どんなに疲れていても自炊

一人暮らしの節約についての体験をご紹介します。一人暮らしだと、自分の好きな様にお金を使い、貯金ができますが、仕事の疲れで、どうしても自炊が面倒臭くなってしまい、安いお店で買ったり、飲食店で食事を済ませたりする事が多くなります。しかし、一回に使う金額は安くても、それを30日間分計算すると、思った以上に良い金額になってしまいます。しかし、毎日自炊をすれば、かなりの金額を節約する事ができます。仕事で疲れていますが、私はただ自炊するだけで無く、やり方を工夫してみました。

まず、夜遅くに帰って来たら、夜ご飯を作りますが、その時に、多めに作ります。そして、夜ご飯を食べる前に、お弁当に詰め込み、冷蔵庫に入れておきます。一人前も二人前も、料理の時間はほとんど変わらないので、お昼ご飯を作る時間を節約できます。そして、朝はパンなどの簡単な食事で済ませ、足りなかったらバナナやチーズなどのすぐに食べられる物を食べます。疲れていても、夜に一日多めに料理をするだけで、時間もお金も節約できます。朝は、冷蔵庫からお弁当を取り、そのまま職場で電子レンジがあれば、温めて食べる事ができます。もちろん、本当に疲れている時は、外食をしても良いですが、毎日自炊を心がけて生活している時と、外食に頼っていた時では、一万円近く節約できました。

同じものを食べたり自炊をきちんとやるだけで違います

やはり節約といえば食費をいかに減らすかということなのですが、個人的にやるとしたら同じものを食べたりすることをおすすめしたいです。まぁ、味変とかさせてカレーとか肉じゃがとかを多めに作ってそれを食べ続けるだけですが、地味に食費を減らすことができる効果的な方法です。

カレーなどであれば、カレーうどんやパスタにかけるとった麺類への応用もききますし、チーズやたまごを入れるといったことで簡単に味を変えることができるのであきることなく食べられるのでおすすめです。

さらに、自炊といっても無理をすることはなくて、ごはんをまとめて炊いてみたりぐらいのことで全然対応可能です。ごはんがあるというだけで無理にお金を使わずに済みます。あとはおかずをちょっと買い足していけば、一人暮らしでそんなに現金を使うこともありません。ごはんが面倒ならば冷凍麺などの常備だけでもかなり違います。冷凍麺ならば、冷凍食品は安い時に一気にまとめ買いすることもできますし、レンジで温めるだけで食べられるので時間もかからずにお腹を満たすことができます。個人的にとにかく食費は削れるところが明確なので、無理のない範囲で前倒しにいろんなことをやっておくと無駄なお金を使わずに済みます。