同じサービスを受ける上での節約の手段について

私がある程度身に付けている、同じサービスを受ける上での節約の方法について記します。

まずは私の趣味である旅行についてです。身軽な立場であるから出来ることでもありますが1泊の旅行は金曜日に休暇を取得して金・土で行くことが多いです。そうなると宿泊費が土・日に比べて安いケースが多いです。また、帰りの時間を工夫すれば無用な渋滞に巻き込まれる可能性が軽減されるため、結果的に現地での時間を多く費やすことが出来て時間に見合った旅費を安く済ませることが出来るという見方をすることも出来ます。

次に身近にある生活の中での節約です。まずは映画などのエンターテインメントです。毎月1日は映画の日として通常1800円のところを1100円で鑑賞することが出来ます。公開されてから少し我慢するかもしれませんが1日に照準を合わせることで安いチケットで鑑賞することが出来ます。また、食品については最寄りのスーパーで、値下げを開始する時間をチェックして、その時間に合わせて買うこともあります。また賞味期限が近付いているだけで安全上問題無いと判断した食品は割引されているものを手に取ることも多いです。あとはまとめ買いです。夏場のビールなど、ほぼ毎日消費するようなものは単品で購入するのではなく、まとめて購入することで1本あたりの単価を下げるように考えています。

私が実施している節約術は以上のようなことです。サービスの需要が高いときは価格が高く、低い時は価格も低くなることを常に意識しています。旅行にせよ、身近な物の購入にせよ、ちょっとだけタイミングをずらすことが節約につながることを日々の生活の中で実感しています。