枚の金額・104円から、手数料10円(5円×2枚)を引いた、94円分のハガキや切手と交換してくれます。

年賀ハガキを持って行く時期も大事です。

年賀ハガキにはお年玉がついています。

書き損じた年賀ハガキが、お年玉当選していないかをチェックしてから、郵便局へ持っていきましょう!

書き損じてはいないけど、使わなかった無地の年賀ハガキが余ってしまった場合はどうしたらいいの?

そんなときは、懸賞のプレゼント応募などに使用できます。

わざわざハガキを購入せずに、年賀ハガキも消費できるので一石二鳥です。

懸賞はしないという方は、金券ショップに売ってしまいましょう!

これで、書き損じても、余っても安心ですね!

住宅ローンの借り換えで、大幅な節約をゲット。

住宅ローンの借り換えで、お金の節約だけでなく、負債からの精神的負担も軽くなります。低金利は、現在底値状態と考えられますので、後は金利は上昇傾向に移行するだけです。したがって、このチャンスを掴んで、大幅なお金の節約に繋げましょう。

また、低金利時代にあって、輸入に関わっている企業の多くは、依然と続いているデフレによって、外国への設備投資を差し控えています。こんな状態にあって、銀行にとって大口ユーザの企業への貸付けが、深刻になっています。

そこで、各銀行はこのターゲットに替わるものとして、住宅ローンによる貸付の獲得に一生懸命です。こういった状況は住宅ローンの借り入れ者にとっても、たいへん有利な環境になっているわけです。したがって、今、住宅ローンの借り入れをしている人は、まさに、ビッグチャンス到来です。

銀行に行って、住宅ローンの借り換えの相談をすれば、たいへん親切に相談にのってくれます。相談次第によっては、規定の利率より、更に引き下げてくれる場合もあるそうです。そして、今までよりもかなり低金利の住宅ローンに借り換えをすることができます。この結果、利息が少なくなった分、住宅ローン返済総額はかなり少なくなり大幅な節約に結びつきます。

我慢と根性でお金は貯まる節約術

“節約”という言葉を聞いた時に、私は今まで主婦の豆知識のような小技を実践しないといけないものだと思っていました。

家事における消耗品などを、無料で手に入るレジ袋やゴミになってしまいがちなペットボトルで代用する、といった感じです。

しかし、一人暮らしを始めてお金だけではなく時間すらもないのだと実感した時に究極の節約術を私は見出したのです。

夫が生活費を稼いできてくれる主婦ならともかく、自分にしか頼れない一人身は暇な時間さえあれば働くか寝るかしかありません。

それですら生きていくためにはお金がかかる。

家賃、水道光熱費、通信料、保険料、税金、奨学金の返済で一ヶ月のお給料などすぐに消費してしまうのです。

その上で貯蓄を目指そうというのであれば、節約を試みるしかありません。

私が紹介するのはとても簡単で、我慢と根性さえあれば誰にでもできる節約術です。

大事なのは”買わないこと”と”しないこと”。

ペットボトルをリサイクルしてまた○○に大変身!なんていうのはペットボトルの飲み物を買わないと実現できません。

ペットボトルさえも買わずに浄水器にかけた水道水で我慢する。

暖房は使わずに毛布にくるまって我慢する。

楽をするために、所要時間を短縮するために人々はお金を使う傾向にあると思います。

急がば回れ、地道に努力さえすればお金は自然とたまってくるものです。

節約は地道に…「こつこつ」と!!

私が初めて、ひとり暮らしをしたのは、20歳の頃でした。少しでも、電気代やガス代、水道代など、出費を抑えたくて。私の節約生活が始まりました。

夏と冬では、使用する光熱費が変わってくるかと思います。冬場は、お湯を沸かすことに夏よりガス代がかかりますし、夏場はエアコンにたよりがちになります。ですので、少しでも光熱費を抑える為にしていた節約方法を、ご紹介いたします。

まず、冬場は、出来るだけガス代を使わないようにします。食事の後に、食器等を洗う際に、お湯を使いません。毎日の事ですので、塵も積もれば山となる。ささいな事が節約の道です。ただ、素手で洗うには、非常に冷たいですのでゴム手袋を使用します。そうする事で、手荒れ防止にもなりますし、ゴム手袋をはめる事で、冷たい水温をあまり感じません。

夜、就寝する時に、エアコンはつけません。湯たんぽを沸かして、布団の中に入れておけば、体の芯からあたたまりますので、エアコンを付けなくても、寒さに震えることはございません。朝になっても、やんわり温かいです。

夏場に、エアコンに頼ることは、最低限は必要だと思います。室内の熱中症もございますし。ただ少しでも、エアコン代を節約する為に、アイスノンを首に巻いて、体の熱を下げたり、過度に設定温度を下げないようにします。

まだまだ、節約術はございます。自炊をする。飲み会を控える。掃除機を使わず、ほうきとちりとりで、掃除する。ウェットティッシュ等は使わず、雑巾を使い、洗って使い回す。職場の昼食は、お弁当を持参する。仕事でもプライベートでも、飲み物を買わないように、水筒を持ち歩く等、日々の生活の中、地道にこつこつ「節約生活」慣れてしまえば、苦になりませんし、塵も積もれば山となる!と思います。

私は最近節約するために部屋のものを断捨離しました。

私は最近家の中がごたごたしているとあまり良いことはないと思って部屋の中のものを断捨離しました。そして来てもいない洋服たちをすべて処分したりメルカリにうったりして家の中をおお掃除しました。そうすることで節約する気持ちも前よりもふえたりしています。

ある本で読んだことがあるのですが、節約をするときにはまずは家の中のごたごたをしっかりと整頓しなければならないという事です。その理由は家の中のものというのはあまり使わない物があふれているとそれだけで意欲がかき消されてしまったりと色々と大変になるからです。

家の中が大変だという事はその分気を取られてしまって必要がないものまで買ってしまうという事があげられると思います。なのでこれから先節約していくためにも家の中にあるものは徹底的に処分していくことが大事だと思っています。その分メルカリなどで売れればお金が入ってきますので良いことだと思います。

私の実家がそうなのですがあまりものが捨てられないと家の中がゴミ屋敷になってしまってよいことはありません。なのでどんどん処分してしまう事ってとても大事なことだと思います。これから先節約をするためにもどんどん捨てていくというのも一つの節約方法だと思います。

食事や些細な事でも出来る節約術

節約したい節約しないといけないと思う方はこの現代では多いと思います。

ですが意識してするのは結構難しい事ですよね、ですので私が個人的に思う日常で出来る簡単な節約法(食事系)を簡単にまとめさせて頂こうと思います。

1,時には外食のほうが安い場合もある 節約というと自炊で食事を賄うというイメージがありますが基本はそうとも言えますが食べたいものによっては外食のほうが安い場合もあります

どういうことかといいますとお店の特色によるということです体に良いというコンセプトのお店では基本高く値段がされていますが逆を考えれば食べる量の多い方やとにかく今日は沢山食べたいという方を対象としたお店も勿論あります。

ご飯食べ放題や一部の卓上菜が無料など定量以上を食べたい場合はそういったお店を利用すれば満足感も節約も得られるということです。(肉類や惣菜類は食材によっては自炊のほうが高くつきます あくまで一人で食べる前提ですが)

2,買い出しするお店の特色を知ろう 自炊で賄う場合切っても切れないのがスーパーです近所に一件しか無いなどを除けば他店同士必ず意識した戦略を打ち出します。

ですのでこの店は必ずこれが安いと大まかに把握しておくと凄く献立が楽になりますのでなるべくなら肉ならこの店、野菜はここと決めてまとめて周るようにすると食材費が抑えられます

(ですが野菜は大抵八百屋さんが安いので近くにあれば利用するよう習慣つけると良いと思います)

3,安い食材で多く作る 食材が揃いいざ調理と言っても使う順番を決めておくと良いです

持ちが良い食材(根菜や肉類等)は余程必要でなければ次の日以降に調理する用で考えておきましょう。 足の早い食材は(葉物や魚等)すぐ食べるに限らず多めに調理しておいて余る分を備蓄するようにすると次の日以降のおかずが浮きます(火を通せば1,2日程度濃い目の常備菜なら密閉容器で3,4日は平気だと思います)

つまりは次の次まで見越して献立を作れば自ずと節約に繋がります

4,単純ですが格安の広告品は買う癖を付けましょう 使う自信が無いなら別ですが必ず必要になる物は結果お金が浮くので今はやめようと思うよりこの先の分が浮いてラッキーと思えるようにすると後悔も無く結局のところ得することが多いです。

如何でしたでしょうか?食事の些細な事でも出来る節約術を簡単にまとめてみました

以上の記事がお役に立てれば幸いだと思います

初歩中の初歩 スマホを使った節約方法

節約というとなんだか食費を切り詰めたり、新しい洋服やコスメを買うのを控えたりとちょっとキリキリしてしまうんですよね。

カブや大根の葉っぱは好きなのでよくお浸しやナムルにして食べるんですが、人参や大根の皮(だけ)を利用したメニューには抵抗があるんです。

単なる個人的なこだわりと言ってしまえばそれまでなんですが。

今回は私が実際にやっている(いた)スマホを使った節約方法を紹介します。契約しているのはドコモです。

【契約プランの見直し】

最も節約に貢献する部分です。通話時間とインターネットをどのくらい使うか、wi-fiをどのくらい使うか、などでプランを見直します。

見逃しがちなのが、契約オプションで初月~3ヶ月無料登録のアプリです。

登録すると本体や通信料が安くなる、無料期間経過後に解約しても割引は継続する、というものなんですが、

ろくに使わないアプリを契約して、使わないからこそ解約を忘れてしまうんですよね。

私、これでひと月あたり1000円近く損をしていました。

【ポイント】

ドコモのユーザーならご存じでしょうが、ドコモポイントを貯めます。携帯料金の支払いで貯まりますが、他にも方法があります。

docomoの提供するデリバリーサービスやネットショップ等を利用しても貯まりますが、

ポイントのために態々乗り換えたり新規で利用するのは馬鹿げています。

docomoからアンケートが配信されるので、それに解答するとポイントがつきます。大抵3ポイント以下ですが、時に50ポイント程の大盤振る舞いをするときがあります。

dポイントクラブのゲームでも貯まります。無料でエントリー出来る双六やルーレットです。ゲームの種類によっては「期間限定」ポイントが付与され、消費用途が限られます。

このポイントは残念ながら携帯利用料金には回せません。しかし、dカードがあればこのポイントを使って買い物ができます。

私はコンビニやマクドナルドを利用するときには、このポイントを使って代金を抑えています。お買い物でポイントも付きます。

正確には期間限定ポイントを指定して消費することはできません。期間限定ポイント、dポイントの順で自動的に消費されるので保有しているポイントの内訳を把握していれば問題ありません。

dポイントカードはdocomoユーザーでなくても登録ができます。利用可能店舗を調べて登録を検討してみてはいかがでしょうか。

年末年始はお金のいることばかり

年末にはクリスマス、年始にはお年玉、子供の誕生日と、沢山のお金が出ていく予定はありますが、入ってくる予定はありません。失業保険いただいていますが、足りるでしょうか。

よく自動販売機で、ジュースを買う事が多かったのですが、最近は少しでも節約するために、コンビニやスーパーで買っています。

一番良いのはディスカウントショップでの大量に買うのが安くつくかもしれません。

しかし、最近始めたことなので、冷蔵庫にストックしてあるジュースやお茶を忘れて外出してしまいます。

毎月20本の自動販売機を利用していたとしたら、毎月1000円前後の節約になります。

この節約方法を1年続けたら、年間12000円の節約で、ちょっとしたものが購入できます。

しばらくは、ジュース節約、頑張ってみようと思います。

後は、息子の節約の為にも、毎朝お茶を持たすだけで1日120円の節約で毎月3600円の節約になり、年間約40000円の節約になります。

お出かけの時にはお茶持参を母子で心がけているところです。

私も外出時お茶にすれば、もっと節約になるのですが、ジュースのような甘いものが飲みたくなります。

健康的にも気を付けないといけない年齢なので、少しでも節約して、少しでも稼いで、年末・年始を乗り切っていきたtです。

週末作り置きレシピで毎日ランチ代の節約になります

一人暮らしをしていたころ、食費や交際費がかさむのがいつもの悩みでした。そこで、少し時間のある週末にお弁当のおかずを作り置きすることで、ランチ代の節約や、平日の時短につながることに気が付きました。いつも平日の朝は5時起きで、集合住宅兼アパートに住んでいたので、毎朝ガサゴソと料理音をたてたり、においのするものを作ったりするのは気を遣っていました。しかし、週末に平日5日分の作り置きをすることで、毎朝近所に迷惑をかけなくて済みますし、なにより外食代が浮きます。

その頃は都内での勤務だったので、外にランチをするにしても一食800円前後・・・。いくら同僚との楽しいおしゃべりの時間でも、それが毎日続くと辛いものがありました。でも、週末に作り置いていたおかずをつめたお弁当を持参することで、毎月1万円くらいの節約になりました。同僚は変わらず外でランチをしていますが、仕事が終わった後でもお話できますし、だれもお弁当を持ってくることに文句を言う人はいません。作り置きのレシピをもと早く思いつけばよかったと思いました。職場には電子レンジもあり、自由に使っていいので、寒い冬でも温かいお弁当が食べられます。余ったおかずは、疲れた時の夕食にでも良いですし、週末作り置きは本当におすすめです。

給料日前3日間の節約術~”前払い生活”のすすめ~

ルールは簡単です。まず、普段お使いのプリペイド型マネーカード(アプリ)に生活費ギリギリ3日分の予算をチャージ(入金)します。おすすめはSuicaやPasmoなどの汎用性の高い交通系マネーカードですが、何でも結構です。また、必ずしも1つのカードに予算の全額を入れる必要はなく、いくつかに振り分けても構いません。そしてチャージが終わったら、3日間現金を一切使わず、マネーカード(アプリ)のみで生活する。たったこれだけです。

この方法の最大のポイントは、生活費を”前払いする”という点です。世の中には色々な決済方法がありますが、その種類は”前払い”(プリペイドカードやアプリ)、”その場で決済”(現金やデビットカード)、”後払い”(クレジットカードやキャリア決済など)の3つです。中でも”後払い”は未来の自分への借金であり、それに慣れてしまうと気づかないうちに生活を圧迫していきます。

3日間という達成可能な、短い期間の”前払い生活”を設定することで、払った分=身の丈に合った生活を実感することが出来、また、チャージの残高で節約の成果が確認出来るので、モチベーションも維持しやすく、おすすめです。慣れてきたら給料日前だけでなく、月に何度か”前払い生活”を取り入れるといいと思います。そうして残高が溜まってきたら、その分を貯蓄に回せば、より達成感が得られます。