50歳を目前にしての節約と貯蓄

ひとり親で子供二人を育て上げ、今のところ大きな借り入れはなく50歳を迎えようとしております。日々の生活も大事ではありますが、今後迎える老後に対し最近真剣に『節約・貯蓄』を考えるようになりました。 今までは『必要なのだから』という安易な思いで買い物をしてきましたが、そこには『予算や計画性』の存在は薄く、どんぶり勘定で最後収支調整をしていただけでした。ですが『これから今までと同じように働けるのはいつまで?』という問題と、親が同居で未だ現役で仕事をしてくれていますが、リタイアしたら親の生活も見ないといけないという思いが立ちはだかってきました。

なのでここ最近ですが家計を見直し、週ごとに予算をたて、その範囲内でやりくりをするという意識を強く持つようになりました(今更ですがまずは小さなことから)。貯蓄については一昨年保険の見直しをし、老後生活資金を目的とした保険に切り替え、あとは最近始まった『確定拠出年金』と『投資信託』を少額からではありますが活用し増やす努力をしています。

また親の生活費についても不安があったので思い切ってFPの方に相談をしたところ、様々な提案があるという説明を受け、後日具体的なプランの紹介や私の今の貯蓄が適切かどうか、老後生活資金の確保の仕方を含め検証、提案をしてくれることになっています。今はネットで様々な情報がありますが、専門家の意見も聞いてみるものだと感じています。