健康はお金に直結する大切な要素

体が健康であれば、結果的に仕事が出来る体であり健康はそこでお金を生み出します。一度健康を害してしまうと病院にかかってしまいそこで費用の負担が増えたりするので結果的に病気になればやはりお金が出て行ってしまいます。

健康は当然重要であり健康な体で生活をする事が壱番好ましい状況といえます。しかしその健康も一人一人の心がけが大切ですが、生活が乱れてしまえば一度病気になったりする状況です。生活習慣病として取り上げられる部分も、普通に生活を送っているだけで病気に近づいてしまう事も考えられます。

そうならない為にはまず自分自身が運動をしたり生活の中で甘いものを控えるなどそこを考えながら生活を送る事も必要です。健康イクオールお金に直結するはやはり正しい事であり、毎日の生活の中で必ずこうしなければ健康を害してしまう行動を出来るだけ少なくする事も必用です。

栄養が偏ったり、睡眠時間が少なくなったりとやはり色々な問題がその人それぞれに起こります。普段の生活の中でやはり少しでも健康でいるための努力はやはりする必用があります。栄養や運動などはその人の考え方で少しは改善することが出来ますし、そこで病気から遠のいて暮らせます。

食費を削って、貯えをしています

私は独り暮しをしているのですが、低減をして移動を考えています。そして、その中でも食費の低減が一番簡単で一番削れるので1円でも手広く安く生活できるとガンガン楽しくなっていきます。ちなみに、常にスーパーのチラシなどを見ながら1円でも安っぽいおショップを探しています。

物によっては100円ショップなどのほうが安っぽい場合もあるので私の場合はやりくり簿をつけて銘柄と物のコスト、いつのスーパーで買ったかまで目録化して卵を貰うおショップ、おアメリカを貰うおショップ、野菜を貰う会社などを各回整理して買っています。そして、私はたえずメインは最寄りのスーパーではなくて食堂の働き手などが並べる業務用のスーパーに行って食べ物を大量購入しては蓄積をしています。パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的に私は仕込みして全額冷凍していました。そのほうが、長く物を使えるし、各週一時払い大量習得をして、これをゼロ週で尽きるという風に考えて生活しています。

おかげで食費が独り暮しですが、食費は1か月5000円ですむようになりました。それまでは、コンビニエンスストアのお弁当やら、お副食を買ってばかりで外食もいれれば1か月みずから4万円以上かかっていました。なので、1か月3万円以上低減になりました。ほかにも、低減はしていますが、むしろ一番食費が削れて逆に暮らしを考えるようになったので、健康にも良くなりました。