家計の仇・民家貸し出し

私の幼馴染の女性は、結婚して直ちに新居を建てました。それが著しい家屋なのです。オール電化のピカピカの高性能マンションで、3床建ての恐ろしく幅広い家屋でした。一度だけ訪れたとき、夫妻ふたりと赤ん坊だけでは如何にも広すぎるような気がしたのですが、それを読まれたのか「お子様を根こそぎ設ける真意なの」と言われました。

その宣言街、女房は時分を置かずに3人の子どもの女房となり、希望通りの「大きな家で家族話題な暮し」を楽しんでいるそうです。それはいいのですが、ある時疲れた面構えでぽつりと自身に漏らしたことには「強行して建てた・産んですはいいけど、実は融資が凄く一大の。」「長い我が家融資を組んだの?」と尋ねると、「はい、40年代」と言います。女房は旦那さんともども、フルタイムでキビキビ勤めるのですが、どんなに安定した収入であろうと、この先40通年も月我が家融資を払い続けると言うのは一大のだろうなあ…と思いました。

一方、自身は極めてちっちゃな中古の宴会我が家を購入しました。10年代とちっちゃな融資を形づくりましたが、最初の4年間で皆済に成功し、ほっと一息ついていらっしゃる所です。マイホームが狭いというのはそんなに泣きどころではなく、わたくしは非常に幸せし、のんびりとしたやりくりを楽しんでいます。親友は最適家ではありますが、それを維持するためにかなりの疲れをしているようで、会ったり話すたびに「無事故かな」と心配になります。

個々人のモラルといえばそれまでなのですが、それでも我が家融資というものの月々のプレッシャーを考えると、そこからさくっと脱出できたうちはハピネスであった、と思われます。