家族3人、食費代月25000円の節約術。

私は貧乏暮らしをしていて、節約を余儀なくされています。主人とまだ0歳の子供と3人暮らしをしていますが、いろいろな事情で私には貯蓄があまりありません。そして、専業主婦をしているので今は働いておらず、主人だけの給料で生活しているので正直余裕は無く、毎月ギリギリの生活です。

基本的なことですが、洗い物は短時間で終えることや、電気もつけっぱにせず使わなければすぐ消すなどはもちろんしていますが、一番気をつけているのは食費です。1ヶ月3人で23000円でやりくりしています。3000円はお米代なので、20000円で食品や調味料などを買っています。

初めは、2日に1回はスーパーに行き、その日の目玉商品や広告の品などといった安いものを買いに行き、買いだめをせずにしていましたが、3カ月ほどやってみた結果あまり節約にはならなかったのです。それからやっているのが、買い物はこまめに行かず週に一度だけのまとめ買いをするようにしました。

週に1回の買い物だと、計4回。1回の買い物が約5000円。買い物に行くときはお財布にも5000円のみを入れて行き、無駄な買い物はしないようにしたところ20000円内で食費がおさまるようになりました。

食費を効率よく節約することで家計が助かる

節約で一番大事なことは、主婦にとっては、やはり毎日の食事代と電気、ガス、水道などの料金の節約になります。共働きで働いていたころは、やはり、時間が一番必要となったので、なかなか取り組むことは、出来ませんでしたが、現在は、主婦業なので、時間だけは、タップリとありますので、まず、食費についての節約を運動を兼ねて行っています。

 スーパーマーケットでは、肉の値段の値下げや総菜の値下げ、パンなどの値下げの時間が以外と店によって、決まっていますので、まず、その時間をねらって買い物をしております。特に肉などは、50パーセント値下げということも結構ありますので、やはり、半額になるのは、大きいです。もちろん、賞味期限は、後1日ぐらいなのですが、その日につかったり、次の日につかうのならば、問題ありません。それも午後の4時ぐらいに決まって値下げをするスーパーマーケットが近所にあるので、その時間で買い物を行いますと、夕食には丁度良い時間となります。魚は少し時間がづれますので買い物を行う日にちをづらします。もちろん時間があるので出来ることなのですが・・・。

 その他にも決まった日にちでお米の値引きや、日用品の値引きを行う店もあります。もう一つは冷蔵庫の品物の把握です。これは、レシートを冷蔵庫のトビラに磁石で止めておくことによってかなり効率的に出来ます。そばにボールペン1本必要ですが。

 毎日の食費について見直すことはかなりの節約となります。

食費を削って、貯えをしています

私は独り暮しをしているのですが、低減をして移動を考えています。そして、その中でも食費の低減が一番簡単で一番削れるので1円でも手広く安く生活できるとガンガン楽しくなっていきます。ちなみに、常にスーパーのチラシなどを見ながら1円でも安っぽいおショップを探しています。

物によっては100円ショップなどのほうが安っぽい場合もあるので私の場合はやりくり簿をつけて銘柄と物のコスト、いつのスーパーで買ったかまで目録化して卵を貰うおショップ、おアメリカを貰うおショップ、野菜を貰う会社などを各回整理して買っています。そして、私はたえずメインは最寄りのスーパーではなくて食堂の働き手などが並べる業務用のスーパーに行って食べ物を大量購入しては蓄積をしています。パンや野菜は冷凍できるし、野菜も比較的に私は仕込みして全額冷凍していました。そのほうが、長く物を使えるし、各週一時払い大量習得をして、これをゼロ週で尽きるという風に考えて生活しています。

おかげで食費が独り暮しですが、食費は1か月5000円ですむようになりました。それまでは、コンビニエンスストアのお弁当やら、お副食を買ってばかりで外食もいれれば1か月みずから4万円以上かかっていました。なので、1か月3万円以上低減になりました。ほかにも、低減はしていますが、むしろ一番食費が削れて逆に暮らしを考えるようになったので、健康にも良くなりました。