我が家の節約法

我が家は4人家族で社宅で暮らしています。子どもは幼稚園生と、すでに食べ盛りの1歳半。まず最近気になるのが食費です。以前3人で月3万だったのがプラスあかちゃんでも4万あってもたりるかどうかわからなくなってきました。

そこで家計を見直すことに。食費は削りたくないです。健康に育ってほしいし、できればもう少しお金かけたいところ。ほかを削るとしたらやはり私たち夫婦。もともとタバコ、酒をほとんどやめていましたのでそこは痛い点ではないのですが、小遣いを減らしました。

むしろ、私は今月からゼロです。もともと5000円でたらしていましたが、0円というのは自由がないのでかなり、痛いです。ですが、安いからこの服買っちゃおう。がなくなり、衝動買いが減ったのでよかったのかも知れません。

そして何か大きい買い物をするときは必ず、Amazonで情報収集をし、どこよりも安く手に入る方法を模索します。そのほかに私がやっていることは収入源を考えてみることにしました。もともと専業主婦の私。手に職があるわけではないので、なにかすることをあきらめていました。

でも最近はフリマアプリやアンケートサイト、クラウドワークスでちょこちょこ本当に微々たる物ですが、かせいでいます。それをこっそりお小遣いにしようかともくろんでいます。そして最近は季節の変わり目、衣替えをするときに断捨離を行い、どんな古着でも引き取ってくれる古着屋さんに持ち込みます。

いらないものはちょっとでもお金にする。これが最近の我が家の節約方です。微々たる物ですがチリツモが半端なくなるぐらいになります。我が家はこれで毎年沖縄旅行に行かせてもらっています。

節約のために使う100円の貯金箱

主婦「ピッピッ、食費、水道代で電気代で‥また今月も赤字だわ」

大学生「今月のクレジットカードの代金は‥あ~使い過ぎた!」

高校生「スマホそんなにつかってないよね、請求額はえ~!」

こんな事よくありますよね。

上のようなことにならないためにも、お金の使い過ぎに注意した節約生活を始めるためにピッタリな貯金箱を紹介したいと思います。

まずは100均に行って、貯金箱を買うんですが、ここで1つの注意は、赤や黒などのカラーの貯金箱、そして1000円札を入れる貯金箱を買わないことです。

この貯金箱を買って貯金していると、「お金がどれくらい溜まったか気になり」途中で開けてしまい使ってしまうんです。

なので、貯金箱を買う場合は「透明な貯金箱」を買うことです。

(勿論、100均で買わなくても、ペットボトルなどでもOKですよ。)

1ヵ月に5000円お小遣いを貰っていたとして、今月は2000円しか使わなかったなんてことありますよね。

その場合3000円残りますから、その3000円をコンビニや郵便局、銀行でもかまいません、両替して100円か500円にかえてもらいます。

その余ったお金を透明貯金箱に入れてためていくんです。

こうすると、1ヵ月に3000円ためてたとしたら、36000ですし、5000円貯めたたとしたら60000円です。

これだけ溜まれば、1人旅にいくには十分の旅行代にもなります。

そして、沢山たまれば貯まるほど、「もう少し貯めてみようかな」という気持ちにもなれるので楽しい節約ができると思います。

やっぱり一番節約出来るのはは食費ですよね。

我が家は夫の仕事の関係で月々の手取り収入にとても差があるのです。

そのため、多く貰えた月のお給料をベースに生活すると大変なことになってしまいます。

しかし、子供の習い事を減らすことも出来ませんし、サイズアウトした服をいつまでも着せるわけにはいきません。

そして、もちろん私も高級なものでなくても良いけれど流行の洋服が着たい。

というわけで、生活にストレスを感じずにどこを節約できるかを考えたところ食費ではないかと気づいたのです。

成長期の子供たちを育てているので、毎日もやしや豆腐で過ごすという意味ではありません。

食費といっても外食費のことです。

我が家では週末に出かけた場合、朝に家を出るとお昼ご飯にかかってしまって、ついお昼は外食をすることが多かったのです。

しかし、例えファーストフードと言っても小学生二人を含む四人家族がお昼ご飯を食べれば一食で二千円から三千年になってしまうんですよね。

家の近所の激安スーパーでは、三千円あればカゴいっぱいの商品を買うことが出来るんですよね。

そこで、どんなに忙しくても行き先がどこでも必ず朝おにぎりを握ってから出かけるようにしました。

すると、特に行き先が公園や動物園などの場合は子供たちは大喜びですし、お金もかかりません。

科学館や博物館など一見インドアな施設もお弁当の持ち込みがOKのところが多く、休憩所も充実していることにも気づくことが出来ました。

我が家はこの方法で月々一万円以上は節約することに成功したので、オススメです。

50歳を目前にしての節約と貯蓄

ひとり親で子供二人を育て上げ、今のところ大きな借り入れはなく50歳を迎えようとしております。日々の生活も大事ではありますが、今後迎える老後に対し最近真剣に『節約・貯蓄』を考えるようになりました。 今までは『必要なのだから』という安易な思いで買い物をしてきましたが、そこには『予算や計画性』の存在は薄く、どんぶり勘定で最後収支調整をしていただけでした。ですが『これから今までと同じように働けるのはいつまで?』という問題と、親が同居で未だ現役で仕事をしてくれていますが、リタイアしたら親の生活も見ないといけないという思いが立ちはだかってきました。

なのでここ最近ですが家計を見直し、週ごとに予算をたて、その範囲内でやりくりをするという意識を強く持つようになりました(今更ですがまずは小さなことから)。貯蓄については一昨年保険の見直しをし、老後生活資金を目的とした保険に切り替え、あとは最近始まった『確定拠出年金』と『投資信託』を少額からではありますが活用し増やす努力をしています。

また親の生活費についても不安があったので思い切ってFPの方に相談をしたところ、様々な提案があるという説明を受け、後日具体的なプランの紹介や私の今の貯蓄が適切かどうか、老後生活資金の確保の仕方を含め検証、提案をしてくれることになっています。今はネットで様々な情報がありますが、専門家の意見も聞いてみるものだと感じています。

無駄な出費はありませんか?大切なのは”一個当たりの値段”ではありません

節約や、貯蓄を増やすにおいて、重要事項の一つが支出を減らすことです。
もちろんそんな事は、理解している人がほとんどのはずです。しかし、実行できている人は…?

今現在のあなたの部屋、家の中を見渡してください。それらは全部””今””必要なものですか?
一度、部屋にあるものをチェックしてみてください。紙に書き出すことをお勧めします(耐久消費材や、頻度は少ないが必ず使う物は除外)。
そのチェックリストで重要なのは、消費材、つまり日常生活で使う物です。

纏め買いすると一個当たり安くなるからといって、大量に買い込んでいるとしたら、それはアウトです。家庭の構成やそれぞれの事情によって、消費量は異なります。
なので一概に線引きは出来ませんが、たとえば、夫婦二人暮らしでディッシュの箱が100箱あったら、どう思います?
どう考えても多すぎます。如何に安売りされていて、一個当たりの単価が安くなっているとしても、それは””無駄な出費””なのです。

仮にディッシュ一箱で一週間もつ、買い物は週末にまとめてする。この場合なら、週末の買い物時に一箱買い足せば済むことになります。
流石にそれだと余裕がないと感じるなら、予備に一箱、多くても二箱持っていれば十分です。
今の生活スタイルで、消費材の消費スピードはどれくらいか?買い物の頻度はどれくらいか?それらを考慮して買い物をすれば、自ずと支出は減っていきますよ。

お菓子代、飲み物代の節約についてまとめました

お菓子や飲み物は絶対必要ではないけれど気づくとつい買ってしまうので意識して買いすぎないように気をつけています。まず飲み物ですが、なるべく外出するときは水筒を持って行きます。飲み物は外出先で買うとコンビニや自動販売機で買うことが多く割高になってしまいますし、少しだけ飲みたいときはもったいないです。

持ち歩いている間に冷めてしまったり、ぬるくなってしまったりしてまた買い足す事にもなりますので、家から水筒を持って行くと節約になると思います。お菓子は買いに行く回数を減らすことから始めます。どうしてもほしくなったらスーパーやディスカウントストアやドラッグストアなどで安く売っているものの中で選ぶようにします。

我が家は小さい子供が居るのでお菓子を子供と手作りするのも楽しいです。子供と一緒に作ることで楽しいですし、材料費も自分なりにおさえることができます。あまりたくさんお菓子を買い置きしているとお菓子がたくさんある状態が普通になってしまうので、買い置きは程々にすると良いと思いました。

飲み物やお菓子に共通して言えるのはコンビニには行かないことです。ついつい新商品などかごに入れてしまいますし、価格もスーパーなどと比べて割高です。

これからの私は、日々節約して貯蓄にまわす事が重要です。

私は現在働く事ができる時に、節約をして少しでも多くの蓄えが大切と感じております。

その為にも身体を損なわない程度で質素な、お食事をすることです。

それはもらったお給料を、上手く使う事にも繋がります。

お給料をもらっているのですが、最低賃金の為に贅沢などできません。

貯蓄にまわす分として考えている事は、最低賃金が上がった分は貯蓄にまわす事です。

今65歳を真近にしている私は、厚生年金基金としてもらっています。

65歳のお誕生日がきましたら国民年金に切り替わり、現在よりもらっている分よりは倍くらい多く頂ける年金です。

また子供達にもお誕生日プレゼント等、毎年もらっていますが、今後の私の心配をなくするにも、これからは現金でちょうだい等と言おうと思っています。

恥ずかしいのですが、色々と事情もあり多めの貯蓄がないことがその理由です。

人からは節約している人等とは、思われたくないのですが、自分の中では細かに今後の生活設計をたてる事が大事と感じております。

娘や孫たちへ必要な日にはプレゼントも行っています。

でも私の将来「手持ちのお金がもうつきたのよ」等と、言う事だけは娘達に言いたくないのです。

市民税を免除してもらっている為に、市から補助金がでる事があります。それを貯蓄にまわす精神など大切と感じるのです。

私には出来る限りの貯蓄が、現在働くことが出来る時に大切と思います。

おかずをまとめて作って水道光熱費の節約

毎日の食事作りは意外と手間がかかり大変な作業です。

しかしおかずをまとめて作っておくことで、時間の短縮だけではなく、水道光熱費の節約にも繋がります。

食材は安い時にたくさん買ってしまうと、使い切れずに腐らせてしまうこともあります。

それが無駄な出費になってしまわないように、食材は使えるうちに使い切ってしまうようにします。

そのためにもおかずをまとめて作っておくことで、食材を腐らせることを防ぐことができます。

最初から手間のかかった複雑な料理をたくさん作ってしまうと、食べきれずに飽きてしまいます。

それを防ぐためにも、食材ごとに簡単に調理をして、それぞれでストックしておくようにすると良いでしょう。

そのまま食べてもアレンジしても美味しい料理が目標です。

また冷蔵保存は保存期間が短いので、食べきれない量の食材の場合はあらかじめ冷凍保存を考慮しておかず作りを行うようにしたいものです。

冷凍保存で長期保存が可能になりますし、食材を飽きずに最後まで食べ切ることができます。

どんなに調理方を変えても、同じ食材が続くとどうしても飽きてしまいます。

これを防ぐために、少し間をおいて冷凍ストックしておいた食材を使うことで、飽きずに最後まで食べることができます。

微妙に少しずつ残ったおかずも、まとめてカレーの具材や煮物、スープなどに入れることで、無駄なく食材を使い切ることができます。

目標をたてて、日々の食事からの節約。

節約するという事において、ある一つの事をするというのでは、なかなか難しいものがあります。

いろんな方法で、やっていく中で節約した結果が出るというのを実感します。

節約する上で、なんのために節約するのか又は、貯蓄するのか目標がはっきりしていると、さらに頑張れるというのが事実のようです。

私は子どもの学資と旅行の為の二つの目標で、節約および貯蓄をしているのですが、やはり夢を描けるものがあると我慢もできるようです。

一番大切なのは、出かけない事。

買い物も我慢して、出来るなら一週間に一度にするといいと思います。

安い物を買いにいくのはいいのですが、いらない物まで買ってしまいます。

それで私の場合、安売りの日などに一週間の食材を考えて行くのですが、メモ以外は買わないように努力しています。

たまに5日くらいでメインのものがなくなったりします。

その場合は、メインのもの、つまり肉や魚などをわざわざ買いに行くということはしないで、次に買い物を予定している日まで我慢をするのです。

家族全体で、野菜だけで過ごすなど、辛抱してもらっています。

私の知り合いで今はビルをいくつも持っている方がいるのですが、数十年前はご飯と梅干で暮らしたといっていました。

当時でもそんな人はいないでしょうが、やはり食べ物にかけるお金を減らすのが、節約の一歩のようです。

たまには外食もいいですが、ほんとうに、たまにしないとやはりお金がたまらないようです。

値下げ商品での節約と、個人年金での貯蓄

節約については、我が家は値下げ商品に大変助けられています。
最寄り駅構内に八百屋さんがあるのですが、夜になると見切り品ということで大変安い野菜が出回ります。例えば、人参4本入りで50円などです。
品質も値下げされていないものと比べてもそれほど劣化しておらず、十分美味しくいただけます。仕事帰りにチェックして帰るのが日課です。
仕事帰りの時間になると、スーパーではお肉が値引きされます。半額になっているものをまとめて沢山買っておき、冷凍庫に詰めています。1か月や2か月ぐらい経ってから解凍しても、美味しく安全にいただくことができます。

貯蓄については、個人年金を積み立てています。
今私は20代ですが、老後に年金がきちんと支払われる保証はありません。頼れるのは自分だけだと思っています。
毎月1万円、生命保険会社に個人年金積立として支払っています。60歳になった時から、割り増しで毎月還付される仕組みです。1年間で12万円の出費は、少々痛い金額ではありますが、働けない年齢になった時に増えて戻って来るのですから安心です。
子供が生まれたら家計の収支にも変化が出ると思いますので、様子を見てもし貯蓄にまわす余裕があれば、もっと金融商品の情報を収集して、良いものを活用し、賢く貯蓄したいと思っています。”