節約料理はまとめて煮て、別料理に変身

食材をまとめ買いするのと、毎日決めた額を持って買い物に行くのと、一体どちらが節約になるかは、それぞれだと思います。

時間があれば、千円持ってスーパーに毎日行った方が良い場合もあります。

しかし、仕事をしていると、なかなか難しいことか多いですよね。

そんな時、まとめ買いした食材で、晩ご飯のメニューを複数準備する方法を教えてみました。

まずは、カレーにする場合。

カレーの材料は、ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎの野菜は基本です。

これって、肉じゃがやポテトサラダの材料でもありますよね。

だから、多めに準備した野菜に火が通ったら、別鍋やボールに取り分けてしまいます。

今夜はカレー、明日はポテトサラダ、明後日は肉じゃが。

ポテトサラダの日はメインを別に考えなければいけませんが、3日分の晩ご飯の一部は準備出来てしまいます。

肉じゃがは、しっかり味がしみ混むので煮てしまってもいいし、あっさりが好きなら当日味付けをしてもいいです。

ちなみに、我が家は薄味で煮ておいて、当日調整します。

また白菜料理なら、初日はお鍋、次の日は鳥のささみと白菜のクリーム煮などにします。

これも、材料が被っていますが、味付けが全く違うので、苦情が出たことはありません。

毎日イチから作る手料理も素敵ですが、翌日残り物を食べるよりも、同じ食材だけど違う味付けの方が家族には喜ばれます。

途中の手間を省いただけですが、野菜を無駄無く使う料理で、食材だけでなく、ガス代や電気代も節約出来ますよ。

同じサービスを受ける上での節約の手段について

私がある程度身に付けている、同じサービスを受ける上での節約の方法について記します。

まずは私の趣味である旅行についてです。身軽な立場であるから出来ることでもありますが1泊の旅行は金曜日に休暇を取得して金・土で行くことが多いです。そうなると宿泊費が土・日に比べて安いケースが多いです。また、帰りの時間を工夫すれば無用な渋滞に巻き込まれる可能性が軽減されるため、結果的に現地での時間を多く費やすことが出来て時間に見合った旅費を安く済ませることが出来るという見方をすることも出来ます。

次に身近にある生活の中での節約です。まずは映画などのエンターテインメントです。毎月1日は映画の日として通常1800円のところを1100円で鑑賞することが出来ます。公開されてから少し我慢するかもしれませんが1日に照準を合わせることで安いチケットで鑑賞することが出来ます。また、食品については最寄りのスーパーで、値下げを開始する時間をチェックして、その時間に合わせて買うこともあります。また賞味期限が近付いているだけで安全上問題無いと判断した食品は割引されているものを手に取ることも多いです。あとはまとめ買いです。夏場のビールなど、ほぼ毎日消費するようなものは単品で購入するのではなく、まとめて購入することで1本あたりの単価を下げるように考えています。

私が実施している節約術は以上のようなことです。サービスの需要が高いときは価格が高く、低い時は価格も低くなることを常に意識しています。旅行にせよ、身近な物の購入にせよ、ちょっとだけタイミングをずらすことが節約につながることを日々の生活の中で実感しています。

普段からやっている私流の節約法

私は現在専業主婦をしていて

自分で自由に使えるお金があまり無いため、

節約をして旦那さんの貯金を

少しでも増やすことに専念しています。

普段から行っている2つの私流の節約を紹介します。

〈 食費は月3万円〉

旦那さんと私の2人暮らしのため食費は毎月3万円です。

個人のお財布と食費のお財布に分けて使用しています。

買い物は極力毎日行くようにしていて、

買い物に行く前に献立を決めてから買い物に行っています。

ちなみに毎月食費は3万円なので

大体1食500円の計算です。

食費専用のお財布にしているため

「使いすぎた」「今月は余裕」などが一目瞭然なので

無駄使いがなくなります。

1ヶ月が終わり、余ったお金は

私がお小遣いとして貰っているので

節約にも力が入ります!!

〈 タオル類はお風呂のお湯で…〉

私の家は毎日洗濯機を2回回します。

1回目は衣類、2回目はタオル類です。

1回で使う洗濯の水の量ってお風呂のお湯半分位

使ってるってご存知でしたか?

なので、私の家では節水の為

タオル類の洗濯は

お風呂の残り湯で洗っています。

洗濯機を購入した時に付いてくる

付属のホースを使用することで

手間も省け、ゴミも1箇所に集めてくれるため

綺麗な水に近い状態です。

お風呂のお湯をオケですくって洗濯する事は

あまりおすすめしません。

無駄な支出はメモの長年入手ツアーメモリーで未然に防ぐ

最近は、自身実証の実録の提示がなくてもキャッシングの申し込みができる店頭が増えてきています。それほどクレジットカードを発行して掛かる会社では、自身実証の簡素化が進んでいて、相手方の持続を用件に援助内容の好転の手段として、提示実録を少なくしているようです。

専用のアプリケーションをタブレット照準に開発して、ガイドブックに沿ってプロセスをすれば、いつしかキャッシングの適用請求が終わって掛かるというバリエーションもあったりします。
その場合に、自身実証実録をもたらすときは、タブレットのカメラ実行を使っていて、台の上に置いた認可などを記録すれば数値が店頭側に訪れるという画期的な仕組みを採用している部分もあります。

クルマを運転しない皆様の場合には保険証などを提出することになりますが、映像セットでないと相当実録として受理されないケースもあります。

そんなときに便利なのが、行政が発行しておる一般人初心台帳カードだ。数値百円程度の手間賃を支払えば、公的な証明書として映像セットのカードを決めることが可能になります。

認可が乏しいほうが公式実録として名前証を提出する際には、非常に使い勝手が良く、キャッシングの請求に関してもライセンスとおんなじ取回しになりますから、1枚発行しておくと良いでしょう。

縮小にはやっぱりネット銀行

省エネや貯金となると力強いのは、やっぱインターネットバンクだ。
出たてのあたりより利回りは落ちたものの、普通の銀行に比べると依然高めです。定期への現象も手広く、10万円を半年いれるだけで利回りが他よりいいことがおおいだ。

貯金や省エネの敵手は無駄遣いや浪費だ。私の場合は、敢えて支店の少ないおろし難いネット銀行に貯蓄してある。そのため、蓄えを降ろさないといけない一定額以上の配達は自然と躊躇するようになりました。著しくしっかりとした意欲で省エネとれるパーソンは別ですが、何となく配達をしてしまうたぐいのパーソンにはオススメだと思います。

あんまり自分が利用しているのは、マイルの貯まるネット銀行だ。
マイホームがエアーの寸法なので、引き落としや賃金振り込みでマイルの貯まる銀行を選びました。無論、劇的に省エネもらえる!というわけではないですが、8回に一括くらいの割合でただで利用できているので、ずいぶん助かっています。早割使って空いている時分を狙えば、自分と幼児の取り分くらい浮くので、観光が異性にもいいと思います。
他にも、引き落とし取り分に比例して元金還付エレメントが付くなど、普通の銀行にはないプレゼントがおおいだ。中心バンクの移転は駄目でも、貯金案件などは移行してみるのも手だと思います。

食費を削って、貯えをしています

私は独り暮しをしているのですが、低減をして移動を考えています。そして、その中でも食費の低減が一番簡単で一番削れるので1円でも手広く安く生活できるとガンガン楽しくなっていきます。ちなみに、常にスーパーのチラシなどを見ながら1円でも安っぽいおショップを探しています。

物によっては100円ショップなどのほうが安っぽい場合もあるので私の場合はやりくり簿をつけて銘柄と物のコスト、いつのスーパーで買ったかまで目録化して卵を貰うおショップ、おアメリカを貰うおショップ、野菜を貰う会社などを各回整理して買っています。そして、私はたえずメインは最寄りのスーパーではなくて食堂の働き手などが並べる業務用のスーパーに行って食べ物を大量購入しては蓄積をしています。パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的に私は仕込みして全額冷凍していました。そのほうが、長く物を使えるし、各週一時払い大量習得をして、これをゼロ週で尽きるという風に考えて生活しています。

おかげで食費が独り暮しですが、食費は1か月5000円ですむようになりました。それまでは、コンビニエンスストアのお弁当やら、お副食を買ってばかりで外食もいれれば1か月みずから4万円以上かかっていました。なので、1か月3万円以上低減になりました。ほかにも、低減はしていますが、むしろ一番食費が削れて逆に暮らしを考えるようになったので、健康にも良くなりました。

無理のない節約

この前ぼーっと見ていたテレビで節約の特集がしていました。該当インタビューではトイレの水を1回で流さない!など驚きの回答がありましたが仮に4人家族で1日5回トイレの水を流すのが節約できたとすると1カ月当たり約108円の節約になるそうです。108円ときくとイマイチな気もしますが、1年続けると約1300円の節約に!慣れてしまうと平気なのですかね。

さてさて、我が家では無理のない節約を心がけています。特段に生活がカツカツというわけでも貯蓄が全くないというわけでもないのですが、お金はあるに越したことがありませんし、将来なにがあるかわからないので、できることなら日ごろから節約を心がけ、楽しむところは楽しみたいですよね。そして節約といっても無理をせず、日本人ならではのもったいない精神を形にしていくと自然と節約につながります。

例えばスーパーの買い物の時のレジ袋などは最近では有料もしくはレジ袋を断ると割引をしてもらえたりするのが当たり前になってきました。レジ袋はあっという間にたまっていくものなのでスーパーぐらいもらわなくても生活できるし、ゴミも減らせます。それから外出する際の飲み物をマイボトルで持参するとペットボトルや缶のゴミも減らせるし、飲み物代もうきます。水や電気も気が付いた時にきちんとOFFにするだけで環境に優しいし、節約になります。

無理のないもったいない精神を貫き通すことで自然と節約していきましょう。

冬の電気代の節約方法について

公共料金の中でも特に季節によって変動が激しいのが電気料金だということが出来ます。夏と冬をいかに電気代の節約をするのかが家計の出費を抑える上で重要なポイントだということが出来ます。

冬の場合はまずエアコンを出来るだけ使用しないことが大切で、その為に部屋を温かくする工夫をしましょう。部屋にカーペットをひいたり、分厚いカーテンを付けるだけでも違ってきますし、隙間風などが入らないようにきちんと隙間を埋めておきましょう。

さらにエアコンよりもコタツの方が電気代はかからないので、コタツをメインに使用し冬は夏より少しだけ早く寝るように心がけましょう。朝晩は特に冷え込むので起きていればそれだけ電気代がかかります。あと湯たんぽを使用するのも1つの手だと言えます。女性に多い冷え性は特に手足がなかなか温まらないので部屋の温度が寒いと感じてしまいます。だから真っ先に湯たんぽで足さえ暖めてしまえば多少の寒さは我慢できます。

それと部屋着をしっかり着込むことと、靴下で足を家の中でもガードすることが電気代の節約に繋がります。またホットドリンクを飲んで体内から暖まるという手もありますし、特に生姜を使用したドリンクは体の温度が上がりやすいので味が苦手でないのなら健康にもいいしすりおろすのが面倒ならチューブでもいいので生姜を紅茶などに入れてみることをオススメします。

水道代と子ども費の節約

水道代を節約したくて、外から帰ってきたら娘といっしょにお風呂の残り湯で手を洗っています。旦那は単身赴任で洗濯物は娘と私の二人分です。娘はまだ3歳なので、服も小さいです。それで、お風呂の残り湯で汚れものを手洗いで洗って1回すすぎ、2回目のすすぎは洗濯機でします。最初は娘がつけた泥汚れやチョコレートが洗濯機では落ちきれないので手洗いしてから、洗濯機に入れていたのですが、二度洗剤を使って洗うのももったいないかなと思って、洗濯機では仕上げのすすぎだけにしました。洗濯ものの量が少ないので全然負担になりません。水道代の節約になっています。洗剤の量も少なくてよいので、それも節約になっています。

友だちのところへ娘を連れて遊びに行くときは、子どもたちの虫歯の心配もあるし、夕飯が進まないと困るので、おやつは200円までの金額で、飲み物はほとんどお茶です。当然、親もお茶です。これは、ごく親しい2人だけの取り決めです。他の人たちはけっこう子どものおやつ代がすごいので、私たちは節約してるよねと話しています。

実家の母には子どものお祝いはモノでなく、お金にしてほしいとお願いしています。それを子どもの貯金にします。義理の母には言えませんが。とりあえず、娘はまだ小さいので不平不満を言わないうちは、なるべく子どもにお金をかけないようにしています。

節約にはコンビニは大敵!

節約で一番大事なのは、自分をどのくらい自分で律することが出来るかですよね。

いくら節約のためにシャワー生活をしたり、カーペットの下にアルミなどを敷いて温度調節をしたりなどの涙ぐましい努力を重ねたって、無駄で余計な買い物をしたりしたら、あっというまに節約した文は消し飛んでしまいます。

節約生活の大敵として恐れられているのがコンビニです。

仕事帰りなどで疲れたり小腹がすいた時に、ふとコンビニが目に入ると、ついついホットスナックとジュースなどを買ってしまう経験があるはずです。しかし、それも300円する立派な買い物。その一回で、電気代節約の一ヶ月分近くが吹き飛んでしまうわけです。

ですから、コンビニが目に入っても最低限の買い物しかしないのが一番です。おやつは週末などに安いスーパーで買い込んで、いつも小分けに持ち歩くようにしておけば、コンビニでの散財は防げますし、飲み物も家で作ってくればいいのです。

買い物での節約も節約術の基本です。コンビニで買っても安い、例えばレトルト食品などは買ってもいいと思いますが、基本的にはコンビニでの買い食いを自制することこそが大事でしょう。無駄遣いをやめることが第一歩の、節約術のはずです。