銀行ローンはカードローンと異なる

銀行で扱っている金融商品には、住宅ローンを始めとして、自動車ローンやカードローンといった様々な種類があります。中でも銀行ローンとして知られる目的ローンやフリーローンとカードローンは、大きな違いがあることを知っておくと良いでしょう。

カードローンは、審査時に利用限度額を設定して、何度でも借入れと返済を自由に繰り返せる特徴がありますが、自由度が高い分だけ金利も高く設定されています。一方、銀行ローンは利用目的が定まっている目的ローンと資金用途自由のフリーローンがありますが、利用希望額に対して審査を行い、証書貸付という方法で一度に融資を行います。

以後は完済まで元利均等返済を行なうので、完済を行なうまで追加借入れは出来ない仕様となっているわけです。追加借入れを行なうためには、別の融資案件として銀行ローンを組み直す必要がありますが、完済前の銀行ローンがある場合には、審査に通過することは難しいでしょう。

有担保ローンとは異なり、無担保ローンとしての銀行ローンは、低金利で融資が受けられる分だけ計画的に返済を行える人に限定して貸付が行われています。後から追加借入れを必要とせずに、低金利融資を受けたいならば、銀行ローンが適しているわけです。