ちりもつもれば山となる式節約術

目先の1円や10円も、それを何度も使えば結果的に100円や1,000円と言った金額になります。例えばクーポンで20円引きとなればそれを10回行えば200円も違ってくる計算となり、コーヒーを一杯150円で販売しているお店が130円のクーポンで20円もお得となればそれぞれ8回目には一杯無料でサービスを受ける事が出来ます。こうした計算を行う上で節約する形となれば、例えばエコバックを提示すると一回の買物で3円値引を受ける計算が出来ます。

これも毎日行うと30日で90円となり、結構な金額になっていきます。一回の取引はたいしたことが無くてもそれが続けばそのうち大きな金額に増えていくちりも積もれば式な節約は当然やって損はありません。買物をする人の知恵としても、今後消費税が上がればテイクアウトは8%のままであり中で食べると10%と言った仕組みになるそうです。同じ食事であってもこうなるとイートインを選ばない人が増えていくかも知れません。出来るだけ消費者は安い方向に逃げる傾向があり、そこを踏まえて考えてもやはり節約につながって行きます。まずは細かい事かも知れませんが、毎日行っている消費に関しての見直しも重要です。

どうしてもお金がない時にどうにかする節約術

節約というと食費など何かを切り詰めるやり方が一般的ですが、どんなに努力しても削れる部分は限界があります。経費削減もやりつくし、それでもどうしてもお金がない時は、無料もしくはローコストでモノを生み出す節約術にも目を向けるべきです。

そんな、どうしてもお金がない時にどうにかする節約術とは、年会費無料のカードを作って入会特典ポイントを貰う方法です。

例を挙げると楽天やヤフーなどです。キャンペーンの状況にもよりますが、最初に5000p程も貰えることがあるのでこれを利用します。ポイントは現金と同価値のものとして利用可能で、楽天やヤフーのカードはショッピングサイトと連携しているので貰ったポイントがすぐに使えて便利です。

どうしてもお金がない時にカードを作り、貰ったポイントでお米など保存のきく食料品を買う。そうすることで日々の食費を抑えることが出来ます。

そしてカード入会後一定期間内にある程度の額を購入したことにより、さらに数百?数千ポイントをプレゼントされることがあります。付与されたポイントを元手に次回購入すれば、またかなり金額を安く抑えることが出来ますね。

入会特典なのでそれぞれの会社で一度きりしか使えないやり方ではありますが、結果的に5000?1万円近く貰えることになるのでとてもお得です。まだカードを持っていない方はぜひ試してみて下さい。