上の子の洋服は捨てずにリメイクして節約

小さい子供がいるご家庭は、洋服や小物などとても物いりですよね。「ほんの一時期しか着ないんだから、上の子のお古でいいよね」と親は思うのですが、「お姉ちゃんのお古はイヤ!」「もっと女の子っぽいのがいい!」など一人前なことを言われ、困ることもあると思います。上の子の洋服を工夫してリメイクすることで、楽しく節約できますよ。

日頃から、大人物も含めて着なくなった服を仕分けしておきましょう。古着で売れそうなものは迷わず売却、残った服を「着回しできそうなもの」と「使える部分もあるもの」に分けます。使える部分もあるものは、例えば時代遅れだけど柄が素敵、ボタンやレースがきれい、などです。

まず、ベースになる着回せそうな服を選びます。そのままでは下の子も不満なので、可愛いボタンを首元に付けたり、きれいな柄の布を切ってポケットを縫い付けたりします。この工程で、上の子がつけたシミや汚れもうまく隠してしまいましょう。

お兄ちゃんの洋服でも、青と白のボーダーに赤いボタンやリボンを付けるだけで、ステキな女の子服に変身です。余った布で小物入れを作ってあげたりすると、服とのさりげないコーディネートも楽しめて子供もご満悦ですよ。「新品ではないけど、世界に1つしかない特注よ!」と、家族みんなでリメイク・リサイクルを楽しんでみてください。