主婦の年金保険の考え方 わたし編

我が家は夫と私の二人家族です。夫は会社員、私は現在専業主婦です。結婚10年になります。今日は我が家の保険について考えました。というか、最近ずっと考えているのですが・・・。主人は積立型の生命保険に加入しており、30年満期で、月に16000円程度支払っています。

一方私は全労済の掛け捨て月1800円のみです。生命保険については思うところがあり、メリットはあると思うのですが、それは主人の加入しているもので十分ということで、我が家は貯金に注力しようということで10年。貯金は、夫の給料から生活費を引いた残りを夫名義の通帳へ入れています。

私の貯金は、パート時代のものが私名義の口座に入っています。現在仕事をしていないので、この口座からは毎月の全労済掛け金が引かれていくばかりです。夫と私の預金額は、当然、差がついていきます。当然のことにふと気づいたのですが、このままでは、家事を担当しているだけでは私の名義の資産というものが増えないのです。

主人の給料からは、主人の小遣いを渡しています。給料の1割以上を渡しています。私は特に小遣いを取らず、何か個人的なものを購入するとしても月に5000円以下です。「わたし年金」として、貯金をしてもいいよね・・・と考えました。月に15000円、年間18万円になり、20年で360万円。

まとまった金額になるごとに定期預金や国債購入に充てて、わずかな利子でもリスク最低限で、使う神経も最小限。よりメリットの期待できる資産運用についての検討はこの「わたし年金」では保留して、まず始めようと思います。

お菓子代、飲み物代の節約についてまとめました

お菓子や飲み物は絶対必要ではないけれど気づくとつい買ってしまうので意識して買いすぎないように気をつけています。まず飲み物ですが、なるべく外出するときは水筒を持って行きます。飲み物は外出先で買うとコンビニや自動販売機で買うことが多く割高になってしまいますし、少しだけ飲みたいときはもったいないです。

持ち歩いている間に冷めてしまったり、ぬるくなってしまったりしてまた買い足す事にもなりますので、家から水筒を持って行くと節約になると思います。お菓子は買いに行く回数を減らすことから始めます。どうしてもほしくなったらスーパーやディスカウントストアやドラッグストアなどで安く売っているものの中で選ぶようにします。

我が家は小さい子供が居るのでお菓子を子供と手作りするのも楽しいです。子供と一緒に作ることで楽しいですし、材料費も自分なりにおさえることができます。あまりたくさんお菓子を買い置きしているとお菓子がたくさんある状態が普通になってしまうので、買い置きは程々にすると良いと思いました。

飲み物やお菓子に共通して言えるのはコンビニには行かないことです。ついつい新商品などかごに入れてしまいますし、価格もスーパーなどと比べて割高です。

家族3人、食費代月25000円の節約術。

私は貧乏暮らしをしていて、節約を余儀なくされています。主人とまだ0歳の子供と3人暮らしをしていますが、いろいろな事情で私には貯蓄があまりありません。そして、専業主婦をしているので今は働いておらず、主人だけの給料で生活しているので正直余裕は無く、毎月ギリギリの生活です。

基本的なことですが、洗い物は短時間で終えることや、電気もつけっぱにせず使わなければすぐ消すなどはもちろんしていますが、一番気をつけているのは食費です。1ヶ月3人で23000円でやりくりしています。3000円はお米代なので、20000円で食品や調味料などを買っています。

初めは、2日に1回はスーパーに行き、その日の目玉商品や広告の品などといった安いものを買いに行き、買いだめをせずにしていましたが、3カ月ほどやってみた結果あまり節約にはならなかったのです。それからやっているのが、買い物はこまめに行かず週に一度だけのまとめ買いをするようにしました。

週に1回の買い物だと、計4回。1回の買い物が約5000円。買い物に行くときはお財布にも5000円のみを入れて行き、無駄な買い物はしないようにしたところ20000円内で食費がおさまるようになりました。

一点集中!電子マネーの賢い使い方

私の職場にいた同僚の話です。同僚は徹底した節約生活を行っていました。

食事は基本的に自炊。昼食は毎日手作りのお弁当でした。飲み物も毎日水筒に入れて持ってきていました。

同僚が自動販売機やコンビニエンスストアを使っているところは見たことがありませんでした。

買い物は特定の電子マネーが使われる店舗でのみ行っていると聞きました。

国内の有名な大手スーパーマーケットです。食料品、生活用品などの買い物はその店舗のみを使い、こつこつと電子マネーを貯めていると聞きました。

あまり詳しいことはわかりませんが、何か目標があって出費を極力控えていたようです。

生活していくうえでどうしても必要なものだけを一点集中で大手スーパーマーケットで買っていたのだと思います。

そういったお店が自宅の近くにあるのなら使わない手はありません。

とても賢い節約方法だと思いました。うわさでは電子マネーを数万ポイント持っていたそうです。

やがて、私の同僚は仕事を辞めて、海外へ旅立ちました。「海外でやりたいことがある」との話でした。

もしかすると、そのために節約生活と電子マネーを貯めることを続けていたのかもしれません。

私も自分の電子マネーの使い方を工夫しようと思いました。

これからの私は、日々節約して貯蓄にまわす事が重要です。

私は現在働く事ができる時に、節約をして少しでも多くの蓄えが大切と感じております。

その為にも身体を損なわない程度で質素な、お食事をすることです。

それはもらったお給料を、上手く使う事にも繋がります。

お給料をもらっているのですが、最低賃金の為に贅沢などできません。

貯蓄にまわす分として考えている事は、最低賃金が上がった分は貯蓄にまわす事です。

今65歳を真近にしている私は、厚生年金基金としてもらっています。

65歳のお誕生日がきましたら国民年金に切り替わり、現在よりもらっている分よりは倍くらい多く頂ける年金です。

また子供達にもお誕生日プレゼント等、毎年もらっていますが、今後の私の心配をなくするにも、これからは現金でちょうだい等と言おうと思っています。

恥ずかしいのですが、色々と事情もあり多めの貯蓄がないことがその理由です。

人からは節約している人等とは、思われたくないのですが、自分の中では細かに今後の生活設計をたてる事が大事と感じております。

娘や孫たちへ必要な日にはプレゼントも行っています。

でも私の将来「手持ちのお金がもうつきたのよ」等と、言う事だけは娘達に言いたくないのです。

市民税を免除してもらっている為に、市から補助金がでる事があります。それを貯蓄にまわす精神など大切と感じるのです。

私には出来る限りの貯蓄が、現在働くことが出来る時に大切と思います。

おかずをまとめて作って水道光熱費の節約

毎日の食事作りは意外と手間がかかり大変な作業です。

しかしおかずをまとめて作っておくことで、時間の短縮だけではなく、水道光熱費の節約にも繋がります。

食材は安い時にたくさん買ってしまうと、使い切れずに腐らせてしまうこともあります。

それが無駄な出費になってしまわないように、食材は使えるうちに使い切ってしまうようにします。

そのためにもおかずをまとめて作っておくことで、食材を腐らせることを防ぐことができます。

最初から手間のかかった複雑な料理をたくさん作ってしまうと、食べきれずに飽きてしまいます。

それを防ぐためにも、食材ごとに簡単に調理をして、それぞれでストックしておくようにすると良いでしょう。

そのまま食べてもアレンジしても美味しい料理が目標です。

また冷蔵保存は保存期間が短いので、食べきれない量の食材の場合はあらかじめ冷凍保存を考慮しておかず作りを行うようにしたいものです。

冷凍保存で長期保存が可能になりますし、食材を飽きずに最後まで食べ切ることができます。

どんなに調理方を変えても、同じ食材が続くとどうしても飽きてしまいます。

これを防ぐために、少し間をおいて冷凍ストックしておいた食材を使うことで、飽きずに最後まで食べることができます。

微妙に少しずつ残ったおかずも、まとめてカレーの具材や煮物、スープなどに入れることで、無駄なく食材を使い切ることができます。

カード払いで節約する極意について

近所のスーパーで買い物するぐらいは、現金で買いますが、他で買い物をする時はキャッシュカードで購入しています。

翌月一回払いにして、ポイントを貯める感じです。

以前から、ずっとこの方式でやってきました。

ただ、最近は、支払明細書が来て驚くことがないように、買ってすぐにレシートにお金をクリップで止めておくことにしています。

以前は、明細書がきて、お金を工面していました。給料以上に使ってしまうこともありました。

翌月には払うのだからと、大体把握していたつもりでしたが、実際は把握できていませんでした。

小さい金額も積もり積もると1万や10万を超えてしまいます。

せっかくのボーナスも毎月の補てんのためカード払いに消えてしまいました。

節約はあったものではありませんでした。

自分のカード払いの全容を把握できていないのに節約どころではありません。

節約と思っていたことが結果赤字を招いていました。

最近になって、ようやく、給料の内訳を把握できるようになりました。

もう、だいぶ使ったから、これを買うのは我慢しようという気持ちにもなりました。

これも、カード払いですぐに現金をレシートに添付したおかげです。

若い頃、カード払いのレシートは取っておくものだと友人から言われました。

彼女自身、間違った請求が来たらということで教えてくれたと思いますが、今となれば、深い教えだったと思います。

目標をたてて、日々の食事からの節約。

節約するという事において、ある一つの事をするというのでは、なかなか難しいものがあります。

いろんな方法で、やっていく中で節約した結果が出るというのを実感します。

節約する上で、なんのために節約するのか又は、貯蓄するのか目標がはっきりしていると、さらに頑張れるというのが事実のようです。

私は子どもの学資と旅行の為の二つの目標で、節約および貯蓄をしているのですが、やはり夢を描けるものがあると我慢もできるようです。

一番大切なのは、出かけない事。

買い物も我慢して、出来るなら一週間に一度にするといいと思います。

安い物を買いにいくのはいいのですが、いらない物まで買ってしまいます。

それで私の場合、安売りの日などに一週間の食材を考えて行くのですが、メモ以外は買わないように努力しています。

たまに5日くらいでメインのものがなくなったりします。

その場合は、メインのもの、つまり肉や魚などをわざわざ買いに行くということはしないで、次に買い物を予定している日まで我慢をするのです。

家族全体で、野菜だけで過ごすなど、辛抱してもらっています。

私の知り合いで今はビルをいくつも持っている方がいるのですが、数十年前はご飯と梅干で暮らしたといっていました。

当時でもそんな人はいないでしょうが、やはり食べ物にかけるお金を減らすのが、節約の一歩のようです。

たまには外食もいいですが、ほんとうに、たまにしないとやはりお金がたまらないようです。

値下げ商品での節約と、個人年金での貯蓄

節約については、我が家は値下げ商品に大変助けられています。
最寄り駅構内に八百屋さんがあるのですが、夜になると見切り品ということで大変安い野菜が出回ります。例えば、人参4本入りで50円などです。
品質も値下げされていないものと比べてもそれほど劣化しておらず、十分美味しくいただけます。仕事帰りにチェックして帰るのが日課です。
仕事帰りの時間になると、スーパーではお肉が値引きされます。半額になっているものをまとめて沢山買っておき、冷凍庫に詰めています。1か月や2か月ぐらい経ってから解凍しても、美味しく安全にいただくことができます。

貯蓄については、個人年金を積み立てています。
今私は20代ですが、老後に年金がきちんと支払われる保証はありません。頼れるのは自分だけだと思っています。
毎月1万円、生命保険会社に個人年金積立として支払っています。60歳になった時から、割り増しで毎月還付される仕組みです。1年間で12万円の出費は、少々痛い金額ではありますが、働けない年齢になった時に増えて戻って来るのですから安心です。
子供が生まれたら家計の収支にも変化が出ると思いますので、様子を見てもし貯蓄にまわす余裕があれば、もっと金融商品の情報を収集して、良いものを活用し、賢く貯蓄したいと思っています。”

銀行ローンはカードローンと異なる

銀行で扱っている金融商品には、住宅ローンを始めとして、自動車ローンやカードローンといった様々な種類があります。中でも銀行ローンとして知られる目的ローンやフリーローンとカードローンは、大きな違いがあることを知っておくと良いでしょう。

カードローンは、審査時に利用限度額を設定して、何度でも借入れと返済を自由に繰り返せる特徴がありますが、自由度が高い分だけ金利も高く設定されています。一方、銀行ローンは利用目的が定まっている目的ローンと資金用途自由のフリーローンがありますが、利用希望額に対して審査を行い、証書貸付という方法で一度に融資を行います。

以後は完済まで元利均等返済を行なうので、完済を行なうまで追加借入れは出来ない仕様となっているわけです。追加借入れを行なうためには、別の融資案件として銀行ローンを組み直す必要がありますが、完済前の銀行ローンがある場合には、審査に通過することは難しいでしょう。

有担保ローンとは異なり、無担保ローンとしての銀行ローンは、低金利で融資が受けられる分だけ計画的に返済を行える人に限定して貸付が行われています。後から追加借入れを必要とせずに、低金利融資を受けたいならば、銀行ローンが適しているわけです。