寒い冬に欠かせないこたつの節約術

昔から冬の寒さ対策のといえば、こたつが定番ですね。

近年では、こたつ用の机も進化をとげているし、カバーなどもデザインが豊富になってきています。

可愛いこたつを見てテンションアップしますが、家計を預かる主婦は高額の電気代の請求書を見てテンションダウンしてしまいます。

しかし、少しでも電気代を節約するためにできることがあります。

まずは、こたつの下に敷く敷きカバーです。

格安でペラペラのカバーが販売されています。

しかし、敷きカバーが薄いと、冷えた床からの冷気で、こたつ内はなかなか温まりません。

厚手のカーペットを購入したほうが、床の冷気をシャットダウンしてくれます。

次に、掛布団になります。

中掛布団というものをご存じですか?

掛布団の中に、もう一枚中掛布団を重ねて使用することで、外へ暖かい空気を逃しにくくなります。

掛布団のように厚手じゃないので、重ねてもスッキリ見えます。

今は、肌触りの良いニューマイヤーなども販売されており、洗濯機で簡単に洗えるものもあるので、お手入れもかんたんです。

これから更に寒くなる冬本番を向かえる前に、準備しておくことをおススメします。

節約もしながら、心も体もぽかぽかの冬を過ごしましょう!