ネット通販を賢く使ってポイントをためるのがコツです

家計が大変で、毎日頭を抱えている人は多いでしょう。仕事を増やさない限り、入ってくるものはそれほど増えることはないので、支出の面で節約をしていくしか方法はありません。生活していくうえでどうしても必要なものを絞り、計画的に買い物をしましょう。

まず、買うものをリストアップし、優先順位を決めましょう。リストをみながら、家にあるもので代用できるものはないか、リサイクルショップで調達できるものはないかなど、買う前に一度よく考えることが大切です。買うものが決まったら、ネット通販で安く買えるものがないか、検索してみることが大切です。

家電など、具体的な商品が決まっている場合は、安く買えるサイトを調べることもできるので便利です。ネット通販で買う場合は、ポイントがたまるサイトを選び、複数買う場合はなるべく同じサイトに統一して、ポイントを集めやすくするといいでしょう。また、クレジットカード払いにすれば、クレジットカードのポイントもたまるのでお得です。

ネット通販で獲得したポイントは次の買い物の支払いに使えますし、クレジットカードのポイントは商品券に交換できる場合もあるので、貯まっているかどうか、こまめにチェックするといいでしょう。

カード払いで節約する極意について

近所のスーパーで買い物するぐらいは、現金で買いますが、他で買い物をする時はキャッシュカードで購入しています。

翌月一回払いにして、ポイントを貯める感じです。

以前から、ずっとこの方式でやってきました。

ただ、最近は、支払明細書が来て驚くことがないように、買ってすぐにレシートにお金をクリップで止めておくことにしています。

以前は、明細書がきて、お金を工面していました。給料以上に使ってしまうこともありました。

翌月には払うのだからと、大体把握していたつもりでしたが、実際は把握できていませんでした。

小さい金額も積もり積もると1万や10万を超えてしまいます。

せっかくのボーナスも毎月の補てんのためカード払いに消えてしまいました。

節約はあったものではありませんでした。

自分のカード払いの全容を把握できていないのに節約どころではありません。

節約と思っていたことが結果赤字を招いていました。

最近になって、ようやく、給料の内訳を把握できるようになりました。

もう、だいぶ使ったから、これを買うのは我慢しようという気持ちにもなりました。

これも、カード払いですぐに現金をレシートに添付したおかげです。

若い頃、カード払いのレシートは取っておくものだと友人から言われました。

彼女自身、間違った請求が来たらということで教えてくれたと思いますが、今となれば、深い教えだったと思います。