我が家の節約法

我が家は4人家族で社宅で暮らしています。子どもは幼稚園生と、すでに食べ盛りの1歳半。まず最近気になるのが食費です。以前3人で月3万だったのがプラスあかちゃんでも4万あってもたりるかどうかわからなくなってきました。

そこで家計を見直すことに。食費は削りたくないです。健康に育ってほしいし、できればもう少しお金かけたいところ。ほかを削るとしたらやはり私たち夫婦。もともとタバコ、酒をほとんどやめていましたのでそこは痛い点ではないのですが、小遣いを減らしました。

むしろ、私は今月からゼロです。もともと5000円でたらしていましたが、0円というのは自由がないのでかなり、痛いです。ですが、安いからこの服買っちゃおう。がなくなり、衝動買いが減ったのでよかったのかも知れません。

そして何か大きい買い物をするときは必ず、Amazonで情報収集をし、どこよりも安く手に入る方法を模索します。そのほかに私がやっていることは収入源を考えてみることにしました。もともと専業主婦の私。手に職があるわけではないので、なにかすることをあきらめていました。

でも最近はフリマアプリやアンケートサイト、クラウドワークスでちょこちょこ本当に微々たる物ですが、かせいでいます。それをこっそりお小遣いにしようかともくろんでいます。そして最近は季節の変わり目、衣替えをするときに断捨離を行い、どんな古着でも引き取ってくれる古着屋さんに持ち込みます。

いらないものはちょっとでもお金にする。これが最近の我が家の節約方です。微々たる物ですがチリツモが半端なくなるぐらいになります。我が家はこれで毎年沖縄旅行に行かせてもらっています。

やっぱり一番節約出来るのはは食費ですよね。

我が家は夫の仕事の関係で月々の手取り収入にとても差があるのです。

そのため、多く貰えた月のお給料をベースに生活すると大変なことになってしまいます。

しかし、子供の習い事を減らすことも出来ませんし、サイズアウトした服をいつまでも着せるわけにはいきません。

そして、もちろん私も高級なものでなくても良いけれど流行の洋服が着たい。

というわけで、生活にストレスを感じずにどこを節約できるかを考えたところ食費ではないかと気づいたのです。

成長期の子供たちを育てているので、毎日もやしや豆腐で過ごすという意味ではありません。

食費といっても外食費のことです。

我が家では週末に出かけた場合、朝に家を出るとお昼ご飯にかかってしまって、ついお昼は外食をすることが多かったのです。

しかし、例えファーストフードと言っても小学生二人を含む四人家族がお昼ご飯を食べれば一食で二千円から三千年になってしまうんですよね。

家の近所の激安スーパーでは、三千円あればカゴいっぱいの商品を買うことが出来るんですよね。

そこで、どんなに忙しくても行き先がどこでも必ず朝おにぎりを握ってから出かけるようにしました。

すると、特に行き先が公園や動物園などの場合は子供たちは大喜びですし、お金もかかりません。

科学館や博物館など一見インドアな施設もお弁当の持ち込みがOKのところが多く、休憩所も充実していることにも気づくことが出来ました。

我が家はこの方法で月々一万円以上は節約することに成功したので、オススメです。

食費を節約するには冷蔵庫をいっぱいにしないこと

食費を節約するには、冷蔵庫をいっぱいにせず、常に何が入っているか把握していることだと思います。

以前は万が一のためにと常に多めに冷蔵庫に食品を常備していましたが、突然予定が入って家で食事をしなかったり、気が付くと複数の食品の賞味期限がいっぺんに切れてしまうタイミングだったりして、結局は食品を持て余し気味にしてしまいます。

食品を捨てることはしなかったですが、あれもこれも明日で賞味期限が切れるからと食べきるためにおかずが多くなったりして、家計にも響くし、食べ過ぎで体にもよくないことに気が付きました。

そこで、冷蔵庫は常に見通しよくし、買い物の回数も減らし、残っている食材や、調味料を使って何か作れないか検索し、無駄が出ないように気を付けています。

少し冷蔵庫に食品が多くなってきたな、と思うと「〇日間は絶対に買い物に行かない」と決めて、冷蔵庫、冷凍庫、食品庫を隅々まで食材を探して何かを作ります。

あるものだけで作ろうとすると、今まで気づかなかった組み合わせで意外とおいしいものができたりして、楽しくもあります。

ほとんどの食材をを消費できた時は達成感もあり、ゲーム感覚で楽しく節約しています。

家族3人、食費代月25000円の節約術。

私は貧乏暮らしをしていて、節約を余儀なくされています。主人とまだ0歳の子供と3人暮らしをしていますが、いろいろな事情で私には貯蓄があまりありません。そして、専業主婦をしているので今は働いておらず、主人だけの給料で生活しているので正直余裕は無く、毎月ギリギリの生活です。

基本的なことですが、洗い物は短時間で終えることや、電気もつけっぱにせず使わなければすぐ消すなどはもちろんしていますが、一番気をつけているのは食費です。1ヶ月3人で23000円でやりくりしています。3000円はお米代なので、20000円で食品や調味料などを買っています。

初めは、2日に1回はスーパーに行き、その日の目玉商品や広告の品などといった安いものを買いに行き、買いだめをせずにしていましたが、3カ月ほどやってみた結果あまり節約にはならなかったのです。それからやっているのが、買い物はこまめに行かず週に一度だけのまとめ買いをするようにしました。

週に1回の買い物だと、計4回。1回の買い物が約5000円。買い物に行くときはお財布にも5000円のみを入れて行き、無駄な買い物はしないようにしたところ20000円内で食費がおさまるようになりました。

食費を効率よく節約することで家計が助かる

節約で一番大事なことは、主婦にとっては、やはり毎日の食事代と電気、ガス、水道などの料金の節約になります。共働きで働いていたころは、やはり、時間が一番必要となったので、なかなか取り組むことは、出来ませんでしたが、現在は、主婦業なので、時間だけは、タップリとありますので、まず、食費についての節約を運動を兼ねて行っています。

 スーパーマーケットでは、肉の値段の値下げや総菜の値下げ、パンなどの値下げの時間が以外と店によって、決まっていますので、まず、その時間をねらって買い物をしております。特に肉などは、50パーセント値下げということも結構ありますので、やはり、半額になるのは、大きいです。もちろん、賞味期限は、後1日ぐらいなのですが、その日につかったり、次の日につかうのならば、問題ありません。それも午後の4時ぐらいに決まって値下げをするスーパーマーケットが近所にあるので、その時間で買い物を行いますと、夕食には丁度良い時間となります。魚は少し時間がづれますので買い物を行う日にちをづらします。もちろん時間があるので出来ることなのですが・・・。

 その他にも決まった日にちでお米の値引きや、日用品の値引きを行う店もあります。もう一つは冷蔵庫の品物の把握です。これは、レシートを冷蔵庫のトビラに磁石で止めておくことによってかなり効率的に出来ます。そばにボールペン1本必要ですが。

 毎日の食費について見直すことはかなりの節約となります。

食費を削って、貯えをしています

私は独り暮しをしているのですが、低減をして移動を考えています。そして、その中でも食費の低減が一番簡単で一番削れるので1円でも手広く安く生活できるとガンガン楽しくなっていきます。ちなみに、常にスーパーのチラシなどを見ながら1円でも安っぽいおショップを探しています。

物によっては100円ショップなどのほうが安っぽい場合もあるので私の場合はやりくり簿をつけて銘柄と物のコスト、いつのスーパーで買ったかまで目録化して卵を貰うおショップ、おアメリカを貰うおショップ、野菜を貰う会社などを各回整理して買っています。そして、私はたえずメインは最寄りのスーパーではなくて食堂の働き手などが並べる業務用のスーパーに行って食べ物を大量購入しては蓄積をしています。パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的に私は仕込みして全額冷凍していました。そのほうが、長く物を使えるし、各週一時払い大量習得をして、これをゼロ週で尽きるという風に考えて生活しています。

おかげで食費が独り暮しですが、食費は1か月5000円ですむようになりました。それまでは、コンビニエンスストアのお弁当やら、お副食を買ってばかりで外食もいれれば1か月みずから4万円以上かかっていました。なので、1か月3万円以上低減になりました。ほかにも、低減はしていますが、むしろ一番食費が削れて逆に暮らしを考えるようになったので、健康にも良くなりました。