3月から原材料の値上げで家計の打撃が

今年の3月に入り、いつも通っているうどん屋さんに行くとなんとそのうどんが700円で提供していたのがなんと900円になっていました。200円もの値上げはとても驚きましたが、原材料の高騰によるもので家計に打撃が大きくなることは必至の様です。

こう言った状況を踏まえてまず考えなければいけないのが、やはりクーポン券などを使って少しでも食事のかかる費用を抑える方法を身に着ける事だと考えます。一方的な値上げに対してはいと納得するだけではとても良い選択だとは言えません。

家計を守る人にとっては当然かかるコストを少しでも軽減しなければもらえる給料は全く増えない状況で頭を抱える場面も増えそうです。こうした家計の困難な状況に陥っている人にとっては原材料の値上げは痛手になっています。

ここでどうしても自分を守る意味でもお得な情報をアンテナをはってしっかりととらえる事も重要です。特売日にだけ買い物をするなどでも随分違って来たりしますし、お得なものを常時ゲット出来る様に安い食料品を取り扱うスーパーを探しておくことも重要です。企業も競争であり価格はどうしても上げる事が避けられない状況でもあります。そこを踏まえて考えて行ければと思います。

健康はお金に直結する大切な要素

体が健康であれば、結果的に仕事が出来る体であり健康はそこでお金を生み出します。一度健康を害してしまうと病院にかかってしまいそこで費用の負担が増えたりするので結果的に病気になればやはりお金が出て行ってしまいます。

健康は当然重要であり健康な体で生活をする事が壱番好ましい状況といえます。しかしその健康も一人一人の心がけが大切ですが、生活が乱れてしまえば一度病気になったりする状況です。生活習慣病として取り上げられる部分も、普通に生活を送っているだけで病気に近づいてしまう事も考えられます。

そうならない為にはまず自分自身が運動をしたり生活の中で甘いものを控えるなどそこを考えながら生活を送る事も必要です。健康イクオールお金に直結するはやはり正しい事であり、毎日の生活の中で必ずこうしなければ健康を害してしまう行動を出来るだけ少なくする事も必用です。

栄養が偏ったり、睡眠時間が少なくなったりとやはり色々な問題がその人それぞれに起こります。普段の生活の中でやはり少しでも健康でいるための努力はやはりする必用があります。栄養や運動などはその人の考え方で少しは改善することが出来ますし、そこで病気から遠のいて暮らせます。

空にする

最近は冷蔵庫を空にすることに努める

旦那が経済DV を行っているので

おやつにゆで玉子なんていうのもありだ。

昔は手作りおやつもよくしていたが、今は暇もないので、小麦粉を水でとき、カツオ粉と青のり醤油でもんじゃみたいにして焼いて食べる

やる出すとアイデア勝負になるのも性格上合っている

これで大好きな昼ランチをやめて即家帰り

これで約5000円は浮かしている

現金をもつのも前はもってないと不安だったが家に金庫を用意しそこにお金をストック

家に帰れば現金があると思い、外で余計なものは買わなくなった

経済DVは屈辱的だが、精神的に勝っていると自負している

むかしのひとはこういうので乗りきったんだろう

そもそもうちは結婚当初から旦那が家計管理をしていた

でも、娘が高校受験生の時にもうお前には生活費やれないと一言いい、もう三年目だ

旦那が突然無職になったのは 東日本大震災の一ヶ月後

そのあとしたのは100万かけて英会話

30万かけてゴルフレッスン

私たち家族はそのときから、なんでそんなものにお金使うの?攻撃をくぐり抜けやりきってきた

でもさすがに生活費やれないは苦しい

でも、子供がいる。食わさねば

生きていかねば。腹が据わるとことが決まる。

そっからじり貧と惨めさに泣きながら生きています。

ファッションの節約にリサイクルショップが役立つ

私はもともとアメカジの古着が好きで、アメリカなどの海外から買い付けてきている古着屋で服を買っていました。

しかし田舎に引っ越してからは近くに古着屋などはなく、普通のショップで新品を買ってもあまり満足はできずにいました。

そこで思いついたのがリサイクルショップです。リサイクルショップはどこの町にもたくさんあり、私が住んでいるところの近くにもいくつかあります。

そしてその安さに驚きました!よっぽどの人気ブランドでなければ、ひとつ千円以下で買えるのです。ファッションのコーナーが充実している店舗なら品揃えはとても豊富で、どれにしようか目移りしてしまいます。

たまにセール品コーナーに、ノーブランドの物に紛れて、自分の好みのブランドがあったりするとすごく得した気分になります。リサイクル品の山の中から掘り出し物を見つけることは、結構楽しいです。

店のスタッフが全然声をかけてこないのもうれしいところ。気兼ねなくゆっくり探したり試着したりできます。

また自分の着なくなった服を買い取ってもらえるのも良いです。そんなにたいした金額にはなりませんが、捨てるよりは断然マシだと思います。

リサイクルショップを活用するようになってから、ファッションに使うお金をだいぶ節約できています!

今日は、お年玉を子供の口座に貯金してきました。

今日は子供名義の通帳に年始にもらったお年玉を貯金してきました。とてもたくさんいただいたので、本当は私が使ってしまいたいくらいだったのですが、子供たちの将来のために蓄えておいた方が良いかなと思って二人息子それぞれの通帳に貯金してきました。とてもたくさんいただいたというのは事実で、義理両親と実家の両方に帰省したので、その分沢山いただけました。まず義理実家では義理の祖母と義理の父母と義理の弟からそれぞれいただきました。そして実家でも、祖母と父母と妹夫婦にそれぞれいただきました。

なので結局たくさんいただいたことになりました。今までで最高の額を頂いたと思います。一気に通帳に記帳したので誰からいくらもらったかというのがわからなくなってしまうので、私はいつも通帳に薄く誰からいくらもらったと書いてあります。そして、将来子供たちが成人した時にその通帳を渡すのが私たち夫婦の予定になっています。実を言いますと私自身もそのようにお年玉を私の通帳にずっと貯金しておいてくれて、それを高校生になったときに通帳ごと私が管理しなさいという事でもらった経験があります。今まで蓄えてきていた額がとてもたくさんあったのですごいなと思いました。

節約するかしないかで1ヶ月の貯金額が変わります

一番、節約し易いのは食費です。これを、節約するために、私はスーパーなどの安い日に、お肉などを1週間分買いだめします。野菜も安い日にいっぱい買って、肉は全部冷凍

して、野菜も冷凍可能なものは冷凍します。やはり、毎日スーパーに行くと無駄なものを安いからとか言って買ってしまうので、なるべく、まとめ買いがおすすめです。それを実行すると、1ヶ月後財布に、節約前より多くお金が残っているのでテンションが上りやる気が出ます。電気代だと、エアコン代は4時間位で戻ってくるなら消さないでつけておいたほうが電気代かからないと聞いたので実行してます。洋服は、欲しいものを見つけたらすぐ買わずに、似たような服がないか中古の服屋さんに行きます。トレンドのものだと

ちゃんと中古ショップにも今の流行として置いてあることが多いんです。だから、すぐ買わず中古で似たような服を見つけられたらすごく節約にもなるし、お得感がめちゃくちゃ

湧いてきます。もう着ない服や、バッグなどなんでも、要らないものは売っちゃいましょう。今は、携帯から簡単に売ることができる時代です。そういうところは、上手く利用して売れたらラッキーくらいな気持ちで売っちゃいましょう。物も断捨離できるし、少しのお金にでもなったら最高です。

食費・生活雑費はネットスーパーで節約

私はネットスーパーを使うことによって食費、生活雑貨のお金の管理が出来るようになり節約することが出来ています。私の家族は旦那と0歳の赤ちゃんと3人暮らしです。1週間で1万円までと決め、お金を別にしています。車があれば休日に旦那さんとまとめ買いも出来ますが、我が家には車がないため1週間分をネットスーパーでまとめ買いをします。

実際には6?8千円分を購入し、残りを足りない分の買い出しと私のお小遣いにあてています。どうしてもスーパーやドラッグストア雑貨店に行くと、お買い得品や新商品が目に付き買ってしまいます。なので極力スーパー等に行く機会を減らすようにしています。ただ買い物好きなとしての欠点として、自分の目で選んで買えないというのは少し不安があり、買い物の楽しみが減ってしまいます。

しかし、買った食材の中から料理を考えて作る、また週の終わりは残り物で料理を考え作ると言う新たな楽しみが出来ました。また私は0歳の赤ちゃんの育児中な為、お米や調味料などの思い物、赤ちゃんのオムツを玄関まで持ってきてくれるのはとてもありがたいことです。また私が使っているネットスーパーは5千円以上の購入で送料が無料になり、代引きでも手数料がかかりません。

まとめ買いをすることにより、余計な物を買わず、1週間で1万円以内と決めたことによりお金の管理をする事が出来、節約できています。

どんなに疲れていても自炊

一人暮らしの節約についての体験をご紹介します。一人暮らしだと、自分の好きな様にお金を使い、貯金ができますが、仕事の疲れで、どうしても自炊が面倒臭くなってしまい、安いお店で買ったり、飲食店で食事を済ませたりする事が多くなります。しかし、一回に使う金額は安くても、それを30日間分計算すると、思った以上に良い金額になってしまいます。しかし、毎日自炊をすれば、かなりの金額を節約する事ができます。仕事で疲れていますが、私はただ自炊するだけで無く、やり方を工夫してみました。

まず、夜遅くに帰って来たら、夜ご飯を作りますが、その時に、多めに作ります。そして、夜ご飯を食べる前に、お弁当に詰め込み、冷蔵庫に入れておきます。一人前も二人前も、料理の時間はほとんど変わらないので、お昼ご飯を作る時間を節約できます。そして、朝はパンなどの簡単な食事で済ませ、足りなかったらバナナやチーズなどのすぐに食べられる物を食べます。疲れていても、夜に一日多めに料理をするだけで、時間もお金も節約できます。朝は、冷蔵庫からお弁当を取り、そのまま職場で電子レンジがあれば、温めて食べる事ができます。もちろん、本当に疲れている時は、外食をしても良いですが、毎日自炊を心がけて生活している時と、外食に頼っていた時では、一万円近く節約できました。

同じものを食べたり自炊をきちんとやるだけで違います

やはり節約といえば食費をいかに減らすかということなのですが、個人的にやるとしたら同じものを食べたりすることをおすすめしたいです。まぁ、味変とかさせてカレーとか肉じゃがとかを多めに作ってそれを食べ続けるだけですが、地味に食費を減らすことができる効果的な方法です。

カレーなどであれば、カレーうどんやパスタにかけるとった麺類への応用もききますし、チーズやたまごを入れるといったことで簡単に味を変えることができるのであきることなく食べられるのでおすすめです。

さらに、自炊といっても無理をすることはなくて、ごはんをまとめて炊いてみたりぐらいのことで全然対応可能です。ごはんがあるというだけで無理にお金を使わずに済みます。あとはおかずをちょっと買い足していけば、一人暮らしでそんなに現金を使うこともありません。ごはんが面倒ならば冷凍麺などの常備だけでもかなり違います。冷凍麺ならば、冷凍食品は安い時に一気にまとめ買いすることもできますし、レンジで温めるだけで食べられるので時間もかからずにお腹を満たすことができます。個人的にとにかく食費は削れるところが明確なので、無理のない範囲で前倒しにいろんなことをやっておくと無駄なお金を使わずに済みます。

お湯を蛇口から出す時の水について。

最近やっと涼しくなってきましたね。

涼しくなると、お湯を蛇口から出す時の、お湯になる前の水の量が増えてしまいます。

暑いと水道管が温まっているからか、すぐにお湯になってくれますが。

むしろ、お水を出したくてもお湯がでるくらいです。

なんとか、お湯になる前の水を流しっぱなしにするのがもったいないです。

我が家には生後3ヶ月の赤ちゃんがいます。

赤ちゃんは1日一回、沢山のうんちをいっぺんにするので、おしりふきでおしりをきれいにすると、かなりの枚数を使う上に、ふきのこしの不安があります。

誤爆して、オムツが無駄になってももったいないです。

なので、外出しているとき以外は洗面器にお湯を溜めておしりを洗います。

そのときに流す、お湯になる前の水が最近もったいないと感じていたのです。

なので、赤ちゃんがうんちをしたら、片手鍋を2つ持って洗面台に行きます。

お湯が出る前の水をそこにためて、お湯になったら洗面器にお湯を溜めて赤ちゃんを洗うようにしました。

溜めた水は、私が飲んだり、鍋にいれてるので、そのまま料理に使ったりします。

今月から始めたので、水道代の節約になっているかはまだわかりませんが、今から少しだけ料金をみるのが楽しみです。