水道代の節約は元栓を少し締めるだけ

“我が家の水道代は二ヶ月で5000円です。しかし、1年前は8000円でした。
この1年で私がした、水道代の節約術。それは水道の元栓を少しだけ締める、ただそれだけです。
一軒家でもマンションでも、玄関の外に水道の元栓があると思います。
元栓は締めすぎると水の出が悪くなり不便になるので、本当に少しだけ締めるのがコツです。
水道代を節約しようと思い立った時、自分でも水の出し過ぎに注意し、家族にも気をつけるように伝えましたが、
なかなか効果がありませんでした。
習慣というものは恐ろしいもので、洗い物をするとき無意識にレバーは一番上まで上げてしまう。
蛇口をひねる時もいつも同じ位置までひねってしまう。習慣になってしまっているものを意識して変えるのは至難の技です。
まして自分だけではなく家族にもそれを頼むとなると、その日1日は協力してもらえても、ずっとは続きません。
そこで私は大元から変えることにしたのです。
少し元栓を閉めたくらいでは、ほとんど生活に支障はありません。
全開までひねると水が跳ねてビショビショになるくらいだった水量が、全開でちょうどいいくらいの水量になるだけです。
さすがに、お風呂をためながら、家族の誰かがトイレを流し、ちょうどその時洗い物をしていると、水の出が悪くなりますが、
そのくらいなら水を使う家事の時間を調整すれば問題ありません。
家族全員が節約を特に意識しなくても、すぐに効果が現れ、本当にやってよかったと思います。
習慣を変えることも、家族に節約の協力をしてもらうことも、どちらもなかなか大変ですが、この方法なら今までの生活習慣のままで
節約ができるのでオススメです。”

服を整理して、買う枚数を減らしました

私は服を買うことが多く、家計にも響いていましたのでまず服を整理しました。全部収納から出して、着ていないものや、今後着る予定のないものは捨てました。整理していると要らない服がいかにたくさんあったかが分かりました。探していた服もタンスの奥から出てきて良かったです。

服を減らすことで収納にもゆとりができました。今まではその時その時で流行っているものを購入していましたが、整理した後は今あるものをベースに、少し買い足すだけにして被服費を減らしていこうと思いました。量を減らしたらその日着たいものがすぐに分かるようになって、余計なものを買い足さなくなりました。

今は安くても良いものもたくさんあるので少しずつ勉強していこうと思いました。自分に合った色を決めてなるべくその色に合った服をそろえるようにしたり、ボトムは無地で統一することでコーディネートしやすくなりますし、服を買う枚数も減らすことができると思います。主人も私が整理しているのを見て自分のものを整理してくれました。

自分の好きなことにはついつい財布のひもが緩くなってしまって、バーゲンだからいいだろうと買ってしまいがちですがこれからは気を付けようと思いました。

家計の仇・民家貸し出し

私の幼馴染の女性は、結婚して直ちに新居を建てました。それが著しい家屋なのです。オール電化のピカピカの高性能マンションで、3床建ての恐ろしく幅広い家屋でした。一度だけ訪れたとき、夫妻ふたりと赤ん坊だけでは如何にも広すぎるような気がしたのですが、それを読まれたのか「お子様を根こそぎ設ける真意なの」と言われました。

その宣言街、女房は時分を置かずに3人の子どもの女房となり、希望通りの「大きな家で家族話題な暮し」を楽しんでいるそうです。それはいいのですが、ある時疲れた面構えでぽつりと自身に漏らしたことには「強行して建てた・産んですはいいけど、実は融資が凄く一大の。」「長い我が家融資を組んだの?」と尋ねると、「はい、40年代」と言います。女房は旦那さんともども、フルタイムでキビキビ勤めるのですが、どんなに安定した収入であろうと、この先40通年も月我が家融資を払い続けると言うのは一大のだろうなあ…と思いました。

一方、自身は極めてちっちゃな中古の宴会我が家を購入しました。10年代とちっちゃな融資を形づくりましたが、最初の4年間で皆済に成功し、ほっと一息ついていらっしゃる所です。マイホームが狭いというのはそんなに泣きどころではなく、わたくしは非常に幸せし、のんびりとしたやりくりを楽しんでいます。親友は最適家ではありますが、それを維持するためにかなりの疲れをしているようで、会ったり話すたびに「無事故かな」と心配になります。

個々人のモラルといえばそれまでなのですが、それでも我が家融資というものの月々のプレッシャーを考えると、そこからさくっと脱出できたうちはハピネスであった、と思われます。

わたしが実際にやっている人に教えたくない節約方法

わたしが実際にやっている節約方法は、1ヶ月使うお金をあらかじめ決めておいて(絶対に節約しないとやっていけない金額に設定する)残りのお金は貯金に回し使うことができないようにすることです。

決められたお金でやることはまず、外食をしないこと。

付き合いなどでどうしても行かなくちゃいけない場合を除いた外食は避けましょう。

そして、日頃からお弁当を持ち歩いてコンビニやスーパーのものを買わないことを意識することが大切です。

コンビニやスーパーのお弁当は、とても美味しいですがコスパは良くありません。

もっていくお弁当ももちろん節約します。

お弁当のおかずはスーパーの特売日などでまとめ買いして、まとめてつくって小分けして冷凍保存しておくのがオススメです。

いくら冷凍といっても1ヶ月で消費できるくらいの量にしておきましょう。

まとめてつくることで、お弁当を毎日作る手間が省け、かつガス代の節約にもなります。

冷凍保存で日持ちして、コスパが良くてたくさん作れるお弁当のおかずといえば、切り干し大根やひじき、豆腐ハンバーグがオススメです。

ひき肉は、お豆腐やえのきやみじん切りにしたニンジンなどでかさましして自分なりにアレンジすると毎日のお弁当に飽きることもありません。

普段の夕食も毎日ご馳走にするのではなく、何曜日は贅沢なご飯という日を決めて、それ以外の日はなるべくお金のかからない節約料理にします。

カレーを作るならルーを少なめにしてみたり、鍋をするなら肉を少なくしてもやしをたくさん入れてみたり。

小さなことを積み重ねていけば、食費だけですごい節約になると思います。

自分に合った節約方法をぜひ見つけてみてください!

クレジットカード使い方

減少が得意なお客様とそうではないお客様がいると思いますが、今回は減少がどちらかというと得意なのに
クレジットカードを利用していないお客様に正邪使っていただきたくて、私のクレジットカードの用法を
ご紹介したいと思います。
利用するカードは1枚で豊富だ。ネットで調べれば、関心カード品種のウェブページは長期間
ありますから、還元率が良い品や、頻繁にいくお暖簾で優待がいただけるカードなど自分にあったもので
かつ年会費無料のものをチョイスします。
クレジットカードで払うと、元手を使っている思い込みが薄れ、はからずも使いすぎて仕舞うという方もいるかと
思いますが、がんらい減少志向の人であれば、カード=元手と頭にたたきこむのはそう難しいことでは
ないと思います。私の場合は、1か月にカードで払う額を決めて、おお金をもらったら、まずその料金を
ふところへ送金し、その料金をノートへ記入します。そしてカードが助かるところはだいたいカードで払います。
ここからが少し面倒いかもしれませんが、カードを使用したら、どうしても数日以内にその料金を暮らし簿上で
損害行う。そうしておけば、今月は残りいくらカード(元手)が助かるのかがある程度わかっている
条件を保てるので、使いすぎることもありません。月末にはとことん視点も返戻されますし、カード敢行確率の
大きいボクは、カード明細が自動でつけてくれている暮らし簿等なので、一石二鳥だ。

節約料理はまとめて煮て、別料理に変身

食材をまとめ買いするのと、毎日決めた額を持って買い物に行くのと、一体どちらが節約になるかは、それぞれだと思います。

時間があれば、千円持ってスーパーに毎日行った方が良い場合もあります。

しかし、仕事をしていると、なかなか難しいことか多いですよね。

そんな時、まとめ買いした食材で、晩ご飯のメニューを複数準備する方法を教えてみました。

まずは、カレーにする場合。

カレーの材料は、ジャガイモ・ニンジン・玉ねぎの野菜は基本です。

これって、肉じゃがやポテトサラダの材料でもありますよね。

だから、多めに準備した野菜に火が通ったら、別鍋やボールに取り分けてしまいます。

今夜はカレー、明日はポテトサラダ、明後日は肉じゃが。

ポテトサラダの日はメインを別に考えなければいけませんが、3日分の晩ご飯の一部は準備出来てしまいます。

肉じゃがは、しっかり味がしみ混むので煮てしまってもいいし、あっさりが好きなら当日味付けをしてもいいです。

ちなみに、我が家は薄味で煮ておいて、当日調整します。

また白菜料理なら、初日はお鍋、次の日は鳥のささみと白菜のクリーム煮などにします。

これも、材料が被っていますが、味付けが全く違うので、苦情が出たことはありません。

毎日イチから作る手料理も素敵ですが、翌日残り物を食べるよりも、同じ食材だけど違う味付けの方が家族には喜ばれます。

途中の手間を省いただけですが、野菜を無駄無く使う料理で、食材だけでなく、ガス代や電気代も節約出来ますよ。

同じサービスを受ける上での節約の手段について

私がある程度身に付けている、同じサービスを受ける上での節約の方法について記します。

まずは私の趣味である旅行についてです。身軽な立場であるから出来ることでもありますが1泊の旅行は金曜日に休暇を取得して金・土で行くことが多いです。そうなると宿泊費が土・日に比べて安いケースが多いです。また、帰りの時間を工夫すれば無用な渋滞に巻き込まれる可能性が軽減されるため、結果的に現地での時間を多く費やすことが出来て時間に見合った旅費を安く済ませることが出来るという見方をすることも出来ます。

次に身近にある生活の中での節約です。まずは映画などのエンターテインメントです。毎月1日は映画の日として通常1800円のところを1100円で鑑賞することが出来ます。公開されてから少し我慢するかもしれませんが1日に照準を合わせることで安いチケットで鑑賞することが出来ます。また、食品については最寄りのスーパーで、値下げを開始する時間をチェックして、その時間に合わせて買うこともあります。また賞味期限が近付いているだけで安全上問題無いと判断した食品は割引されているものを手に取ることも多いです。あとはまとめ買いです。夏場のビールなど、ほぼ毎日消費するようなものは単品で購入するのではなく、まとめて購入することで1本あたりの単価を下げるように考えています。

私が実施している節約術は以上のようなことです。サービスの需要が高いときは価格が高く、低い時は価格も低くなることを常に意識しています。旅行にせよ、身近な物の購入にせよ、ちょっとだけタイミングをずらすことが節約につながることを日々の生活の中で実感しています。

普段からやっている私流の節約法

私は現在専業主婦をしていて

自分で自由に使えるお金があまり無いため、

節約をして旦那さんの貯金を

少しでも増やすことに専念しています。

普段から行っている2つの私流の節約を紹介します。

〈 食費は月3万円〉

旦那さんと私の2人暮らしのため食費は毎月3万円です。

個人のお財布と食費のお財布に分けて使用しています。

買い物は極力毎日行くようにしていて、

買い物に行く前に献立を決めてから買い物に行っています。

ちなみに毎月食費は3万円なので

大体1食500円の計算です。

食費専用のお財布にしているため

「使いすぎた」「今月は余裕」などが一目瞭然なので

無駄使いがなくなります。

1ヶ月が終わり、余ったお金は

私がお小遣いとして貰っているので

節約にも力が入ります!!

〈 タオル類はお風呂のお湯で…〉

私の家は毎日洗濯機を2回回します。

1回目は衣類、2回目はタオル類です。

1回で使う洗濯の水の量ってお風呂のお湯半分位

使ってるってご存知でしたか?

なので、私の家では節水の為

タオル類の洗濯は

お風呂の残り湯で洗っています。

洗濯機を購入した時に付いてくる

付属のホースを使用することで

手間も省け、ゴミも1箇所に集めてくれるため

綺麗な水に近い状態です。

お風呂のお湯をオケですくって洗濯する事は

あまりおすすめしません。

無駄な支出はメモの長年入手ツアーメモリーで未然に防ぐ

最近は、自身実証の実録の提示がなくてもキャッシングの申し込みができる店頭が増えてきています。それほどクレジットカードを発行して掛かる会社では、自身実証の簡素化が進んでいて、相手方の持続を用件に援助内容の好転の手段として、提示実録を少なくしているようです。

専用のアプリケーションをタブレット照準に開発して、ガイドブックに沿ってプロセスをすれば、いつしかキャッシングの適用請求が終わって掛かるというバリエーションもあったりします。
その場合に、自身実証実録をもたらすときは、タブレットのカメラ実行を使っていて、台の上に置いた認可などを記録すれば数値が店頭側に訪れるという画期的な仕組みを採用している部分もあります。

クルマを運転しない皆様の場合には保険証などを提出することになりますが、映像セットでないと相当実録として受理されないケースもあります。

そんなときに便利なのが、行政が発行しておる一般人初心台帳カードだ。数値百円程度の手間賃を支払えば、公的な証明書として映像セットのカードを決めることが可能になります。

認可が乏しいほうが公式実録として名前証を提出する際には、非常に使い勝手が良く、キャッシングの請求に関してもライセンスとおんなじ取回しになりますから、1枚発行しておくと良いでしょう。

縮小にはやっぱりネット銀行

省エネや貯金となると力強いのは、やっぱインターネットバンクだ。
出たてのあたりより利回りは落ちたものの、普通の銀行に比べると依然高めです。定期への現象も手広く、10万円を半年いれるだけで利回りが他よりいいことがおおいだ。

貯金や省エネの敵手は無駄遣いや浪費だ。私の場合は、敢えて支店の少ないおろし難いネット銀行に貯蓄してある。そのため、蓄えを降ろさないといけない一定額以上の配達は自然と躊躇するようになりました。著しくしっかりとした意欲で省エネとれるパーソンは別ですが、何となく配達をしてしまうたぐいのパーソンにはオススメだと思います。

あんまり自分が利用しているのは、マイルの貯まるネット銀行だ。
マイホームがエアーの寸法なので、引き落としや賃金振り込みでマイルの貯まる銀行を選びました。無論、劇的に省エネもらえる!というわけではないですが、8回に一括くらいの割合でただで利用できているので、ずいぶん助かっています。早割使って空いている時分を狙えば、自分と幼児の取り分くらい浮くので、観光が異性にもいいと思います。
他にも、引き落とし取り分に比例して元金還付エレメントが付くなど、普通の銀行にはないプレゼントがおおいだ。中心バンクの移転は駄目でも、貯金案件などは移行してみるのも手だと思います。