小さなことからコツコツと

最近はゴミ袋を有料化している自治体も多く、日々のゴミの分別、捨て方も小さな節約に繋がります。分別に関しては本当に自治体ごとに差があるので、こうすれば節約になるという方法も千差万別ですが、リサイクルで出せるものはしっかり分別するだけでもゴミ袋に入れられる量は全然違ってきます。プラゴミも回収方法が様々ですが、トレーなどは買い物をした店舗で回収している場合が多いし、そういったことを利用するのは家計にやさしいだけでなく、税金の無駄遣いを減らすことにも繋がるので積極的に利用したいところです。

卵や豆腐のケースなども燃えないごみとして出さなければいけない場合は嵩張ってしまって容量ばかりが増えがちです。捨てるケースもゴミ箱として活用するか、有料のゴミ袋を無駄なく詰めきるためにカットするか、方法は色々あります。そんなことをしている自分って・・・と思っていては節約なんてできませんから面倒でもそんな積み重ねでゴミ袋代の節約にも繋がっていきます。収集所で見掛けるゴミ袋の中には、その紙を紙類としてリサイクルに出せば半分になるのにというものも見かけることが少なくありません。勿論、ゴミ出しに節約を求めない人もいるし、言い出したらキリがないことですが。大きなものも捨てるときのことを考えると選択肢が変わってきて、それが節約になることも少なくありません。