節約にはコンビニは大敵!

節約で一番大事なのは、自分をどのくらい自分で律することが出来るかですよね。

いくら節約のためにシャワー生活をしたり、カーペットの下にアルミなどを敷いて温度調節をしたりなどの涙ぐましい努力を重ねたって、無駄で余計な買い物をしたりしたら、あっというまに節約した文は消し飛んでしまいます。

節約生活の大敵として恐れられているのがコンビニです。

仕事帰りなどで疲れたり小腹がすいた時に、ふとコンビニが目に入ると、ついついホットスナックとジュースなどを買ってしまう経験があるはずです。しかし、それも300円する立派な買い物。その一回で、電気代節約の一ヶ月分近くが吹き飛んでしまうわけです。

ですから、コンビニが目に入っても最低限の買い物しかしないのが一番です。おやつは週末などに安いスーパーで買い込んで、いつも小分けに持ち歩くようにしておけば、コンビニでの散財は防げますし、飲み物も家で作ってくればいいのです。

買い物での節約も節約術の基本です。コンビニで買っても安い、例えばレトルト食品などは買ってもいいと思いますが、基本的にはコンビニでの買い食いを自制することこそが大事でしょう。無駄遣いをやめることが第一歩の、節約術のはずです。